システム運用のライフサイクル管理FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager
機能

Systemwalker Centric Managerはクラウドや仮想化・サーバ統合によって複雑化するシステムの状況や障害発生を一元管理することで、システムの安定稼働と運用コスト削減を実現します。また運用管理サーバはクラスタ運用の監視に加え、二重化運用(最大四重化構成)による24時間365日の継続監視もサポートし、サーバダウンや災害に強い運用管理システムを構築することができます。

機能説明

フレームワーク(構成管理)

ネットワークの構成情報の管理 / システムの構成情報の管理(インベントリ管理)

収集 / 管理した情報により、ネットワークやシステムの構成が把握でき、障害調査などに利用できます。

  • ネットワークに接続されたシステムやネットワーク機器(ノード)の自動検出
  • インベントリ情報収集(ハードウェア / ソフトウェア構成情報)

コンソール

導入・監視・復旧・評価等の一連の運用管理操作が、統合されたメインコンソールから行うことができます。また、Webコンソールにより出張先からもシステムの状況を監視できます。iモードからの監視やリモートコマンドの発行もできます。

ポリシー配付

監視のための環境設定やシステム稼働要件(ポリシー)を集中管理し、被管理サーバやクライアントに配付・適用します。特定のノード(またはイベント)に対し、ポリシーの簡易設定画面で監視項目と監視対象(ノードまたはフォルダー)を選ぶだけで、基本的な監視がスタートできます。ポリシー運用により、設定ミスの防止や設定作業の効率化を図ります。Systemwalker Centric Managerの複雑なポリシーを簡易に確認するための機能を提供します。また、既に定義したノードの監視ポリシーを別のノードへ GUI から簡単に複写できるため、監視システムの構築を容易に行うことができます。

Systemwalker自身の自己診断

Systemwalker自身のダウンやメッセージ通知の遅延を検出することができます。

システム環境チェックツール

Systemwalker Centric Manager が動作するために必要な動作環境として、正しいかどうかを検証するシステム環境チェックツールを提供します。

Systemwalker製品間のシングルサインオンの実現

Systemwalker認証リポジトリを使用すると、従来はSystemwalker製品ごとに管理していたアカウント情報を、一元管理することができ、Systemwalker製品間でのシングルサインオンを実現できます。ただし、複数のSystemwalker製品を同一サーバに導入して使用する場合には、組み合わせの制限があります。

デプロイメント(導入 / 設定)

資源の配付

サーバ / クライアントで使用するアプリケーションやデータ、ウイルスパターンファイルなどの資源を、運用管理サーバで集中管理し、サーバ / クライアントにオンラインで配付できます。

ソフトウェア修正管理

富士通UpdateSiteと連携し、富士通ミドルウェアの修正適用状況を一括管理します。パッチの適用状況確認から適用パッチを選択し、修正パッチをダウンロードするまでの一連の作業にかかわる手番を削減します。

Systemwalker テンプレート

異常メッセージの監視や常駐プロセスの稼働監視定義を Systemwalker テンプレートとして提供します。監視定義や対処までの監視作業に必要な定義を簡単に設定できます。

モニタリング(監視)

イベント発生状況の監視

Webコンソールによりイベントの発生状況(発生数、期間での発生傾向やシステムグループごとの発生傾向など)を一画面で監視できます。オペレーターは簡単な操作でイベント情報を絞り込み、エラー情報(エラーイベントメッセージ、エラー発生システム)を確認することができます。

システムの監視 / ネットワークの監視(稼働 / 障害 / 性能)

サーバやクライアント、ルータやゲートウェイなどのネットワーク機器を自動検出し、稼働 / 停止などの状態を監視画面に表示したり、状態の変化をイベントとして管理者に通知できます。また、無線LANアクセスポイントの稼働監視もできます。DHCPクライアントも一般クライアント同様一元管理できます。また、ノード情報の変更を監視することができます。(ネットワークへの新規接続、IPアドレスの変更、ノードの削除、未登録ノードの接続)しきい値監視を行うことで、トラブルの予兆を早期に検出できます。さらに、ハードウェア、OS、およびソフトウェアなどが出力するシステムメッセージや、イベントログ、SNMPトラップをリアルタイムに集中監視し、異常発生箇所や内容の特定および対処が迅速に行えます。

アプリケーションの監視(稼働 / 障害 / 性能)

稼働するアプリケーションを自動検出し、稼働状況を監視画面に表示します。また、Interstage Application Serverの業務(ワークユニット)の構成管理、稼働状態、性能も監視できます。

業務の監視

業務を構成するネットワーク、システム、アプリケーションなどをグルーピングし監視できます。異常発生時には、トラブルの影響範囲が瞬時に把握できます。

不要なノードの監視抑止

計画停電やサーバ保守などで一時的に監視する必要がないノードに対し、監視を抑止することができます。運用管理者は、監視不要なメッセージ、無意味なメッセージに惑わされることがなくなります。また、複数のメッセージを集約したり、同一メッセージを抑止したりすることもできます。

管理者への通知

トラブル発生をメールや音声、ポップアップメッセージ、パトライトなどで管理者に通知することができます。また、時間帯を指定して通知手段を変えることもできます。トラブルの通知メールには、エラー内容の他に、発生機器の契約情報、設置場所や機器担当者情報が含まれ、トラブル対応をスムーズに実施できます。

パブリック・クラウド(Amazon EC2, Microsoft Azure)の監視

オンプレミス(Windows / Linux / UNIX)もパブリック・クラウド(Amazon EC2、Microsoft Azure)も一つのコンソールで集中監視することで、ハイブリッド・クラウドの運用管理が煩雑となる弱点を解消し、安定稼働とコスト削減を実現します。Linux / Solarisの運用管理サーバを利用している場合は、Windowsの部門管理サーバからパブリック・クラウド(Amazon EC2、Microsoft Azure)を監視することができます。

プライベート・クラウドのマルチテナント監視

業務管理者は、自テナント(特定の監視ノード、アプリケーションの集まり)の範囲に限定して業務の異常監視、監視定義を行うことができます。また、インフラストラクチャー(ハードウェア、OS、環境)の監視業務は、センター管理者に集約できます。その結果、プライベート・クラウド環境で複数の運用管理サーバを運用している場合、運用管理サーバを1台に集約でき、運用管理サーバ毎に配置しているセンター管理者を削減できるため、監視運用コストを削減できます。また、業務管理者は、自テナントの範囲の異常を直接監視できるので、異常発生時に効率的に対応できます。

リカバリー(復旧)

障害の対処(リモート操作 / リモートコマンド / リモートからの電源投入・切断 / 障害対処の自動化)

監視画面から遠隔地のWindowsサーバ / Windowsクライアントの画面をリモート操作できます。また、リモートでコマンドを発行して操作することができます。

  • リモートからの電源投入・切断
    遠隔地のWindowsサーバ / Windowsクライアントの電源の投入 / 切断を行うことができます。
  • 障害対処の自動化(自動アクション)
    発生したイベントに対して、あらかじめ対処するためのアクション(コマンド、スクリプト、プログラム等)を登録し自動対処できます。

アセスメント(評価)

システムの評価 / ネットワークの評価

Systemwalker Centric Managerで収集 / 蓄積されたトラブルの発生状況や性能情報は、目的にあわせて分析できます。ネットワークやシステムの性能情報をログとして採取して傾向を分析できます。

セキュリティ

サーバアクセス制御(Windows向け製品およびLinux向け製品のみ)

サーバ上の作業(ログインやファイル操作)を監査ログへ記録します。また、アクセス制御機能により、サーバの不正使用や情報漏えいなどを未然に防ぎます。

運用管理者のアクセス制御

管理者の資格に応じて、Systemwalker コンソールから操作できるサーバと操作内容を限定することができるため、運用管理作業時の不用意な操作によるオペミスを軽減できます。また、Systemwalkerコンソールの操作内容を監査ログとして出力し、問題ある操作がなかったかを追跡できます。更に SMARTACCESSに対応する認証デバイスと連携することで、セキュリティ強化を行うことができます。

監査ログ管理

分散したサーバのログを収集して、運用管理サーバ上で一元管理できます。セキュリティコンプライアンスの監査証跡に必要なログの収集・保管ができます。暗号化されたバイナリファイルなど収集し、すべてのファイルが収集対象となります。ETERNUS 4000 アーカイブストレージ / ETERNUS NR 1000F シリーズと連携することで、収集したログの二次媒体への退避と改ざん防止措置を講ずることができます。また、Interstage Navigator Server V9と連携し、監査ログの定期的な分析を行うことで、異常の兆候を検出します。特定事象の情報を複数ログから共通情報で洗い出し、原因の追究ができます。

SDK

インテリジェントサービス

Systemwalkerの機能をお客様の運用方法にあわせカスタマイズするためのスクリプトを提供します。各種のサンプルスクリプトの必要部分を設定するだけで、容易にシステムを拡張することができます。

  • 監視画面に通知するメッセージ内容をオペレーターにとってわかりやすい内容に変換
  • 複数のメッセージを関連付けて通知する

監視情報を出力するAPI、コマンド

AR統合基盤と連携し、スマートデバイスで現場作業を支援するアプリケーションを簡単に作成できます。

Systemwalker導入支援

導入支援

サイレントインストールでSystemwalker Centric Manager自身をサーバやクライアントに導入することができます。監視定義の初期設定やインストール情報を運用管理サーバだけでなく拠点のサーバでもローカルに作成できるため、製品導入に関わる手番を短縮します。SystemcastWizard Professionalと連携して無手順導入と自動初期設定をすることもできます。

高信頼システム構築機能

管理サーバの二重化

2台の運用管理サーバを冗長化して監視することで片側の運用管理サーバがダウンした場合でも、別の運用管理サーバで監視を継続して行うことができます。これにより、24時間365日の継続監視が実現できます。また、各サーバを離れた拠点に設置できますので、災害に強い運用管理システムが構築できます。

クラスタシステムの監視

クラスタシステムで構築した業務サーバを管理することができます。Microsoft Cluster ServiceおよびPRIMECLUSTERで実現する多ノードクラスタサーバ(業務サーバ)も監視できます。また、運用管理サーバのクラスタも行えます。

大規模システム構築機能

全体監視(管理サーバの階層化)

各部門に運用管理サーバを設置し、各部門の運用管理サーバをセンターの全体監視サーバで一元管理することができます。この階層管理により超大規模なシステムも管理できるため、運用管理のアウトソーシングなどにも利用できます。部門側で対処できない問題をセンターで管理したり、昼間は部門で監視して夜間はセンターで監視といった運用が行えます。

機能一覧表

表中記号の意味は以下のとおりです。なお、OSにより利用できる機能が若干異なります。
レ:機能有り、N/A:機能無し

機能 Global Enterprise Edition Enterprise Edition Standard Edition
フレームワーク ネットワーク / システムの構成管理
コンソール
ポリシー配付
Systemwalker 自身の自己診断
システム環境チェックツール
Systemwalker製品間のシングルサインオンの実現
デプロイメント(導入 / 設定) 資源配付
ソフトウェア修正管理
Systemwalker テンプレート
モニタリング(監視) イベント発生状況の監視
システム / ネットワークの監視
アプリケーションの監視
業務の監視
不要なノードの監視抑止
管理者への通知
パブリック・クラウド(Amazon EC2 / Microsoft Azure)の監視
プライベート・クラウドのマルチテナント監視
リカバリー(復旧) 障害の対処(リモート操作 / リモートコマンド / リモートからの電源投入・切断 / 障害対処の自動化)
アセスメント(評価) システム / ネットワークの評価
セキュリティ サーバアクセス制御(注1
運用管理者のアクセス制御(管理コンソールの制御)(注2 N/A
監査ログ管理
SDK インテリジェントサービス
監視情報を出力するAPI、コマンド
Systemwalker導入支援 導入支援
高信頼システム構築機能 管理サーバの二重化 N/A
クラスタシステムの監視(および 管理サーバのクラスタ対応) N/A
大規模システム構築機能 全体監視(管理サーバの階層化) N/A
  • 注1
    対応OSはWindowsおよびLinuxです。
  • 注2
    対応OSはSolarisです。なお、WindowsおよびLinuxでは当機能をサーバアクセス制御で提供します。

製品体系

Systemwalker Centric Manager Global Enterprise Edition グローバルサーバ、SURE SYSTEMのライフサイクルを管理する機能を提供します。
Systemwalker Centric Manager Enterprise Edition 高信頼(クラスタや管理サーバの二重化など)、大規模な環境に対応した機能を提供します。
Systemwalker Centric Manager Standard Edition システムの集中管理を行うための標準機能を提供します。

Systemwalker Centric Manager に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Systemwalker Centric Manager Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ