GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software
Interstage AR Processing Server
機能

機能説明

認識対象

スマートデバイスに重畳表示するためには、以下の認識方法で取得した 結果を利用することができます。

富士通独自のARマーカー

保守や点検など、暗いところに強く、汚れに強く、遠い場所からも認識可能な富士通独自のARマーカーにより、業務に耐えうる認識精度を実現します。ARマーカーのサイズはARマーカーを貼る場所に合わせて調整可能です。

1次元・2次元コード

バーコード(JANコード)や2次元コード(QRコード)などをカメラで認識することで、指定されたAR重畳表示コンテンツを表示します。

位置情報

GPSやWi-Fi、モバイルネットワークなどを利用して緯度・経度・高度の情報や、センサーを利用して得られる方位や傾きなどの情報を利用して、AR重畳表示コンテンツとカメラ画像を重ね合わせた表示を行います。

Beacon

低消費電力の近距離無線技術「Bluetooth Low Energy」を利用し、AR重畳表示コンテンツの表示を行います。

コンテンツの重ね合わせ

コンテンツの重畳表示

認識対象にあらかじめ関係づけられた情報(以後、AR重畳表示定義)を、計測した位置関係を基に、カメラ画像の適切な場所にコンテンツを重ね合わせて表示(以後、重畳表示)します。
1つの認識対象に複数のAR重畳表示定義を関係づけたり、カメラに映った複数の認識対象に対して、同時に重畳表示したりすることができます。

コンテンツの重畳表示

コンテンツの2D/3D表示

重畳表示を行う場合、マーカー角度に関係なく常に同一角度、サイズで表示する2Dモードと、特定の場所に張り付いているように見えるように表示する3Dモードから選択することができます。 この機能により、手順などの文字情報はどこから見ても歪まずに読むことができ、矢印などのナビゲーションはどこから見ても正確に指示することができます。

コンテンツの2D/3D表示

状況に応じたコンテンツの提示

ARマーカーやコンテンツ、業務に関する情報をサーバで一元管理します。この機能により、作業内容や業務状況、履歴などの状況に応じてコンテンツを提示します。

ARマーカー管理

Interstage AR Processing Serverが提供するARマーカーについて、設置場所や使用状況などを管理します。また、ARマーカー画像のダウンロードなどを行うことができます。

シナリオ制御

同じ場所に設置したマーカーや特定の位置情報でも、業務内容や利用者などの状況(シナリオ)に合わせて、重畳表示する内容を変更することができます。

AR重畳表示定義に対するタップアクション

認識情報に関係づけられたAR重畳表示定義に対して、タップした際に他のファイルやメソッドを呼び出すタップアクション機能を提供します。
例えば、重畳表示を行った後必要に応じてタップすることで、マニュアルを表示したりすることが可能になります。

ARマーカー/特定の位置情報に紐付いた業務情報の管理

作業内容や業務状況、履歴など、業務に必要な様々な情報を、認識情報に紐付けて管理することができます。

オフライン環境の実行基盤

公衆回線や無線LANなどの通信環境がない場所でもARを利用するため、ネットワーク環境に応じてサーバ通信モードとスタンドアローンモードに切り替えることができます。サーバ通信モードの場合は、サーバとオンラインで通信や同期を行い、スマートデバイス側にデータを保存します。スタンドアローンモードの場合は、スマートデバイスに保存したデータを使用することができます。

オンラインサーバ同期・オフラインキャッシュ機能

直感的な操作によるコンテンツの作成

「ARマーカー/特定の位置情報」「表示内容」「業務内容や利用者などの状況(シナリオ)」「スマートデバイスの画面上における表示場所」「タップアクション」を定義した情報(AR重畳表示定義)を、サーバまたはスマートデバイスから登録する機能を提供します。

サーバオーサリング

ブラウザからARコンテンツを定義することができます。

クライアントオーサリング

スマートデバイスから定義することができます。作業者が現場のモノの位置に合わせて、テキスト、手書き、基本図形、写真などのコンテンツを直感的な操作で追加・編集することができます。

アプリケーション開発向け機能

ARによる重畳表示を行うAR重畳表示アプリケーション(重畳表示を行うWebアプリケーションとスマートデバイス上で動作するネイティブアプリケーション)と、既に構築されている基幹業務システムなどの既存システムと連携するアプリケーション(システム連携アプリケーション)の開発に必要な機能を提供します。

アプリケーション開発向け提供機能

AR重畳表示アプリケーション

スマートデバイス上で動作し、サーバから受け取った情報を表示するAR重畳表示アプリケーションの開発に必要な以下の機能を提供します。

  • JavaScriptライブラリ
  • 開発プロジェクト
  • REST API

システム連携アプリケーション

基幹業務などの外部データと連携する業務アプリケーションを構築するために必要な、コンテキスト管理(AR重畳表示定義などの新規登録、更新、取得、削除など)を行う以下の機能を提供します。

  • REST API

機能一覧表

【凡例】 対応: 対応、非対応: 非対応

機能一覧表
機能 Windows(x64)
認識対象 富士通独自のARマーカー 対応
1次元・2次元コード 対応
位置情報 対応
Beacon 対応
コンテンツの重ね合わせ コンテンツの重畳表示 対応
コンテンツの2D/3D表示 対応
状況に応じたコンテンツの提示 ARマーカー管理 対応
シナリオ制御 対応
AR重畳表示定義に対するタップアクション 対応
ARマーカー/特定の位置情報に紐付いた業務情報の管理 対応
オフライン環境の実行基盤 対応
直感的な操作によるコンテンツの作成 サーバオーサリング 対応
クライアントオーサリング 対応
アプリケーション開発向け機能 AR重畳表示アプリケーション 対応
システム連携アプリケーション 対応

製品体系

製品別 機能概要 / 対応OS一覧表
製品名 機能概要 対応OS
Interstage AR Processing Server Standard Edition 現場にてARマーカーなどの認識対象にスマートデバイスのカメラをかざすことや、センサーから位置情報を認識することにより、利用者に応じた最適な情報を現物に重ね合わせて表示する、開発・実行・管理の機能を備えたAR統合基盤 Windows(x64)

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)