GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software SystemcastWizard Professional
V6.0 強化ポイント

V6.0L21における強化ポイント

SUSE Linux Enterprise Server 12対応

SUSE Linux Enterprise Server 12のシステムおよびSUSE Linux Enterprise Server 12で作成されたBtrfsパーティションのバックアップ/リストアに対応しました。

V6.0L20における強化ポイント

最新VMware vSphere 環境対応

VMware vSphere 6.5 に対応しました。詳細は下記をご確認ください。
SystemcastWizard Professional V6.0L20 VMware vSphere 対応状況

ターゲットコンピュータをワンクリックでリストアできる「ブートメディア」

簡単操作でターゲットコンピュータをリストアできる「ブートメディア」を作成できます。
ブートメディアにはバックアップイメージと併せて、デプロイメントサーバが持つターゲットコンピュータの情報も埋め込まれているため、リストア時にパラメータを設定する必要はありません。デプロイメントサーバとネットワーク接続されていない環境でも、ターゲットコンピュータをブートメディアで起動して、「実行」ボタンをクリックするだけでリストアできます。また、同じマスタイメージを一括展開したターゲットマシンの間では、1つのブートメディアを使いまわせます。

最新OS対応

  • Windows Server 2016
    デプロイメントサーバとしての使用、ターゲットマシンとしてのバックアップ/リストア/個別情報設定に対応しました。
  • Windows 10
    一括展開時の個別情報設定に対応しました。
  • Red Hat Enterprise Linux 7
    ・EXT4ファイルシステムの、リストア時のパーティションサイズ変更可能な使用域バックアップに対応しました。
    ・XFSファイルシステムの、パーティションサイズ固定での使用域バックアップに対応しました。
    ・一括展開時の個別情報設定に対応しました。

VMware vSphere環境への対応強化

VMware vSphere環境への対応を強化しました。

  • 仮想マシンのバックアップにおいて、バックアップ対象ディスク指定に対応しました。
    仮想マシンの構成を変更することなく、必要なディスクだけをバックアップできます。
  • 仮想マシンのリモート電源制御に対応しました。
    電源オン、電源オフ、リブートが可能になったため、物理マシンと同様に仮想マシンをスケジュールバックアップできます。
  • VMware vSphere vMotion、VMware vSphere High Availabilityを使用する環境の仮想マシンのバックアップ/リストアに対応しました。
  • 仮想マシンの自動化レベルを有効にしたDRS環境に対応しました。

その他の強化点

  • バックアップイメージの格納先として、ネットワーク共有フォルダを指定可能になりました。

V6.0L10における強化ポイント

VMware環境に対応

VMware環境に対応しました。
物理環境と同じ操作性で、VMware環境も同様に一元管理できます。
VMware vSphere 6.0 に対応しました。詳細は下記をご確認ください。
SystemcastWizard Professional V6.0L10 VMware vSphere 対応状況

  • 仮想ホスト、仮想マシンをそれぞれイメージバックアップ/リストアできます。
  • 仮想ホストは、ESXiのエディションに関係なく、構成情報や適用パッチなどを含めてまるごとバックアップします。リストアするだけで、バックアップ時点の状態で仮想ホストを復旧できます。
  • 仮想マシンのバックアップ時、RDMを切断することなく、バックアップ対象から外せます。
  • 仮想マシンのリストア時に、バックアップ時点で接続されていたデータ領域を自動接続して再利用できます。
  • 仮想マシンのリストア時に、「上書き」または「再作成」の選択で、異なる状況でも簡単に復旧できます。

(注1)仮想ホスト、仮想マシンのバックアップ/リストアは、対象マシンをシャットダウンしてから行ってください。

新方式によるタブレットPC管理

タブレットPCが管理しやすくなりました。

  • クレードルやUSB LANケーブルを、タブレットPC間で使いまわせます。タブレットPCと同じ台数のクレードルやUSB LANケーブルを購入する必要はありません。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)