人に依存しているITサービスの運用管理をAI技術で自動化FUJITSU Software Systemwalker Cloud Business Service Management
機能

機能説明

ITサービス管理

ITサービス管理は、ITサービス管理のベストプラクティス(模範事例)を集めたフレームワークであるITIL ®(Information Technology Infrastructure Library) V3の規格に準拠しており、日常的に行われているITサービス管理運用を迅速に行うことができます。
Systemwalker Cloud Business Service Managementは、ITIL V3規格のサービス運用とサービス移行の以下の範囲をサポートしています。

インシデント管理 利用者からの問い合せや監視ツール(注1)からのイベントなど、日々発生するすべてのインシデントを記録します。インシデントの過去事例を参照することで、迅速にインシデントを解決することができます。
問題管理 システムで発生した問題の根本原因を調査し解決策を記録します。解決策を情報共有し横展開することで、インシデントを未然に防止することができます。
要求実現 利用者からの作業依頼など作業が伴うサービス要求を記録します。頻繁に繰り返し依頼される定型作業をあらかじめ設定しておくことでスムーズに対応することができます。定型作業とは、例えば、ユーザー登録やパスワード再発行などが該当します。
変更管理 システムの変更に必要となる申請から評価、審議、実施、レビュー、完了までの作業を記録します。
ナレッジ管理 インシデント管理、問題管理などで蓄積したノウハウを組織知として管理・共有することができます。

ITサービス管理機能はサポート対応に関連するユーザー(運用者/管理者、利用者)に対して、サポート対応の管理とAI技術を活用した機能(回答候補の自動提示/ナレッジ候補の自動提示/対処候補の自動提示)を提供します。

  • 注1
    既存のSystemwalker製品(イベント監視製品)と連携することで、システムから発生したイベントをインシデントとしてチケット発行できます。

チケット対応状況の画面例

運用分析ダッシュボード

運用分析ダッシュボート機能では、運用者/管理者が利用する運用管理データをダッシュボードでグラフ化します。アノマリ検知技術により、被疑箇所を自動絞込みできます。

インシデント分析ダッシュボードの画面例

トラブル調査ダッシュボードの画面例

回答候補 / タスク別対応候補の分析・整備

回答候補/タスク別対応候補の活用状況を分析し、効率的にナレッジやドキュメントを整備できます。

トラブル調査ダッシュボードの画面例

タスク別対応候補活用状況ダッシュボードの画面例

本製品の機能一覧

本製品で使用できる機能の一覧です。

機能 利用者メリット 説明
ITサービス管理機能 インシデント管理、問題管理、要求実現 使い分けることができるユーザー画面 運用者と利用者で異なる画面を提供
インシデント対応作業の負荷軽減 インシデント発行の使い分け
インシデント対応状況を一目で把握
インシデント対応記録を簡単に入力
インシデント対応記録を一目で確認
インシデントの誤回答を防止
対処候補を自動提示
回答候補を自動提示
インシデントの対応遅れを防止
問い合せ窓口を統合してワンストップで解決 問い合せ窓口を1つの画面で統合
インシデント運用のカスタマイズ
ナレッジ管理 対応記録(ナレッジ)を活用し利用者で自己解決 インシデント対応記録を引用してFAQ作成
ナレッジ候補を自動提示
利用者によるFAQ検索
柔軟なFAQ検索
運用作業をナビゲート タスクナビゲーション(運用作業の流れ(フロー)を表示)
タスクに応じたナレッジ自動提示
変更管理 承認プロセスを沿った確実な作業品質 変更作業の申請・承認
Systemwalker連携 イベント監視製品との連携 Systemwalker Centric Managerとの連携
運用分析ダッシュボード データ収集 複数製品の運用データを統合し一目で把握 簡単に運用データを見える化
キャパシティ管理製品との連携 Systemwalker Service Quality Coordinatorとの連携
分析ダッシュボード すぐに利用できるダッシュボードテンプレート インシデントを自動分類して表示
システムの運用状態を一目で確認
分析用途に応じてカスタマイズ・表示変更 分析用途に応じてダッシュボードをカスタマイズ
データの表示範囲を簡単に絞り込み
回答候補 / タスク別対応候補の分析・整備 効率的にナレッジやドキュメントを整備

製品体系

Systemwalker Cloud Business Service Management 富士通のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」を活用することで、ITサービスの運用を効率化する機能を提供します。

Systemwalker Cloud Business Service Management に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Systemwalker Cloud Business Service Management Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ