デジタルトランスフォーメーションを支えるアプリケーションサーバーFUJITSU Software Enterprise Application Platform
機能 - 最新Javaを利用したオープン性の高い開発 -

Enterprise Application Platformは、短サイクルでリリースされるJavaに富士通の独自技術で信頼性、運用性を強化しており、24時間365日のワンストップサポートと合わせ、お客様のデジタルトランスフォーメーションを支えます。

最新Javaを利用したオープン性の高い開発

Jakarta EE 8

JavaEEの後継にあたりサーバーサイドで利用するJavaの標準フレームワークである「Jakarta EE 8」に対応します。本製品では、Jakarta EE 8互換のEclipse GlassFish 5.1をベースに、富士通のエンタープライズ機能を追加して提供します。

OpenJDK 11

プログラミング言語Javaの標準仕様であるJava SEの参照実装となる「OpenJDK 11」を提供します。本製品では、OpenJDK 11に富士通のエンタープライズ機能を追加して提供します。

MicroProfile 3

マイクロサービスアーキテクチャー向けの規格である「MicroProfile 3」に対応します。本製品では、MicroProfile 3互換の実装であり、メモリーフットプリント・起動時間を短縮した、コンテナ環境での利用に適した軽量サーバー「Launcher」を提供します。

カタログ・ご紹介資料で詳しく知る

Enterprise Application Platform に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Enterprise Application Platform Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ