GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software
Smart Communication Optimizer
特長

販売終了のお知らせ

本製品は、2019年9月30日をもって販売を終了いたしました。

独自技術でデータ転送速度の大幅向上

富士通独自の特許技術により、可用帯域をフルに活用します。これにより、通信遅延やパケットロスが発生する長距離通信においてデータ転送速度が大幅に向上します。
また、100Mbpsから10Gbpsまでの幅広い通信帯域に対応しており、各拠点の帯域に合わせて選択できます。

簡単な導入

VMwareやKVMといった仮想化基盤向けの仮想アプライアンスとして提供します。これにより、既存の仮想化基盤上にVMイメージファイルをインポートするだけで、簡単に利用できるようになります。また、専用装置が設置できないクラウド環境にも導入できます。

導入効果を可視化

業務ごとや拠点ごとの往復遅延時間、パケットロス率、スループットを表示できます。これにより、本製品導入後のスループットを確認できます。

FUJITSU Software Smart Communication Optimizer V1.1.0 ご紹介

詳しいご紹介資料を入手(登録不要)
(PDF / 1.17MB)

本コンテンツに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

入力フォーム

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン総合窓口
受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

0120-933-200