パソコンからの情報漏えい防止、内部不正の未然防止FUJITSU Software Systemwalker Desktop Keeper
機能 - 記録機能 -

Systemwalker Desktop Keeperは、リスクとなり得るエンドポイント操作の「記録」「禁止」「分析」により、情報漏えい・内部不正リスクを未然に防止する、エンドポイント向けのセキュリティ対策を実現します。

記録機能

クライアント操作の記録

クライアントの各種操作を記録することで、漏えい操作の発見、追跡、特定を実現します。記録するログを選択でき、収集したログはサーバー側で保存されます。また、ドライブ種別を指定したログの検索ができるので、すべての操作ログを表示対象とするのではなく、必要なログだけ検索表示できます。さらに、Windowsをセーフモードで起動した場合でもアプリケーション起動ログを採取します。

アプリケーションの起動 / 終了

クライアント(CT)でウィンドウを持つアプリケーションを起動/終了したときのログです。ウィンドウを持たないアプリケーションの場合は、採取できません。画面を表示しない(不可視ウィンドウを保有している)アプリケーションは採取されます。

メール送信

クライアント(CT)でメールを送信したときのログ(注1)です。

メール受信

クライアント(CT)でメールを受信したときのログ(注2)です。

コマンドプロンプト操作

クライアント(CT)のコマンドプロンプトでコマンドを実行したときのログです。

印刷

プリンターへ印刷した情報を記録します。

ログオン / ログオフ / パソコン起動 / パソコン終了 / パソコン休止 / パソコン復帰

クライアントに対する以下の該当操作のログを記録します。Windowsをセーフモードで起動した場合も該当操作のログを記録します。

  • ログオン / ログオフ
  • パソコン起動 / 終了 / 休止 / 復帰

ファイル / フォルダー操作

ファイル操作(参照、作成、更新、削除、複写、移動、変名)を記録します。これにより、漏えい操作の追跡、特定を実現します。Windowsをセーフモードで起動した場合もログを記録します。

ウィンドウタイトル

クライアント(CT)でウィンドウを持つアプリケーションを起動した場合、ウィンドウが表示されたときのログを記録します。

PrintScreenキー操作

PrintScreenキーを操作したログが採取(注3)できます。また、操作時の画面キャプチャーを採取することもできます。

環境変更

クライアント(CT)でIPアドレスが変更された場合、緊急対処が実施されたときのログです。

  • 注1
    メール送信ログは、メールの送信にSMTPプロトコルを使用するメールソフトウェアおよびMicrosoft® Outlook® 2013、Microsoft® Outlook® 2016が対象です。Webメールは、Gmail、Outlook.com、Outlook for Microsoft 365を監視します。
  • 注2
    メール受信ログは、Microsoft® Outlook® がインストールされているクライアント(CT)が対象です。
  • 注3
    PrintScreenキーにより、画面のハードコピーを採取するソフトウェアがインストールされている場合、PrintScreenキー操作ログを取得できない場合があります。

デバイス構成変更の記録

運用中のパソコンにおける機器構成の変化を検知し、記録します。USBメモリーデバイスなどの記録媒体の「追加」、「変更」の記録に加え、以下の詳細情報を記録(注4)します。

  • ボリューム
  • デバイス名
  • 内部シリアル番号
  • サーバー名・共有名
  • 注4
    OSでUACが有効な場合、一般ユーザーが管理者に昇格してネットワークドライブに接続したときのデバイス構成変更ログは採取されません。

画面キャプチャー

画面に表示されたウィンドウのタイトルに、指定したアプリケーション名やキーワードが含まれる場合、画面のスナップショットを記録します。ログビューアーより採取した画面イメージを表示できます。

ファイル持ち出しの記録(原本保管)

外部記録媒体へファイルの持ち出しを許可する場合、持ち出しユーティリティーで強制的に暗号化します。持ち出しの際にはログが記録されます。さらに、ファイル原本をサーバーに保管します。ファイル原本のサイズが大きい場合は、ファイル原本を分割してサーバーに保管します。

Citrix XenAppクライアント(仮想端末)上での操作の記録

Citrix XenAppクライアント(仮想端末)上での以下の操作について、ログを記録し、監査できるようになります。画面に表示されたウィンドウのタイトルに、指定したアプリケーション名やキーワードが含まれる場合、画面のスナップショットを記録します。ログビューアーより採取した画面イメージを表示できます。

  • コマンドプロンプト操作のログ
  • 印刷操作のログ
  • ファイル操作のログ
  • ログオン / ログオフのログ
  • アプリケーション起動やアプリケーション終了のログ
  • ウィンドウタイトル取得のログ
  • PrintScreenキー操作のログ
  • FTP操作のログ
  • ウェブ操作のログ
  • クリップボード操作のログ

ウェブサーバーからのファイルアップロード、ダウンロード記録

ウェブサーバーからのアップロード、ダウンロードを許可するサーバーを設定して、許可のないウェブサーバーからのファイルアップロード、ダウンロードを記録します。

対象となるブラウザ、Webサービスの適用範囲は以下のとおりです。

FTPサーバーへの操作記録

FTPサーバーからのアップロード、またはダウンロードを許可するサーバーを設定して、FTPサーバーへの操作を記録します。

仮想PCとパソコン間のクリップボード操作ログ

仮想PCとパソコン間でクリップボード操作を行うとログを取得します。

仮想環境への接続・切断ログ

仮想環境への接続・切断ログ採取できます。

クリップボード操作ログ

仮想PCからパソコンまたは、パソコンから仮想PCへクリップボードを経由していた場合、操作ログを取得します。

Systemwalker Desktop Keeper に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
お問い合わせ専用ウェブフォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サービス&サポート情報
ソフトウェアを安心してご利用いただくために、保守・運用支援サービスをご用意しています。
システムの企画から運用・保守までを強力に支援する各種サービスをご用意しています。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ