GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software NetCOBOL
旧製品との互換性 - Solaris (32bit)

 Windows (32bit) |  Solaris (32bit) |


Solaris(32bit)では、旧製品 (注) の機能を包含しており、基本的に互換を保っておりますが、一部マニュアルどおり作成しない場合などCOBOLアプリケーションが正しく動作しない場合があります。
互換に関する情報については、PDFリリース情報 (A4・89ページ) (695 KB) を参照してください。

注)本サイトでは、以下の製品を、Solarisの「旧製品」と定義しています。

  • PowerCOBOL97 6.0 / 6.1 または PowerCOBOL97 Std 6.0/6.1
  • COBOL 拡張セット1.0/2.0
  • Sun日本語COBOL1.1
  • Sun日本語COBOL1.0.1

資産移行

上記のとおり、旧製品の機能を包含しており、同レベルの製品間でのCOBOLソースなどの資産はそのまま利用することができます。
また、旧製品で作成したCOBOLアプリケーションの動作についても、以下のとおり動作可能です。

NetCOBOL運用製品 Base Edition、Standard Edition、Enterprise Edition
運用パッケージ (注1)
Sun日本語COBOL 1.0.1 (注2)
Sun日本語COBOL 1.1 あり
COBOL 拡張セット 1.0/2.0 あり
PowerCOBOL97 6.0/6.1またはPowerCOBOL97 Std 6.0/6.1 あり

注1) PowerCOBOL97 Stdの場合は、NetCOBOL Standard EditionまたはNetCOBOL Enterprise Editionになります。
注2) 表示ファイル機能を使用する場合は再リンクが必要です。


バージョンアップ

NetCOBOLシリーズ V8.0以降は、サポート契約されているお客様のみバージョンアップ(無償)が可能です。サポート契約されていないお客様は、新規購入となります。ご注意ください。