GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software
Interstage List Manager
機能

本製品は2013年6月28日をもって販売を終了いたしました。

機能説明

既存資産・既存システムを活用する機能

ホスト(グローバルサーバ)の帳票資産と連携

ホスト(グローバルサーバ)にある帳票資産を活用し、オープン環境で運用できます。
Interstage List Manager Connector を 利用して、ホスト(グローバルサーバ)のアプリケーション出力をオープンシステム環境に帳票配信・出力できます。 Interstage List Creator デザイナで設計した、自由なレイアウトの帳票が扱えます。
Server2000ホスト連携プレミアムなどのホスト帳票連携製品を利用して、 ホスト(グローバルサーバ)のスプールデータを、従来の出力イメージそのままで オープンシステム環境に配信・出力できます。

  Interstage List Manager Connector

COBOLアプリケーションの資産と連携

既存のCOBOLアプリケーション資産をそのまま利用し、帳票を配信・出力ができます。
新たにアプリケーションを作成する必要はありません。 既存の資源を利用できるので、移行作業も安心して行なえます。

帳票業務を安全・快適に運用する機能

センターで一元管理

帳票の配信先・出力方法、プリンタ属性などの帳票出力するデバイスを、センターに設置する帳票管理サーバで一元管理できます。さらに、配信先の出力状態もセンターで集中監視できるため、配信先で異常が起きた場合、素早く対応できます。

セキュリティ対策機能

帳票がセンターに登録されてから削除されるまでの帳票に関する操作を、監査証跡ログで全て採取できます。
不正行為が発生した場合、 「いつ」「どこで」「誰が」「どの帳票を」「どのように出力・操作したのか」の追跡が可能です。また、採取した監査証跡ログが不正に改ざんされないよう、改ざんをチェック機構を提供します。

印刷エラー/用紙交換の自動通知

印刷状態を常に監視しているので、プリンタに異常が発生した場合、印刷依頼元/管理者(指定端末)へ確実にエラー通知ができます。エラー通知の対処方法も充実しています。

  • エラーになった原因を取り除けば、自動的に印刷業務が継続できます。
  • エラーになった印刷物の保留や削除などの操作ができます。
  • プリンタの出力先の切り替えができます。
  • エラーになった印刷物の再印刷ができます。再印刷は中断位置を正確に把握しているので、ページ抜けなくできます。

また、連続印刷中に用紙を交換して印刷したい場合でも、 印刷依頼元/管理者(指定端末)へ用紙交換の通知ができます。

(注1) エラー検出を確実に行うには、、富士通 VSP/VSシリーズ/PrintiaLASER シリーズ(Printianavi 搭載機)、または、パートナー連携対応プリンタのご利用を推奨します。

印刷エラー/用紙交換通知メッセージ画面

帳票の原本保存

業務の変更に伴い、レイアウトが変更になっても、以前の原本(データ・レイアウト)を保存します。登録時の帳票、または、レイアウト変更前の帳票をすぐに取り出せます。

Web環境での帳票閲覧・操作

Webブラウザ画面から、帳票管理サーバ内の帳票を閲覧、出力指示ができます。

  • 帳票の移動、複写、削除ができます。
  • 帳票の出力、再出力、出力中止ができます。
  • 帳票名、コメント、作成者名、作成日時などの条件を使用し、帳票を絞り込みできます。
  • 帳票のプレビューができます。
  • 帳票の題目、作成日時、作成者、出力先、コメントなどの詳細情報を確認できます。

さらに、通常業務に使用できる運用画面「帳票ブラウザ」を提供します。
業務要件に合わせてユーザー単位や組織単位で参照・操作などを行うことができ、一般の利用者の操作に対応しています。

Web環境での帳票一覧画面/論理あて先一覧画面

PDFに変換して保存

帳票をPDFに変換して登録、保存することができます。
PDF変換処理は独自のロジックを使用しており、PDF生成性能は業界トップクラス、 PDFサイズは帳票に最適な小さいサイズを実現します。また、外字はアウトラインフォントで作成されるため、文字の見やすい帳票を作成できます。作成したPDFには、パスワード設定やダウンロード期間の閲覧制限などセキュリティ機能を付加することもできます。

(注1) Interstage List Manager は、実績のある Interstage List Creator の技術を応用し、PDF変換を行っています。

  Interstage List Creator

アウトラインフォント

電子化して保存

さまざまなプラットフォームの帳票を電子化し、長期保存することができます。
電子化することで保管スペースの圧縮ができ、運送や仕分けの時間を短縮ができます。

(注1) 電子化するときは、Interstage List Works が必要です。

  Interstage List Works

FAXで送信

作成した帳票をFAXで送信することができます。

(注1) Interstage List Manager は、実績のある Interstage Print Manager の技術を応用し、FAX送信を行うことができます。

(注2) FAX送信するときは、パートナー連携対応プリンタが必要です。

帳票レイアウトを簡単変更

入力データはそのままで出力レイアウトを変更したい場合でも、複数の帳票レイアウトを用意し、レイアウトの指定を変更をするだけで、簡単に出力レイアウトが変更できます。
取引先毎に帳票のレイアウトが異なる場合や、決算単位で帳票を変更したい場合など、様々な場面で活用できます。

クラスタシステムでの運用

1対1運用待機のクラスタシステムに対応し、フェールオーバ時に帳票業務を自動的にクラスタの待機システムで継続できます。

マルチサーバでの運用

複数台の帳票管理サーバを並列で動作させるマルチサーバ運用に対応し、帳票管理サーバの負荷を分散できます。また、業務拡大に合わせて帳票管理サーバを追加したり、故障した帳票管理サーバを運用から切り離して縮退運用することができます。

システムの短期構築・導入コストを削減する機能

システム構築に必要な基本機能を提供

帳票の生成から配信、出力、および帳票資源や出力先の管理など、帳票システムにおける一連の機能を提供します。
システム構築は、各種インターフェースをユーザーアプリケーションから呼び出すだけで簡単に構築できます。また、業務アプリケーションは、出力先のハードウェアやシステム構成と切り離して構築できるので、システム構成の変更を柔軟に行えます。帳票システムの短期構築が実現できます。

汎用的な業務画面とサンプルソースを提供

一般利用者向けのWeb画面とサンプルソースを標準提供します。
利用者の「ログイン画面」、利用者が出力を指示する「帳票出力指示画面」、指示した帳票の出力処理結果を 示す「処理状況照会画面」、帳票の詳細を示す「詳細表示画面」など様々な基本の画面を提供します。
サンプルソースも提供しているので、業務に合わせて、 画面が簡単にカスタマイズ(例:ボタン追加・削除、表示項目追加など)でき、 一般利用者向けWeb画面の短期構築が実現できます。

帳票ブラウザ画面

Interstage List Creator デザイナと連携可能

Interstage List Creator デザイナ で作成した帳票を そのまま利用できます。
Interstage List Creator デザイナは、複雑な帳票も、簡単・綺麗に作成できるので、 帳票システムの開発の効率化・スピードアップが図れます。

  Interstage List Creator デザイナ

機能一覧表

【凡例】

  • 対応: 対応
  • 非対応: 非対応
  • SE : Interstage List Manager Standard Edition
  • EE : Interstage List Manager Enterprise Edition
  • Agent : Interstage List Manager Agent
機能別 エディション対応一覧表
機能 SE EE Agent
既存資産・既存システムを活用する機能 ホスト(グローバルサーバ)の帳票資産と連携 対応 対応 非対応
COBOLアプリケーションの資産と連携 対応 対応 非対応
帳票業務を安全・快適に運用する機能 センターで一元管理 対応 対応 非対応
セキュリティ対策機能 対応 対応 非対応
印刷エラー / 用紙交換の自動通知 非対応 非対応 対応
帳票の原本保存 対応 対応 非対応
Web環境での帳票閲覧・操作 対応 対応 非対応
PDFに変換して保存 対応 対応 対応
電子化して保存 非対応 非対応 対応
FAXで送信 非対応 非対応 対応
帳票レイアウトを簡単変更 対応 対応 非対応
クラスタシステムでの運用 非対応 対応 非対応
マルチサーバでの運用 非対応 対応 非対応
システムの短期構築・導入コストを削減する機能 システム構築に必要な基本機能を提供 対応 対応 非対応
汎用的な業務画面とサンプルソースを提供 対応 対応 非対応
Interstage List Creator デザイナと連携可能 対応 対応 非対応

製品体系

Interstage List Manager 製品構成図

製品別 機能概要 / 対応OS一覧表
製品名 機能概要 対応OS
Interstage List Manager Standard Edition 帳票管理サーバ機能を提供する製品です。帳票配信システムが短期に構築できます。(帳票の集中管理、帳票出力サーバへの配信機能など) Windows
Solaris
Interstage List Manager Enterprise Edition Standard Editionの機能を包含し、クラスタに対応しています。ミッションクリティカルな帳票配信システムが構築できます。 Windows
Solaris
Interstage List Manager Agent 帳票出力サーバ機能を提供する製品です。 Windows

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)