GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. ミドルウェア >
  5. NetCOBOL >
  6. 技術情報 >
  7. プログラム修正一覧 >
  8. Linux (64bit) Jアダプタクラスジェネレータ開発環境

プログラム修正一覧 : Linux (64bit) Jアダプタクラスジェネレータ開発環境

 V11.1.0  V11.0.0 


V11.1.0

ここに記載している情報は、V11.1で修正されている旧版で発生した障害一覧です。

項番 発生V/L P番号 現象
1 V11.0.0 PH11308

以下の条件の時、java2cobコマンドが出力するメッセージが文字化けして正しく表示されません。

  1. LC_MESSAGESにLC_CTYPEと異なるエンコーディングの日本語ロケールを設定している。かつ、

  2. java2cobコマンドを実行した。かつ、

  3. アダプタクラス生成時に日本語のメッセージが出力された場合。

*  :  V/L は障害が存在する範囲を示します。


V11.0.0

ここに記載している情報は、V11.0で修正されている旧版で発生した障害一覧です。

項番 発生V/L P番号 現象
1 V10.1.0~V10.5.0A PH02733 以下のいずれかの場合、Jアダプタのジェネレータコマンド(java2cob)が生成するCOBOLソースのクラス名またはインタフェース名の最後の文字がハイフン(-)となり、COBOLソース翻訳時に次の翻訳エラーが発生する場合があります。

JMN1123I-S 許されない語'-'が現れました.次の認識できる句,段落,節または部まで無効になります.
  • アダプタクラスを生成するJavaのクラス名からパッケージ名を除いた名前の28文字目がピリオド(.)またはドル($)である。
  • アダプタクラスを生成するJavaのインタフェース名からパッケージ名を除いた名前の28文字目がピリオド(.)またはドル($)である。

*  :  V/L は障害が存在する範囲を示します。