人に依存しているITサービスの運用管理をAI技術で自動化FUJITSU Software Systemwalker Cloud Business Service Management
V1 強化ポイント

V1.2.0における強化ポイント

運用作業をナビゲートするタスクナビゲーション

運用作業の流れ(フロー)を表示します。経験の浅い運用者でも、実施するタスクを選択していくだけで、規定の流れに沿って、作業を進めることができます。

タスクに応じたナレッジを自動提示

個々のタスクを進めるのに必要なナレッジを自動提示します。経験の浅い運用者でもナレッジを見つけることができ、それを使い作業を進めることができます。

V1.1.0における強化ポイント

ナレッジ候補の自動提示で容易にナレッジ蓄積

ITサービス管理機能ではクラスタリング技術(補足1)を活用しています。ナレッジ作成やFAQ公開を行う時に、類似している対応記録をまとめ、ナレッジ候補として提示します。そのため、運用者は、よくある問い合せやよくあるトラブルの抽出・分析に時間をかけなくても、ナレッジ候補を選出できます。

  • 補足1
    回答や対処の文章をベクトル化・類似度を計算した結果をもとに、類似した対応記録を自動的にまとめるものを指します。

蓄積したナレッジを活用して対処候補を自動提示

過去に発生したトラブルをもとに対処候補と活用ルール(補足2)を定義しておくことができます。この定義により、同様のトラブルが発生したときにインシデントを自動発行して対処候補を提示します。そのため、運用者が経験したことのないトラブルに遭遇した場合でも、対処候補を参考にして迅速に対応できます。また、対処候補と活用ルールは過去の事例を基にしているため、トラブル防止にも活用できます。

  • 補足2
    蓄積したナレッジをインシデントの回答 / 対処に活用するための条件のことを指します。例えば、キャパシティ管理製品と連携する場合、活用ルールとしてCPU使用率・ディスク容量・メモリ使用量などのしきい値やしきい値比較方法などを定義し、活用ルールと対処候補を関連付けできます。

Systemwalker Cloud Business Service Management に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Systemwalker Cloud Business Service Management Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ