高速インメモリデータ管理ソフトウェアFUJITSU Software Primesoft Server
V1 強化ポイント

V1.1L70における強化ポイント

高速性強化

  • レコード登録によるAPI発行回数の削減(SET機能)
    テーブルに対象のレコードが存在しなければ挿入し、対象レコードが存在する場合はレコードを更新します。API発行数の削減で、クライアント/サーバ間の通信を減らすことにより、業務トランザクションの更なる高速化が図れます。
  • オートコミットによるAPI発行回数の削減(オートコミット機能)
    コミット命令を発行しなくても自動的にトランザクションに対しコミット処理を実施します。API発行数の削減で、クライアント/サーバ間の通信を減らすことにより、業務トランザクションの更なる高速化が図れます。
  • メッセージ送信の一括ミラーリングによる負荷集中時の高速化(バルクコミット機能)
    PrimesoftキューへPutされたメッセージを冗長化する際、Activie状態のUAPサービスインスタンスからStandby状態のUAPサービスインスタンスに複数のメッセージをまとめて1回で送信することで、Active状態のノードとStandby状態のノード間の通信回数を削減することで、業務トランザクションの更なる高速化が図れます。
  • メッセージ複合送信によるAPI発行回数の削減(メッセージ複合送信機能)
    複数のPrimesoftキューに対してメッセージを送信する際、1回のメッセージ送信をするだけで、それぞれの複数のPrimesoftキューにメッセージを格納するため、クライアント/サーバ間の通信を減らすことにより、業務トランザクションの更なる高速化が図れます。

FJcloud-Oサポート

FJcloud-Oをサポートします。

プラットフォーム拡大

Java11をサポートします。

V1.1L60における強化ポイント

サポートOSの拡大

サポートOSにRed Hat Enterprise Linux 8(for Intel64)を追加しました。

高速性強化

複数のAPI実行で生じる各々の通信を一括実行による通信のみにすることで、業務トランザクションを高速化する「psCall関数」に指定できるAPIに対し、参照系の一括実行だけでなく、更新系の一括実行にも拡張した機能を追加しました。

V1.1L50における強化ポイント

サポートプラットフォームの追加

以下の仮想化環境での動作をサポートしました。

  • VMware vSphere
  • Linux仮想マシン機能(KVM)

サーバリソースの効率化向上

複数の業務処理を同一ノード上に集約させることにより、サーバリソースの効率利用および独立した業務の運用を実現する「業務集約モデル機能」を追加しました。

サポート機種の拡大

サポート機種にPRIMEQUEST 3000シリーズを追加しました。

アプリケーション開発言語の追加

Java APIを新規追加し、Javaアプリケーションからメモリテーブルへのアクセスを実現しました。

V1.1L40における強化ポイント

業務継続性の向上

ハードウェア故障により、異常ノードを停止できない場合でも自動でノード切替えを行う「ノード隔離機能」を追加しました。

サポートOSの拡大

サポートOSにRed Hat Enterprise Linux 7を追加しました。

V1.1L30における強化ポイント

メモリの効率利用によるシステムの安定稼動

メモリテーブルにおける拡張領域の解放 / 再利用機能、メモリテーブルのデータ一括削除機能、Primesoftキューのメッセージ一括削除機能強化によりシステムの安定稼働を向上させています。

オンラインレスポンス、システムスループットの向上機能追加

メッセージ送受信関数の拡張、メッセージ多重受信機能といったレスポンスやスループットを向上させる機能を追加しました。

サポート機種の拡大

サポート機種にPRIMEQUEST 2000シリーズを追加しました。

V1.1L20における強化ポイント

PRIMECLUSTERとの連携強化によるシステム運用の効率化

UAPサービスインスタンスの状態遷移と連動したスクリプト呼び出しやファイルシステムのマウント、アンマウントを行うことができるようになりました。

冗長性の選択範囲拡大

ノードグループ内のPrimesoftサーバノード数の構成で1ノード構成をサポートしました。また、サーバノード間を繋ぐLAN経路で1経路構成をサポートしました。

サポート機種の拡大

サポート機種にPRIMERGY RXシリーズを追加しました。

サポートOSの拡大

サポートOSにRed Hat Enterprise Linux 6(for Intel64)を追加しました。

V1.1L10における強化ポイント

新規製品(初期バージョン)のため強化ポイントはありません。

Primesoft Server に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
お問い合わせ専用ウェブフォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サービス&サポート情報
ソフトウェアを安心してご利用いただくために、保守・運用支援サービスをご用意しています。
システムの企画から運用・保守までを強力に支援する各種サービスをご用意しています。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ