ICT資産をセキュリティ管理と資産管理の両面から一元管理FUJITSU Software Systemwalker Desktop Patrol
機能 - インベントリ情報管理 -

Systemwalker Desktop Patrolは、ICT資産の自動検知による「ICT資産管理」と最新のセキュリティパッチの自動適用による「セキュリティ管理」を、多言語(日本語/英語)環境下でも一元管理で実現します。

インベントリ情報管理

各クライアントからのインベントリ情報(ハードウェア、ソフトウェア情報)を収集するインベントリ収集機能は企業における様々なニーズに対応できるよう多くのバリエーションを備えています。

自動インベントリ収集(パソコン)

クライアント(CT)をクライアントにインストールすることにより、自動的に最新のインベントリ情報を収集し、ICT資産構成情報のデータベースを構築できます。

インベントリ収集負荷の軽減

収集に際して対象のクライアント等に負荷をかけない仕組み(収集時刻指定など)を提供しています。

非常駐インベントリ収集処理

フロッピーディスクなどの外部媒体、または、共有ファイルに収められたメール送信機能付インベントリ収集ソフトウェアを必要に応じて起動することで、インベントリ情報を自動的に電子メールの添付ファイルとして管理サーバー(CS)に送ることができます。インベントリ収集ソフトウェアがクライアントに常駐することを避けたい場合には、有効な機能です。

ネットワークに接続していない機器のインベントリ収集

ネットワークから切り離されたクライアントのインベントリ収集をフロッピーディスクなどの外部媒体を介して行うことができます。

インベントリ取込みユーザー情報の定義

クライアントの環境設定画面からパソコン利用者が画面入力したユーザー固有情報をインベントリ情報として取り込むことができます。検索機能と組み合わせると、容易にクライアントの分類ができます。

UNIXサーバーのインベントリ収集(Systemwalker Centric Managerとの連携によるUNIXサーバーの資産管理)

収集されたインベントリ情報はWeb GUIで確認できます。

Windows BitLockerとの連携

Windows BitLockerの情報を収集することで、パソコンのディスクが暗号化されているかを把握できます。暗号を解除するためのキーを紛失した場合に、回復パスワードをパソコン利用者に提示できます。これにより、OS起動、ディスクの暗号解除などの復旧作業が行えます。

シンクライアントPCの管理

シンクライアントPCからインベントリ情報を収集できます。また、ファイル配信を利用して、管理者が登録したファイルをシンクライアントPCに配信することができます。

Systemwalker Desktop Patrol に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
お問い合わせ専用ウェブフォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サービス&サポート情報
ソフトウェアを安心してご利用いただくために、保守・運用支援サービスをご用意しています。
システムの企画から運用・保守までを強力に支援する各種サービスをご用意しています。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ