GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software NetCOBOL
ライセンス:Linux (64bit)

Linux (64bit) 開発・運用環境製品および運用環境製品の購入の考え方を以下に示します。

  • メディアパックは、CD-ROM媒体だけの提供です。
    メディアパックには、使用権は添付されていませんので、別途プロセッサライセンスを購入ください。製品の導入にあたり、1本以上のメディアパックが必要です。
  • プロセッサライセンスは、本製品をインストールするサーバに搭載されているプロセッサ数に応じて以下の通りに必要となるライセンスです。
    • シングルコアプロセッサの場合:1プロセッサあたり1本の購入が必要です。
    • マルチコアプロセッサの場合:コアの総数に特定の係数を乗じた数(小数点以下端数切上げ)分のライセンスの購入が必要です。(注)

注) CPU数、コア数などにより、プロセッサライセンスの数え方が異なりますので、必要ライセンス数については営業へご相談ください。
マルチコアプロセッサ搭載サーバにおけるプロセッサライセンスカウント方法 および仮想環境利用時のライセンスカウント方法については、以下を参照してください。

クラスタシステムにおける運用環境製品のライセンス

相互待機形態(Active/Active)で運用する場合は、各サーバに製品を購入する必要があります。ただし、運用待機形態(Active/Passive)で運用する場合、通常運用時に待機ノードと なっているサーバには運用ノードで購入した製品を使用できます。待機系ノード分のプロセッサライセンスの購入は不要です。通常運用時に待機ノードとなっているサーバには、運用ノードで購入したプロセッサライセンスをご利用ください。

Hadoop連携機能を利用する場合のライセンス

Hadoop連携機能を利用する場合、それぞれのスレーブサーバに対してNetCOBOLの運用環境が必要です。 また、Hadoopジョブを実行する以下のサーバ(ジョブクライアント)についてもNetCOBOLの運用環境が必要です。

  • Apache Hadoop利用時
    マスターサーバ
  • Interstage Big Data Parallel Processing Server利用時
    開発実行環境サーバ

上記に加えMapReduceアプリケーションをビルドするサーバには、NetCOBOLの開発・運用環境が必要です。ただし、MapReduceアプリケーションをビルドするサーバと、Hadoopジョブを実行するサーバは共用することもできます。

開発方法

Linux (64bit)環境上で動作するアプリケーションを開発するには、以下の2つの方法があります。

  • Linux (64bit)環境で開発/運用する方法
  • Windows環境を利用して開発し、Linux (64bit)環境で運用する方法

Linux (64bit)環境で開発/運用する方法
Linux (64bit) NetCOBOL 開発・運用パッケージで開発します。
帳票印刷を利用する場合、本製品には帳票設計ツールが含まれていないので、Windows環境で、帳票設計ツール(FORM)を別途購入して開発する必要があります。

Windows環境を利用して分散開発し、Linux (64bit)環境で開発・運用する方法
Linux (64bit)環境上で動作するアプリケーションを、Windows 開発環境で提供している分散開発機能(リモートビルド機能等)を利用して開発することもできます。この場合、Windowsクライアントには、開発するマシンの台数分だけ、Windows 開発環境製品が必要です。また、Linuxサーバには、Linuxサーバに搭載されているプロセッサ数に応じて、Linux (64bit) 開発環境製品のプロセッサライセンスが必要です。

なお、Windows (32bit) NetCOBOLは、V10.1.0以降を使用してください。Windows (64bit) NetCOBOLは、V10.2.0以降を使用してください。


用途に合わせて、以下のいずれかの製品をお選びください。

開発環境 製品名
Windows (32bit)環境
  • NetCOBOL Base Edition 開発パッケージ V10.1.0 以降
  • NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ V10.1.0 以降
  • NetCOBOL Professional Edition 開発パッケージ V10.1.0 以降
  • NetCOBOL Enterprise Edition 開発パッケージ V10.1.0 以降
Windows (64bit)環境
  • NetCOBOL Base Edition 開発パッケージ V10.3.0 以降
  • NetCOBOL Standard Edition 開発パッケージ V10.3.0 以降
  • NetCOBOL Enterprise Edition 開発パッケージ V10.2.0 以降
Linux (64bit)環境
  • NetCOBOL Base Edition 開発・運用パッケージ
  • NetCOBOL Standard Edition 開発・運用パッケージ
  • NetCOBOL Enterprise Edition 開発・運用パッケージ

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)