高信頼・高性能のアプリケーションサーバFUJITSU Software Interstage Application Server
特長 - お客様のアプリケーション資産を継続利用 -

Interstage Application Serverでは、アプリケーション実行環境を新しいJavaと組み合わせて再構築する技術(リマスター技術)でリノベーションしており、アプリケーション資産を継続利用できます。実行環境は、Java EE 7をはじめ、Java EE 6、J2EE 1.4、CORBAに対応したアプリケーションを実行できます。これらのアプリケーションをInterstage Application Server上にすべて集約することができ、アプリケーションの改修コスト削減とITリソースの効率運用ができます。

例えば、現行業務は引き続きJava EE 6 / Java SE 7の実行環境で継続して実行し、新業務はJava EE 7 / Java SE 8で実行するなど、システム全体を刷新するのではなく段階的に拡張することができます。また、アプリケーションサーバを複数用意する必要がなく、アプリケーションの改修コスト削減だけでなく、ソフトウェアライセンスも抑えることができます。

リマスター技術

リマスター技術は、新しいJavaと組み合わせてJavaの実行環境をリノベーションする技術です。Interstage Application Server V12では、J2EEの実行環境とCORBAの実行環境をこの「リマスター技術」でリノベーションしています。前版でのJ2EE / Java SE 6、CORBA / Java SE 6の組み合わせの実行環境から、V12では、J2EE / Java SE 8、CORBA / Java SE 8の組み合わせの実行環境を利用できます。お客様のアプリケーション資産を継続利用しつつ、新しいJava SEも利用することで、より最新技術の利用と長期サポートでお客様のビジネス環境を支援します。

最適な実行環境

プライベートクラウドをはじめ、パブリッククラウドの「FUJITSU Cloud Service for OSS」、「FUJITSU Cloud Service for SPARC」、「FUJITSU Cloud Service for Microsoft Azure」などの各環境にオンプレミス(お客様先)で実行していた既存の業務アプリケーションや開発環境で作成した業務アプリケーションを配備し実行できます。お客様に適した利用形態をビジネス要件に合わせて組み合わせて構築、運用できます。どの環境でも同じ操作性で利用できるため効率よく運用できます。

図中の用語についての補足は下記のとおりです。

  • パブリッククラウド:
    当社が提供する「FUJITSU Cloud Service for OSS」「FUJITSU Cloud Service for SPARC」「FUJITSU Cloud Service for Microsoft Azure」です。
  • プライベートクラウド:
    クラウド対応ソフトウェア「FUJITSU Software ServerView Resource Orchestrator」「FUJITSU Software Systemwalker Software Configuration Manager」で構築したプライベートクラウド環境などです。

旧バージョンから最新バージョンへ移行する場合のライセンス

サポートデスク契約を結んでいる場合(製品購入後、最初の一年はサポート契約がバンドルされています)、サポートデスク契約のサービスとして、製品のバージョンアップ機能がついています。そのため、利用している同じプロセッサ数の範囲で、製品のバージョンアップ、レベルアップが新たなライセンス課金が発生することなくできます。移行後の利用ライセンス数が増える場合は、追加で増加ライセンス数を購入することで利用できます。

  1. Before
    現在利用
    Interstage Application Server Enterprise Edition V11.0.0(1メディア、32プロセッサライセンス、SDK契約済)
  2. After
    バージョンアップ(新たなライセンス購入は不要)
    Interstage Application Server Enterprise Edition V12.0.0(1メディア、32プロセッサライセンス、SDK継続契約)

カタログ・ご紹介資料で詳しく知る

Interstage Application Server に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Interstage Application Server Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ