GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software Systemwalker
適用例

適用例1 : 複数の情報システムを統合し、運用作業を継続的に実施する

お客様の課題

  • 複数システムの監視をリアルタイムかつ24時間継続して行いたい
  • マルチプラットフォームに加え、他社運用管理システムの環境を統合して管理したい
  • 業務負荷の増加や、サーバで故障が発生した場合でも問題なく業務を継続したい

導入効果

  • 高信頼な統合管理環境を構築でき、24時間×365日、監視が継続可能
  • 管理対象システムに依存せず、かつマルチベンダー環境にも対応。また、エージェント機能の追加で管理対象として組み込み可能
  • 稼働・性能の状況に応じて、システムのスケーラビリティ・切り替えなどを柔軟に対応

「総合運用管理システム」と「管理対象の情報システム」のイメージ

対応製品

Systemwalker Centric Manager (マルチベンダーを含む統合運用管理、ソフトウェア/ハードウェア情報の管理、異常メッセージや稼働状態の監視)
Systemwalker Service Quality Coordinator (情報システムの性能やリソースの監視・管理)
CA APM 10 / CA Introscope 10 (アプリケーション性能管理)

適用例2 : アプリケーション変更管理プロセスを統制し改善する

お客様の課題

  • アプリケーションの変更作業申請の承認状況や履歴がわからない
  • アプリケーションの変更作業でミスが発生している
  • 稼働中のアプリケーションの構成と関係を把握できていない

導入効果

  • 変更プロセスのワークフロー化と申請項目を規定した伝票を電子化して、承認ルートと申請内容を統制。内部統制の監査対応にも万全
  • アプリケーションの修正適用から結果確認まで自動化。人為的ミスを削減
  • CMDB()でアプリケーションの構成を「見える化」して、一元管理

「アプリケーションの変更管理プロセス」のイメージ

(注) 構成管理データベース。

対応製品

Systemwalker IT Change Manager V14g (運用プロセスを整備するためのワークフロー環境)
Systemwalker IT Service Management (インシデント管理や問題管理のプロセスを実装する基盤)
Systemwalker Centric Manager (情報システムの統合管理)

適用例3 : PCの省電力とセキュリティ対策の徹底でコストを削減

お客様の課題

  • PCの省電力やセキュリティの設定状況がわからない
  • 省電力やセキュリティの設定が個人任せで徹底されない
  • PCの省電力やセキュリティルールの設定統一が困難

導入効果

  • 全社レベルから部署別まで、PCの設定状況の見える化が可能
  • 利用者が自発的にパソコンの省電力やセキュリティの設定内容を改善
  • 管理者によるPCの省電力・セキュリティ設定を一括・強制設定が可能

「見える化」「全体意識向上」「統制」のサイクルイメージ

対応製品

Systemwalker Desktop Patrol (パソコンの資産管理、セキュリティと省電力対策)

適用例4 : プライベートクラウド環境における仮想環境の自動構築とサービス一覧の見える化

お客様の課題

  • 仮想環境の管理作業が人に依存、作業負担やミスが心配
  • 部門ごとの要求に応じたサービス利用時の管理者負担を減らしたい

導入効果

  • 自動化と標準化されたテンプレートを使って仮想環境を効率的に運用
  • 業務内容に応じた各提供サービスの一覧を見える化

「仮想環境の自動構築」と「サービス一覧」の見える化イメージ

対応製品

Systemwalker Software Configuration Manager (仮想サーバへのソフトウェアの配備・設定を自動化)
ServerView Resource Orchestrator Cloud Edition (ダイナミックリソース管理)

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)