データ統合基盤FUJITSU Software Big Data Integration Server
V1 強化ポイント

V1.2における強化ポイント

並列分散処理

以下のOSSを標準装備しました。これにより、SQLライクなクエリ言語で並列分散処理を実行できます。

  • Apache Hive

メタデータ管理

以下のOSSを標準装備しました。これにより、データ自体を説明する様々な情報(メタデータ)を付与することで、データの利用者が必要なデータを検索できます。また、データの来歴情報(データリネージ)を記録することで、データの信頼性をデータの作成者以外でも確認することができます。

  • Apache Atlas

セキュリティ管理

以下のOSSを標準装備しました。これにより、アクセス権を柔軟に設定できます。また、利用者のデータ操作を追跡するための監査ログを取得できます。

  • Apache Ranger

Node-RED連携

フロー定義・実行を行うNode-REDと連携することで、本製品のスキーマレス加工機能をWebブラウザ上のGUIベースで利用できます。

スキーマレス加工・ディスク検索

集計機能のグループ式、およびソート機能のソート式に指定可能な項目数、長さを拡大しました。

セットアップツール

環境構築を簡易化するツールを提供します。これにより、収集機能および並列分散処理機能のセットアップを自動で行うことができます。

動作環境の追加

動作環境に以下のOSをサポーしました。

  • Red Hat Enterprise Linux 8(Intel64)

V1.1における強化ポイント

ログ収集

以下のOSSを標準装備しました。これにより、様々なデバイス、アプリケーション、ミドルウェアから出力されるログを効率的に収集できます。

  • Fluentd

メッセージング

以下のOSSを標準装備しました。これにより、ログ収集で外部から集めてきたデータを一時的にメモリに保持し、データ加工の入力データとして利用できます。

  • Apache Kafka
  • Apache Zookeeper

並列分散処理

以下のOSSを標準装備しました。これにより、並列分散制御によりCPUリソースを効率よく利用でき、データ加工の処理時間を短縮できます。

  • Apache Hadoop
  • Apache Spark

Big Data Integration Server に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Big Data Integration Server Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ