デジタルトランスフォーメーションを支えるアプリケーションサーバーFUJITSU Software Enterprise Application Platform
機能 - 富士通のエンタープライズ機能を利用した安定稼働 -

Enterprise Application Platformは、短サイクルでリリースされるJavaに富士通の独自技術で信頼性、運用性を強化しており、24時間365日のワンストップサポートと合わせ、お客様のデジタルトランスフォーメーションを支えます。

富士通のエンタープライズ機能を利用した安定稼働

プロセスの監視、自動復旧

アプリケーションの起動・停止時間、レスポンス時間、生存通知など、さまざまなアプリケーションの異常を監視する機能と、アプリケーションの異常終了を検知した場合、自動的に再起動して業務継続する機能を提供することで、お客様システムの安定稼働を支援します。

プロセスの監視、自動復旧

モニタロギング

異常発生時のログ出力を強化すると共に、一定間隔で特定ログの出力などの機能を提供することで、トラブルの早期解決を支援し、お客様システムの安定稼働を支援します。

モニタロギング

クラスタサービス連携

クラスタサービス連携機能により、業務運用中のサーバーに対して、同様の環境を備えたサーバーを待機として準備し、業務運用中のサーバーが故障した際には待機していたサーバーに業務を引き継ぎます。対応するクラスタ製品は以下の製品です。

クラスタサービス連携

  • Windows
    フェイルオーバークラスタリング
  • Linux
    PRIMECLUSTER

カタログ・ご紹介資料で詳しく知る

Enterprise Application Platform に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Enterprise Application Platform Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ