GTM-MML4VXJ
Skip to main content

統合開発環境
FUJITSU Software
Interstage Apworks

本製品は2017年9月30日をもって販売を終了いたしました。

Interstage Apworks 製品の後継品は Interstage Studio になります。

Interstage Apworks クライアント運用パッケージ、Interstage Jクライアント運用パッケージ製品の後継品は Interstage Studio クライアント運用パッケージ です。

詳細につきましては、お問い合わせください。

アプリケーションのスピーディーな開発を支援するEclipse3.1ベースの統合開発環境

  • Eclipseをベースとしたユーザビリティを採用
  • アプリケーション開発を支援する様々なツールを同梱
  • UMLモデリングツールによる設計支援
  • スタンドアロン環境でサーバアプリケーションをデバック可能

開発環境
開発環境

実行環境:クライアント運用パッケージ利用時
実行環境:クライアント運用パッケージ利用時

Interstage Apworks製品構成

Interstage Apworks Standard-J Edition

Java/J2EEアプリケーション開発のためのJava統合開発環境。各種アプリケーション開発に対応した豊富なツール群により、効率的な開発を支援。

Interstage Apworks Enterprise Edition

UMLモデリングツールとJava/COBOLアプリケーション開発のための統合開発環境を搭載したフルモデル。シンプルなWebシステムから3階層の大規模業務システムまで、システムのスピーディーな構築を支援。

Interstage Apworks クライアント運用パッケージ

Interstage Apworksで開発したクライアントアプリケーションの実行環境

Interstage Jクライアント運用パッケージ

アプレットなどJavaアプリケーションの実行環境

製品名と対象プラットフォーム

製品名 対応OS
Interstage Apworks Standard-J Edition Windows
Interstage Apworks Enterprise Edition Windows
Interstage Apworks クライアント運用パッケージ Windows
Interstage Jクライアント運用パッケージ (注) Windows

(注)本製品は、Interstage Application Framework Suite ClientJ Edition V7.0の後継製品です。

機能    |    特長    |    動作環境    |    価格

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォームはこちらから

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)0120-933-200

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)