GTM-MML4VXJ
Skip to main content

NetCOBOL 技術情報:トラブルシューティング

エラー

Windows x86, .NET

NetCOBOL

Q

MOVE文の送り出し側に組込み関数(例 NUMVAL関数、INTEGER-OF-DATE関数など)を記述すると翻訳エラーになります。

A

組込み関数はその型により記述できる場所が異なります。

関数はそれぞれに型を持っています。その型の違いによって、 プログラム中に記述できる場所も異なります。 このため、たとえばMOVE文の送り出し側に指定できない型の関数を記述すると、 翻訳エラーとなります。
以下に関数の型と記述の関係について説明します。

関数の型 記述上の留意点
整数 整数関数は、算術式中にだけ記述することができます。
算術式以外の場所、たとえばMOVE文の送り出し側に記述することはできません。
INTEGER-OF-DATE
数字 数字関数は、整数関数と同様、算術式中にだけ記述できます。
算術式以外の場所、たとえばMOVE文の送り出し側に記述することはできません。
NUMVAL関数
英数字 英数字関数は、英数字項目を記述できるところに書くことができます。
算術式には記述できません。
UPPER-CASE関数
日本語 日本語関数は、日本語項目を記述できるところに書くことができます。 NATIONAL関数
ポインタデータ ポインタデータ関数は、ポインタデータ項目を記述できるところにだけ書くことができます。 ADDR関数
引数の型により関数の型が決定される場合 このタイプの関数は、引数の型によって、関数の型が決定されます。
最大値を求めるMAX関数の場合
  • 引数の型が英数字の場合は関数の型は英数字となり、算術式には記述できません。
  • 引数の型が数字の場合は関数の型は数字となり、算術式中にしか記述できません。
MAX関数
MIN関数

組込み関数の詳細については、COBOL文法書およびCOBOL使用手引書をご参照ください。