高信頼・高性能なアプリケーションサーバーFUJITSU Software Interstage Application Server
機能 - 機能差異・製品体系 -

Interstage Application Serverは、互換性保証や高信頼・高性能技術により、アプリケーション資産の継続利用と業務システムの安定稼働を実現します。

機能一覧表

機能分類 機能
資産の継続利用 Jakarta EE 8
OpenJDK 8
Apache 2.4
CORBA(COBOL / C / C++)
Webサービス
クライアントパッケージ
  • Jakarta EE 8 クライアント
  • CORBA サービスクライアント
  • OpenJDK 8
業務の安定稼働 プロセスの監視、自動復旧
  • Java VMプロセスの生死監視
  • Javaヒープ領域 / メタスペース不足時の制御
  • アプリケーション最大処理時間の監視
  • プロセスの起動時間監視・停止時間監視
  • 生存通知の監視
モニターロギング
パラメーター点検ツール
クラスタサービス連携
業務単位での運用管理制御
リソース・プーリング
ログ出力機能・一括資料採取
ライフサイクル処理制御
安全なシステム構築 TLSによる認証・暗号化通信
シングル・サインオン
ディレクトリーサービス
運用管理 管理コンソール
コマンドによる運用操作(定型操作・繰り返し操作)

表中記号の意味は以下のとおりです。
レ:機能有り、N/A:機能無し

機能 Standard-J Edition Enterprise Edition
標準技術によるシステムの短期構築 Java EE 7の実行環境の提供
高性能・高信頼なJava実行基盤
注1

注1
ウェブサービス対応の実行基盤
スマートデバイス向けアプリケーション開発フレームワーク
アプリケーション資産の継続利用 複数世代のアプリケーション実行環境の提供 N/A
注2

注2
J2EE / Java EE 6の実行環境の提供 N/A
COBOL / C / C++言語資産の利用 N/A
既存システムの活用 N/A
業務の安定稼働 Javaのレスポンスの平準化(コンカレントGC) N/A
業務単位での運用管理制御(IJServerクラスタ)
アプリケーションの多重制御
リソース・プーリング
業務の自動復旧
ホットスタンバイ N/A
負荷分散
システム資源の自動拡張・予兆監視 N/A
セッションリカバリー N/A
活性変更 N/A
診断ログ機能・一括自動資料採取
安全なシステム構築 セキュアな運用環境
SSLによる認証・暗号化通信
セキュリティ監査証跡 N/A
シングル・サインオン N/A
注3
仮想化 / クラウドによるICTリソースの効率利用 プライベートクラウド環境における仮想システムの自動配備
パブリッククラウドサービス上でのシステムのスピード構築
仮想環境への対応
OpenShiftのサポート
注4

注4
システムの長期利用 長期にわたる製品サポート
運用管理の負荷軽減 GUIによる簡単操作
注5

注5
コマンドによる定型操作・繰り返し操作
  • 注1
    互換性について富士通のJDK 7、JDK 8は、Oracle社のThe Java Compatibility Test ToolsでJava標準規約を満たすことを確認しています。
  • 注2

    Javaは以下の組み合わせで使用できます。

    Interstage Application Server Enterprise Editionのサーバーパッケージ

      JDK 7 JDK 8 備考
    J2EE 1.4 N/A JREとの組み合わせはできません。ただし、ServletはJRE 8とも組み合わせできます。
    Java EE 6 N/A JREとの組み合わせはできません。
    Java EE 7 N/A JREとの組み合わせはできません。

    Interstage Application Server Standard-J Editionのサーバーパッケージ

      JDK 8 備考
    Java EE 7 JREとの組み合わせはできません。

    Interstage Application Server Enterprise Editionのクライアントパッケージ

      JDK / JRE 7 JDK / JRE 8 備考
    J2EE 1.4 N/A  
    Java EE 6 N/A  
    Java EE 7 N/A  

    Interstage Application Server Standard-J Editionのクライアントパッケージ

      JDK / JRE 8 備考
    Java EE 7  
  • 注3
    シングル・サインオンの業務サーバー(シングル・サインオンのシステムを構成するサーバーの一つで、シングル・サインオンを利用したウェブベースの業務システムを構築するためのサーバー)でサポートしています。
  • 注4
    Linux(x86)向け製品およびLinux(Intel64)向け製品でサポートしています。
  • 注5
    Java EE 7 / J2EE / CORBAでサポートしています。

製品体系

Interstage Application Server Enterprise Edition Jakarta EE 8 / OpenJDK 8やCOBOL / C / C++言語の実行環境と高性能・高信頼性機能を備えたアプリケーション実行基盤
Interstage Application Server Enterprise Edition Java EE 7 / Java EE 6 / J2EEやCOBOL / C / C++言語の実行環境と高性能・高信頼性機能を備えたアプリケーション実行基盤
Interstage Application Server Standard-J Edition Java EE 7に対応したJavaアプリケーション実行環境

カタログ・ご紹介資料で詳しく知る

Interstage Application Server に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Interstage Application Server Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ