GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software NetCOBOL
コンセプト

マイグレーションとは


マイグレーションの考え方

マイグレーションとは、お客様のビジネスの計画を踏まえ、既存アプリケーション資産の継承と有効活用を図りながら、継続的なシステムの最適化を実現するための有効な手段です。現在、基幹系システムの大半はCOBOLで書かれており、マイグレーションにより、この貴重な資産を、将来に向け活用することが重要です。
富士通COBOLは、資産を活用しつつオープンな技術との連携を実現する手法を提供します。 メインフレーム・オフコンにおける既存資産のマイグレーションを考えた場合、以下の手段があります。

  • 同一機種移行
    • 単純移行
      最新機種を選定し、そのまま移行します。
    • サーバ統合
  • オープン移行
    オープンプラットフォーム(Windows、Solaris、Linux、.NET)への移行です。
    • NetCOBOLなどの開発環境を利用した再構築
    • パッケージ製品を利用した新規構築
    • 他言語による新規構築

富士通のマイグレーションへの取り組み

富士通は、「NetCOBOL資産移行・技術支援サービス」として、お客様のCOBOL資産の活用を支援しています。
弊社はもとより、他社COBOL資産から富士通NetCOBOLへのマイグレーションを、既存COBOL資産の調査から移行までトータルに支援します。

NetCOBOL サービスメニュー


詳細については、NetCOBOL サービス&サポートをご覧ください。

マイグレーションの効果

マイグレーションを行うことで、以下のような効果を得ることができます。

  • 新サービスへの迅速な対応が可能
    • 情報系システムとのデータ共有
    • オープン技術との連携によるビジネス拡大、企業統合
    • オープンパッケージ製品(帳票、運用管理、資源管理など)との連携
  • 生産性向上、運用のしやすさ
  • TCO(Total Cost of Ownership)の削減
    メンテナンス費用の削減、価格性能、専用端末の廃止

マイグレーション採用の判断基準

オープンシステム、メインフレーム・オフコンシステムには、さまざまな特長があります。システムと業務内容を考慮して、マイグレーションの採用を判断する必要があります。

システム 特長 適した業務
オープン
  • ソフトが豊富
    パッケージを使用することで、短期構築が可能です。
  • OS/ミドルウェアの版数アップの周期が短い
    販売中止ソフトの保守を行わない
  • 3年から5年でシステムのレベルアップ(ソフト・ハード)が必要
  • 即効性が求められる業務
  • 定期的に見直しが可能な業務
  • 部門に閉じて遂行できる業務
メインフレーム・
オフコン
  • ソフトが少ない
    業務に応じたソフトを作成する必要があり、構築に時間がかかる。
  • 高信頼性
    24時間365日の運用が可能
  • 固定プロセスで運用可能な業務
  • 高可能性が求められる業務
  • 長期間使用し続ける業務

オープン移行への考え方

マイグレーションにおける、オープンシステムへの移行手段として、以下の方法が考えられます。それぞれのメリットを考慮した導入をお勧めします。

移行手段 概要 メリット
リライト
(COBOL資産移行)
既存資産を活用し、最新技術(Java、.NETなど)を利用してリエンジニアリング 既存資産・技術者の活用、開発期間の短縮、システム安定性
リビルド パッケージ パッケージを利用し、新規に開発 BPRにより、業務を一新し、システムを再構築可能。パッケージ導入で短縮構築も可能
新規構築 COBOL、Javaなど各種言語を利用して、新規に開発 COBOL、Javaなどから最新技術を駆使し、パッケージにはない自分達の仕様に合わせたシステム構築が可能

COBOL資産を活用した"リライト"

リライト(COBOL資産移行)では、メインフレーム、オフコンのCOBOL資産を活用して、オープンプラットフォームに移行します。
移行では、COBOLプログラム以外にも、データ(DB)、画面、帳票、文字コード、外字、OLTP、JCL、運用方法などを考慮する必要があります。

各資産の移行

メインフレーム・オフコンからの移行図

注1) NetCOBOL for .NET、Visual Basic .NET、C# .NET
注2) Interstage Application Server
注3) コンパイラの仕様、 コード系、外字などの考慮が必要



移行時に検討の必要な項目は、以下の項目です。

移行項目 説明
COBOLコンパイラの仕様 COBOLの規格外の拡張仕様、演算精度、数値項目(外部10進、内部10 進、バイナリ)など考慮が必要です。
富士通COBOLのメインフレーム、オフコン、オープンプラットフォームの仕様は、NetCOBOLの言語仕様(40KB / A4・2ページ) (40 KB)を参照してください。
データ(DB) 順・相対・索引ファイルはそのまま利用可能です。ネットワーク型DB、階層型DBはRDBへ移行します。
画面 NetCOBOLの画面定義体へ移行します。運用形態に応じて、Java、.NETへ移行します。富士通の画面定義体は、メインフレーム、オフコン、オープンプラットフォームで流通可能です。また、画面定義体は「Migration CJC for INTARFRM」サービスでJava(Servlet⁄JSP)に移行することもできます。
帳票 NetCOBOLの帳票定義体への移行です。運用形態に応じて、富士通 Interstage 帳票ソリューションなどで再構築します。富士通の帳票定義体は、 メインフレーム、オフコン、オープンプラットフォームで流通可能です。
文字コード プラットフォームにより、文字コード系(S-JIS、EUC、Unicode)が変わるため、COBOLプログラムの判定処理などは考慮が必要です。
外字 外字データは移行可能です。利用する文字コードにより利用できる外字 の数が異なるので運用の考慮が必要です。富士通 Interstage Charset Managerで移行します。
JCL スクリプト、バッチファイル、富士通 Interstage Job Workload Server富士通 Systemwalkerなどへ移行します。
OLTP オンライントランザクションは、富士通 Interstage Application Serverで再構築します。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)