GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software NetCOBOL
COBOL開発環境

NetCOBOLでは、用途に合わせて以下の開発環境をご用意しています。
Windows (32bit)からWindows、Solaris、Linuxサーバ向けリモート開発では、プロジェクトマネージャとNetCOBOL Studioを用意していますが、新規に開発する場合は、Eclipseをベースとした開発環境「NetCOBOL Studio」をご利用ください。プロジェクトマネージャは将来のNetCOBOLリリースで提供を終了する予定です。
なお、Windows (64bit)では、NetCOBOL Studioのみを提供しています。
プロジェクトマネージャからNetCOBOL Studioへの移行支援ツールとして、プロジェクト構成支援コマンドをご用意しています。

なお、Windows (32bit) 開発環境「NetCOBOL Studio」と「プロジェクトマネージャ」の違いについては、 ノウハウ情報(プロジェクトマネージャからNetCOBOL Studioへ移行した場合に使用できない機能はありますか? )を参照してください。

EclipseベースのCOBOL開発環境「NetCOBOL Studio」

Windows (32bit/64bit) NetCOBOLでは、オープンソースの統合開発環境であるEclipseをベースとした COBOL開発環境「NetCOBOL Studio」を提供しています。NetCOBOL Studioでは、COBOLソースファイルの編集からCOBOLプログラムのビルド、デバッグおよび実行までの一連の開発作業を統合された開発環境で効率良く行うことができます。開発方法については、製品ドキュメント「NetCOBOL入門ガイド」をご参照ください。

開発効率をアップさせる機能が満載

依存関係ファイルの自動更新、COBOLプログラムの構造を参照できるアウトライン表示、編集内容(差分)を確認できるクイックDiff、リモートビルド、リモートデバッグなど開発を行っていく上で便利な機能を提供しています。これらの機能を有効に使うことで開発効率を大幅にアップできます。
NetCOBOL Studioの特長

NetCOBOL Studioでは、次のような機能が提供されています。

  • 開発環境管理機能
    NetCOBOL Studioでは、1つのCOBOLプログラムの開発環境および開発資産を「プロジェクト」という単位で管理します。プロジェクトの集合は、「ワークスペース」と呼ばれるフォルダで管理します。
    また、COBOLプログラム開発を支援するための操作ビュー(COBOLパースペクティブ)を提供しています。
  • エディタ機能
    COBOL言語構文の強調表示、入力支援機能により、 COBOLソースプログラム編集を支援します。
  • ビルド、実行機能
    翻訳、リンクおよび実行環境の設定、翻訳エラー発生時のエディタ連携により、 COBOLプログラムのビルド、実行作業を支援します。
  • デバッグ機能
    記述した処理を対話的にデバッグし、論理的な誤りを検出することができます。
  • リモート開発機能
    Windows(Itanium、64bit)、Solaris(32bit、64bit)、Linux(Itanium、64bit) の各サーバをターゲットとしたCOBOLプログラムをリモート開発することができます。クライアント上で単体テストを行ったプロジェクトにリモート開発用の設定を追加することにより、サーバ上でのビルド、結合テストへスムーズに移行することができます。
  • グローバルサーバ連携機能 (Windows(32bit) Professional Edition、Enterprise Edition)
    グローバルサーバとの連携(ファイル送受信、JCL/CLISTの起動)により、高機能な開発環境を利用して、グローバルサーバ上のCOBOL資産の保守作業を支援します。

.NET Framework用開発環境「Visual Studio」

Windows (.NET) NetCOBOLでは、.NET Framework用開発環境として、マイクロソフト社の「Visual Studio」に対応しています。「Visual Studio」の豊富な機能により、プログラム作成からデバッグ、アプリケーションの配布まで、開発サイクル全体を強力に支援します。

豊富な開発支援機能をCOBOLアプリケーション開発で利用

Windows (.NET) NetCOBOLでは、画面作成、コード作成、ビルド、デバッグの他に、コード入力支援であるインテリセンス機能、COBOL資産管理ができるVisual Studio連携などの開発支援機能を提供しています。COBOLで画面作成から業務ロジックまで、効率よく作成することが可能です。
Visual Studioの特長

信頼性の高いアプリケーション開発が可能

.NET Frameworkでは、言語に依存しないアプリケーション開発が可能です。Visual Basic、C#、COBOLなど各言語が得意とする処理を各言語に携わってきた開発者が分担して開発することで、開発効率を向上させると共に、信頼性の高いアプリケーション開発が可能になります。

従来からのCOBOL開発環境「プロジェクトマネージャ」

従来から提供しているCOBOL開発環境です。Windows(32bit)、Solaris(32bit)、Linux(32bit、Itanium)上で動作するCOBOLアプリケーションを作成することができます。開発方法については、「NetCOBOL開発ガイド(プロジェクトマネージャ編)」をご参照ください。

COBOL開発者ための総合開発環境

プロジェクトマネージャにより開発資産の依存関係を管理しながら、コンパイラ、プリコンパイラ(埋め込みSQL文の展開など)、クラスブラウザ、デバッガなどの各種支援ツールと連携操作ができます。従来仕様のアプリケーションからオブジェクト指向COBOL仕様のアプリケーションまで、効率よく開発できます。

サーバ向けリモート開発環境

リモート開発は、プロジェクトマネージャとNetCOBOL Studioのどちらでも可能ですが、サーバ側のプラットフォームとバージョンによって使用できるCOBOL開発環境が違います。

使用できるCOBOL開発環境
COBOL開発環境 サーバ側
対象プラットフォーム バージョンレベル
NetCOBOL Studio Windows 64bit V10.1.0以降
Windows Itanium V9.0L10以降
Solaris 32bit V9.0L10以降
Solaris 64bit V10.5.0以降
Linux 64bit V10.1.0以降
Linux Itanium V9.0L10以降
プロジェクトマネージャ Solaris 32bit V8.0L10以降
Linux Itanium V8.0L10以降
Linux 32bit V7.3L10以降