ビジネス・インテリジェンス(BI)FUJITSU Software Interstage Navigator Server
機能 - さまざまなデータソースをタイムリーに活用 -

Interstage Navigator Serverは、独自の「管理ポイント」機能と直感的で簡単な操作インターフェースで、参照したいデータをイメージどおりに配置するだけで、欲しい情報を・欲しいときに・欲しい形で利用者自身が簡単にレポートを作成できます。

データベースシステムだけでなくCSVファイルのままでもデータを分析、活用

分析視点の自由な追加(管理ポイント)

レポートを欲しい時に欲しい形で手に入れるには、レポートの縦軸や横軸に使用する「商品別」や「地域別」などの分析軸を、自由に利用できることが必要です。Interstage Navigator Serverでは独自の分析視点「管理ポイント」により、データベースを変更することなく新しい分析軸を簡単な操作で自由に生成できます。商品データを「現時点」の売れ筋商品とその他商品のグループに分類して集計するなど、データベース上の分類データだけに縛られない自由な集計が行えます。

CSVファイルデータの集計・分析

データベースに格納されたデータだけでなくCSVファイルで格納されているデータも、ファイルのままでInterstage Navigator Serverの分析データ(データソース)として活用できます。

低コスト、短期間での導入

CSVファイルにデータを保存してInterstage Navigator Serverに登録するだけという手軽さにより、データベースシステムにデータを格納する場合と比較して、短期間で低コストのシステム構築を実現します。

CSVファイルを使用したシステム構築イメージ

データベースシステムに格納できないデータの自由な活用

本機能による手軽なデータの準備と、上記の管理ポイントによる分析視点の自由な追加との組み合わせにより、例えば以下のようなデータベースシステムには格納しにくいデータを、分析の必要が生じたときに自由な切り口で分析する、柔軟な分析システムも実現できます。

  • 分析要件を事前に定めることができない、日々蓄積されていく大量のログデータやPOSデータなど
  • データウェアハウスにまだ格納されていない最新の基幹/業務データなど

CSVファイルを使ったレポート作成イメージ

Interstage Navigator Server に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Interstage Navigator Server Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ