システム運用のライフサイクル管理FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager
機能 - アクセス制御とログ管理でセキュリティを強化 -

Systemwalker Centric Managerはクラウドや仮想化・サーバー統合によって複雑化するシステムの状況や障害発生を一元管理することで、システムの安定稼働と運用コスト削減を実現します。また運用管理サーバはクラスタ運用の監視に加え、二重化運用(最大四重化構成)による24時間365日の継続監視もサポートし、サーバーダウンや災害に強い運用管理システムを構築することができます。

セキュリティ

セキュリティ

サーバーアクセス制御(Windows向け製品のみ)

サーバー上の作業(ログインやファイル操作)を監査ログへ記録します。また、アクセス制御機能により、サーバーの不正使用や情報漏えいなどを未然に防ぎます。

運用管理者のアクセス制御

管理者の資格に応じて、Systemwalkerコンソールから操作できるサーバーと操作内容を限定することができるため、運用管理作業時の不用意な操作によるオペレーションのミスを軽減できます。また、Systemwalkerコンソールの操作内容を監査ログとして出力し、問題ある操作がなかったかを追跡できます。更に SMARTACCESSに対応する認証デバイスと連携することで、セキュリティ強化を行うことができます。

運用管理者のアクセス制御

監査ログ管理

分散したサーバーのログを収集して、運用管理サーバ上で一元管理できます。セキュリティコンプライアンスの監査証跡に必要なログの収集・保管ができます。暗号化されたバイナリーファイルなど収集し、すべてのファイルが収集対象となります。ETERNUS 4000 アーカイブストレージ / ETERNUS NR 1000F シリーズと連携することで、収集したログの二次媒体への退避と改ざん防止措置を講ずることができます。また、Interstage Navigator Serverと連携し、監査ログの定期的な分析を行うことで、異常の兆候を検出します。特定事象の情報を複数ログから共通情報で洗い出し、原因の追究ができます。

Systemwalker Centric Manager に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
お問い合わせ専用ウェブフォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サービス&サポート情報
ソフトウェアを安心してご利用いただくために、保守・運用支援サービスをご用意しています。
システムの企画から運用・保守までを強力に支援する各種サービスをご用意しています。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ