ICTシステム監視の運用はクラウド化に素早く柔軟に対応できますか?

日々のビジネスに欠かせないICTインフラを、いかに安心かつ安全、効率的に運用するかは、今後のビジネスの成長を左右します。DXやクラウド導入により、ICTインフラが変化する今、運用を見直すチャンスです。

「2025年の崖」を乗り越えるため、あらゆる企業がDX(Digital Transformation)に取り組んでいます。そのカギを握るのがクラウドサービスの活用です。目的の多くは運用コストの削減や業務効率化ですが、ECやCtoCビジネスなどの流通小売業では、エンドユーザー向けサービス対応を拡充するためクラウド導入が加速。製造業ではIoTやAI活用など、スマートファクトリー化が進んでいます。このようなビジネスの変化に合わせ、ICTインフラのクラウド化の波は基幹システムにも波及しています。監視運用も対象がサーバーからサービスへ変化しており、運用の現場はその変化に追随することを求められています。
皆さんが導入されている今の運用監視ツールで、ICTインフラの変化に追随できていますか?もしくは変化に対応するため、新たに運用監視ツールを導入したものの、負担が増えてしまった。そんな状況に陥っていませんか?

オンプレミスとクラウドのハイブリッド環境でこんな「困った」ありませんか?

オンプレミスとクラウドのハイブリッド環境で「複雑な構成、コスト、時間と手間、切り分け、効率、トラブル対応」で困ったことはありませんか?

ハイブリッド環境でも苦労せず使える運用ツールを選択することが重要です!

オンプレミスからクラウドまで、運用監視をワンストップ

動画での説明はこちら

「Systemwalker Centric Manager」を導入すれば、クラウド監視サービスと連携できるので、IaaS / PaaS / オンプレミスの一元監視が可能です。拡張・変化するシステム環境に柔軟かつ統合的に対応できる運用監視の実現により、運用担当者は苦労することなく、システムの安定稼働に注力できます。

Systemwalker Centric Managerならオンプレミスからクラウドまで、運用監視をワンストップで実現できます。

導入の効果

「Systemwalker Centric Manager」を導入すれば、導入・設計から運用までをトータルに監視できるため、次のような効果が期待できます。

開発・保守コストDOWN

  • 監視に必要な機能を標準で提供しているため、シンプルな構成を組め、設計も簡単です
  • クラウドが提供する監視サービスとの連携機能を標準でサポートしているため、開発・保守コストを低減できます
  • クラウドの仕様変更にも製品が追随するため、利用者側で運用を変える手間や対応するための時間が不要になります

運用効率UP

  • GUIで監視メッセージのフィルタリングを簡単に設定できます
  • オンプレミスとクラウドを一つの画面で監視。OSSや他社ツールも統合管理できるので、効率的な運用が可能になります
  • 富士通ではワンストップサポートを用意。ご契約いただくことで、OSやクラウドインフラのトラブルを迅速に復旧・解決します

Systemwalker Centric Managerで導入・設計から運用までのライフサイクルをトータルに監視できます。

「Systemwalker Centric Manager」で複雑化するICTシステム環境の運用監視の「らくらく・安心・高品質!」を手に入れませんか?

動画でもっと詳しく

Systemwalker Centric Manager に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Systemwalker Centric Manager Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ