GTM-MML4VXJ
Skip to main content

NetCOBOL 技術情報:ノウハウ情報

MeFt(帳票定義体)

Windows x86, .NET

Q

画像ファイルを出力できますか。

A

画面帳票定義体や帳票定義体の組込みメディア項目を利用した帳票出力では、以下の画像ファイルの印刷ができます。

ビットマップデータ
拡張子がBMPのビットマップ形式のデータを出力します。
ビットマップデータを出力するには、画面帳票定義体作成に組込みメディア項目の形式をビジュアルとし、種別をファイル名データとして定義します。
また、帳票定義体作成時では、組込みメディア項目で定義します。

OLEオブジェクト
OLEオブジェクトを出力します。
OLEオブジェクトを出力するには、画面帳票定義体作成時に組込みメディア項目の形式をビジュアルとし、種別をファイル名データとして定義します。
また、帳票定義体作成時では、組込みメディア項目で定義します。

JPEGデータ(V5.0L10以降)
拡張子がJPG、JPEG、JPEまたはJFIFのデジタル静止画面圧縮形式(JPEG形式)のデータを出力します。
JPEGデータを出力するには、画面帳票定義体作成時に組込みメディア項目の形式をビジュアルとし、種別をファイル名データとして定義します。
また、帳票定義体作成時では、組込みメディア項目で定義します。
なお、出力できるJPEGデータは、基本DCT方式(ベースラインJPEG)、拡張DCT方式(プログレッシプJPEG)(V6.1L21以降)およびデジタルカメラで使用されているExif規格のJPEG画像ファイル(V7.2L10以降)であり、以下の処理方式のJPEGデータは出力できません。
  • 可逆方式
  • ハイアラーキカル方式
以下のカラー形式のJPEGデータを出力できます。
  • 8bit(256階調グレースケール)
  • 24bit(RGBフルカラー)
TIFFデータ(V6.1L20以降)
拡張子がTIFまたはTIFFのTIFF形式のイメージデータを出力します。
MeFtが出力するTIFFデータは、ひとつのファイルに1個のイメージデータだけが格納されているものを扱います。
TIFFデータを出力するには、画面帳票定義体作成時に組込みメディア項目の形式をビジュアルとし、種別をファイル名データとして定義します。
また、帳票定義体作成時では、組込みメディア項目で定義します。
なお、出力できるTIFFデータは、以下の圧縮形式です。
  • 非圧縮
  • MH圧縮(ITU-T Group3(1d) Modified Huffman)
  • MR圧縮(ITU-T Group3(1d) Fax)
  • MMR圧縮(ITU-T Group4(2d) Fax)
  • PackBits
  • LZW(V8.0L10以降)
以下のカラー形式のTIFFデータを出力できます。
  • 1bit(2値画像:モノクロ)
  • 4bit(パレットカラー)
  • 8bit(パレットカラー)
  • 24bit(RGBフルカラー)
また、WangのImaging(Windows NT4.0以前のWindowsに添付)で作成したPacked Bits形式のTIFFデータはビット順が逆転して格納されるため、Imagingで正しく表示できても崩れて出力されることがあります。この場合、Imagingで開いて圧縮形式を変更して再格納してください。
PNGデータ(V7.0L10以降)
拡張子がPNGのPNG形式のデータを出力します。
PNGデータを出力するには、画面帳票定義体作成時に組込みメディア項目の形式をビジュアルとし、種別をファイル名データとして定義します。
また、帳票定義体作成時では、組込みメディア項目で定義します。
PNG(Portable Network Graphics)は線順次画像(raster image)のロスレス(可逆)で、通信向けであり、高い圧縮率で広範囲に使えるファイル・フォーマットです。
PNGはGIFに替わる特許権フリーな画像フォーマットを提供し、多く使われているTIFFの置き換えも可能です。
パレット色(Indexed-color)、グレースケール(grayscale)、フルカラー(truecolor)をサポートし、オプションでアルファチャネル(alpha channel、透過度)をサポートしています。
画素サンプリング(sample depths)は1ビット~16ビットです。PNGファイルの処理方式には、以下に示すものがあります。
  • 色数(2色、16色、256色、24bit)
  • 色数(32bit)
  • スタンダードエンコーディング形式
  • プログレッシブエンコーディング形式
  • 拡張機能(透過色指定やガンマ補正など)
以下のカラー形式のPNGデータを出力できます。
  • 1bit(パレットカラー)
  • 4bit(パレットカラー)
  • 8bit(パレットカラー)
  • 24bit(RGBフルカラー)
GIFデータ(V8.0L10以降)
拡張子がGIFのGIF形式のイメージデータを出力します。
GIF( Graphics Interchange Format ) は、コンピュサーブ( CompuServe Incorporated )が 標準の画像方式として使用するために開発したファイル・フォーマットです。 仕様には「GIF87」や「GIF87a」、その完全上位互換である「GIF89a」があります。 画像データはLZW方式の圧縮アルゴリズムによって圧縮されています。
MeFtが出力するGIFデータは、ひとつのファイルに1個のイメージデータだけが 格納されているものを扱います。
GIFデータを出力するには、画面帳票定義体作成時に組込みメディア項目の形式を ビジュアルとし、種別をファイル名データとして定義します。 また、帳票定義体作成時では、組込みメディア項目で定義します。 以下のカラー形式のGIFデータを出力できます。
  • 1bit(パレットカラー)
  • 4bit(パレットカラー)
  • 8bit(パレットカラー)

プログラムからの処理手順を以下に示します。

画面帳票定義体の場合
  1. 項目の表示属性の設定で、組込みメディア項目の項目制御部に出力するメディアファイルの種別を設定します。
  2. 組込みメディア項目のレコードにメディアファイル名を書き込みます。
  3. 自由形式や伝票形式では、出力処理で出力する組込みメディア項目名を指定し出力します。
    自由パーティション形式や集計表パーティション形式では、パーティション出力で出力する組込みメディア項目名を含むパーティション項目群名を指定し出力します。

    組込みメディア項目の出力では、改ページ処理は行われません。そのため、ページの区切りで必要に応じて、改ページ処理を行ってください。
    改ページ処理を行わないと、前ページに組込みメディア項目が印刷され、出力したいページに印刷されない場合があります。
    改ページ処理については、プリンタ装置の制御を参照してください。
    組込みメディア項目は不透過で出力されます。そのため、オーバーレイ、網がけ、罫線と組込みメディア項目が重なっている場合、重なっている部分は出力されません。
帳票定義体の場合
  1. 項目の表示属性の設定で、組込みメディア項目の項目制御部に出力するメディアファイルの種別を設定します。
  2. 組込みメディア項目のレコードにメディアファイル名を書き込みます。
  3. パーティション出力で出力する組込みメディア項目名を含むパーティション項目群名を指定し出力します。

    組込みメディア項目は不透過で出力されます。そのため、オーバーレイ、網がけ、罫線と組込みメディア項目が重なっている場合、重なっている部分は出力されません。