GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software PRIMECLUSTER
機能

本製品の主な機能について説明しています。

機能説明

アイコンの説明

  • [EE]  [HA]  [CB]  [LP]  [GDS]  [GFS]  [GLS]  は、Enterprise Edition、HA Server、Clustering Base、Lite Pack、Global Disk Services、Global File Services、Global Link Services  で対応している機能であることを示します。
  • [EE]  [HA]  [CB]  [LP]  [GDS]  [GFS]  [GLS]  は、Enterprise Edition、HA Server、Clustering Base、Lite Pack、Global Disk Services、Global File Services、Global Link Services  で非対応の機能であることを示します。

サーバの運用継続性

業務を運用するサーバがダウンした場合、業務復旧までに数日を要することもあります。これはビジネスにとって大きな損失です。
PRIMECLUSTER を利用することで、複数のサーバをあたかも1つのシステムのように運用し、サーバがダウンしても、残りのサーバで業務を継続することができます。また、業務の拡大にあわせてサーバを追加して、パフォーマンスを増強することができます。

待機サーバへの切替えにより業務を継続

PRIMECLUSTERは、業務継続を脅かす要因の自動検出、高速なフェイルオーバ、業務停止時間を最小限にした活性保守/増設など、高レベルな連続運転のニーズに応えます。

迅速な異常検出と確実なフェイルオーバ    [EE]  [HA]  [CB]  [LP]  [GDS]  [GFS]  [GLS]

  • 多彩なサーバ監視機構と確実な故障ノードの切離し

    PRIMECLUSTERは、サーバのシステム監視機構を使用したサーバダウンの即時検出機能をはじめ、クラスタインタコネクトを使用したハートビート監視やコンソール監視といった多彩な監視機能を有し、迅速、かつ、確実にサーバダウンを検出します。
    また、ハングアップしたサーバをシステム監視機構を使用して強制停止させることで、安全/確実なフェイルオーバを実現します。

    サーバのハードウェア機構を利用した確実なフェイルオーバーを実現

  • ホットスタンバイインターフェース

    あらかじめ待機サーバ側でアプリケーションを起動しておき、フェイルオーバ時にアプリケーションを即時動作させるホットスタンバイインターフェースを備え、さらなる高速フェイルオーバを実現します。

多彩な運用形態    [EE]  [HA]  [CB]  [LP]  [GDS]  [GFS]  [GLS]

  • パーティショニング・クラスタにより分散したシステムを統合管理

    サーバのパーティショニング機能により、1つのサーバ筐体内を複数の論理的なサーバに分割し、この論理的に分割したサーバ間でクラスタシステムを構築することができます。

    サーバ筐体内を分割し、クラスタシステムを構築

  • サーバの効率的な利用によりシステムの可用性を向上

    複数の運用サーバに対し、1つの待機サーバでスタンバイするコストパフォーマンスに優れた運用形態(N:1運用待機)や1つのサーバが故障や定期保守で停止しているときでも待機サーバを保持する可用性に優れた運用形態(カスケード引継ぎ)など、目的に応じてシステムを柔軟に構成することができます。

待機パトロール/システム構成自動認識    [EE]  [HA]  [CB]  [LP]  [GDS]  [GFS]  [GLS]

  • 待機側のリソース異常によるフェイルオーバの失敗を未然に防止

    待機サーバのディスクへのパス、業務LANなどのリソースを定期的に診断することでフェイルオーバの失敗を未然に防止します。

    待機システムのリソースを定期的に診断

  • システム構成の自動認識により設定簡易化と人為ミスの影響を排除

    自動構成設定により、ハード/ソフト構成の設定ミスを防止し、導入作業を効率化します。また、ハードウェア保守作業で配線誤りなどの人為ミスがあった場合でもサーバ起動時の自動構成チェックにより検出し、業務への影響を未然に防止します。

Oracle Real Application Clusters 連携    [EE]  [HA]  [CB]  [LP]  [GDS]  [GFS]  [GLS]

  • 高速なサーバ縮退、追加を実現

    PRIMECLUSTERの高速インターコネクトインターフェースと高速なダウン検知を行うクラスタリング基盤との連携により、サーバ数に応じてトランザクション性能をリニアに向上させ、高速なサーバの縮退、追加を実現します。

    並列データベース環境において高速なノード縮退、追加を実現

ディスクアクセスの継続性

ディスク装置は、設置環境や衝撃などの影響や経年劣化により、比較的故障率の高い部品です。そこで、医療、金融などの社会システムにおいては、ディスクアレイ装置の採用に加え、ディスクアレイ装置間をミラーリングすることで、ディスクを高可用化して利用しています。
ディスクをミラーリングして冗長化することにより、ディスク故障の際にも複製したディスクによって業務を継続することが可能です。

ディスクのミラーリング、ファイルシステムの共用により業務を継続

ミラーリングによる冗長化や、ファイルシステムの共用などにより、統一的にストレージを管理できます。

多彩なソフトミラー機能    [EE]  [HA]  [CB]  [LP]  [GDS]  [GFS]  [GLS]

  • 大規模ストレージ環境における高信頼ソリューションを実現

    システムディスクやクラスタ共用ディスクなど、ディスクのミラーリングが可能です。幅広い環境において、ディスク装置をGlobal Disk Servicesで一元管理したシステムが構築できます。また、ディスクアレイの筐体間ミラーリングも可能とし、データの可用性を向上します。

    ディスクアレイの筐体間ミラーにより可用性を向上

ディスクの統合管理とアクセス制御    [EE]  [HA]  [CB]  [LP]  [GDS]  [GFS]  [GLS]

  • 徹底的なEasy to useの追求により、設定・運用管理のミスを防止

    複雑な処理を隠蔽した単純な操作と運用管理の簡易化により、人為ミスによるトラブルを防止します。また、ディスク装置へのアクセス制御により、サーバ間の不当なディスクアクセス競合を防止し、重要なデータを安全に運用することができます。

    サーバ間の不当なディスクアクセスを防止

クラスタ共用ファイルシステム    [EE]  [HA]  [CB]  [LP]  [GDS]  [GFS]  [GLS]

  • 複数のサーバから同時にアクセスできる共用ファイルシステム

    複数のサーバからアクセスできるNFS(Network File System)では、LANを経由してNFSサーバをアクセスする形態であるため、ネットワーク負荷の問題や専用のファイルサーバを設置する必要がありました。
    PRIMECLUSTERでは、専用のサーバを設置せずに直接データアクセスが可能なため、ネットワークに負荷を与えずにSAN環境の特性を生かした高速なファイルアクセスが可能です。

    複数サーバからファイルシステムへの同時アクセスが可能

ネットワークアクセスの継続性

サーバを冗長化していても、通信相手までのネットワーク経路上に存在するハブ、ルータやケーブルなどいずれかの機器に故障が発生した場合、相手システムとの通信が途絶え、業務が停止してしまいます。そこで、ネットワークの二重化が重要な課題になってきます。
PRIMECLUSTERを使用すると、冗長化されたネットワーク経路を論理的に一つに見せるので、故障した場合でもアプリケーションが意識することなく、自動的にネットワークの縮退、切替えを行うことが可能です。

ネットワーク経路の冗長化により業務を継続

ネットワーク伝送路を冗長化し、通信全体の高信頼化を実現。接続相手装置やネットワーク構成等の様々な要件に応じて最適な冗長化方式を選択できます。
また、IPv6アドレスを使用したネットワークの冗長化も可能です。

異機種間のネットワーク冗長化など多彩な接続形態をサポート    [EE]  [HA]  [CB]  [LP]  [GDS]  [GFS]  [GLS]

  • ネットワークの高可用性を実現

    二重化されたネットワーク経路、ネットワークインターフェースカードを、アプリケーションから論理的に一つのものとして見せることで、故障が発生した場合でもアプリケーションが意識することなく自動的に縮退/切替えを行います。

    故障発生時にネットワーク経路を自動的に切替え

複数の伝送路を並列に使用することで高速な通信を実現    [EE]  [HA]  [CB]  [LP]  [GDS]  [GFS]  [GLS]

  • 多重化したネットワークを同時に使用

    多重化したネットワークを同時に使用することで、負荷分散と帯域向上を実現します。

    故障発生時にネットワーク経路を自動的に縮退

仮想マシンの運用継続性

仮想化ソフトウェアによって統合されたシステムやアプリケーションを安全に運用するには、統合されたシステムの高信頼化が必要です。
PRIMECLUSTERを利用することで、仮想マシン間の冗長構成が可能となり、仮想マシンがダウンしても、残りの仮想マシンで業務を継続することができます。また、サーバの監視機構を使用したサーバダウンの即時検出/強制停止機能の利用により、安全/確実なフェイルオーバを実現します。

仮想マシンの切替えにより業務を継続

PRIMECLUSTERは、仮想化機能で統合されたシステムの連続運転に応えます。

仮想化機能を活用したサーバ統合    [EE]  [HA]  [CB]  [LP]  [GDS]  [GFS]  [GLS]

  • Linux仮想環境の運用を継続

    Linux仮想マシン機能 注1-1またはVMwareによって統合されたシステムの高信頼化を実現します。

    Linux仮想マシン機能によるサーバ統合

    注1-1 : Linux仮想マシン機能は、Red Hat Enterprise Linux 6 仮想マシン機能(KVM) および Red Hat Enterprise Linux 7 仮想マシン機能(KVM) の総称として使用しています。

  • Oracle Solaris仮想環境の運用を継続

    Oracle VM Server for SPARCまたはOracle Solaris ゾーンによって統合されたシステムの高信頼化を実現します。

    Oracle VM Server for SPARCによるサーバ統合

機能一覧表

【凡例】
  • : 対応
  • : 非対応
  • EE : PRIMECLUSTER Enterprise Edition
  • HA : PRIMECLUSTER HA Server
  • CB : PRIMECLUSTER Clustering Base
  • LP : PRIMECLUSTER Lite Pack
  • GDS : PRIMECLUSTER Global Disk Services
  • GFS : PRIMECLUSTER Global File Services
  • GLS : PRIMECLUSTER Global Link Services

機能別 エディション対応一覧表
機能 EE HA CB LP
サーバの運用継続性 迅速な異常検出と確実なフェイルオーバ 対応 対応 対応 対応
多彩な運用形態 対応 対応 対応 対応
待機パトロール/システム構成自動認識 対応 対応 対応 対応
Oracle Real Application Clusters 連携 対応 非対応 非対応 非対応
ディスクアクセスの継続性 多彩なソフトミラー機能 対応 対応 非対応 対応
ディスクの統合管理とアクセス制御 対応 対応 非対応 対応
クラスタ共用ファイルシステム 対応 対応 非対応 非対応
ネットワークアクセスの継続性 異機種間のネットワーク冗長化など多彩な接続形態をサポート 対応 対応 非対応 非対応
複数の伝送路を並列に使用し高速通信を実現 対応 対応 非対応 非対応
仮想マシンの運用継続性 仮想化機能を活用したサーバ統合 対応 対応 対応 非対応

機能別 エディション対応一覧表
機能 GDS GFS GLS
サーバの運用継続性 迅速な異常検出と確実なフェイルオーバ 非対応 非対応 非対応
多彩な運用形態 非対応 非対応 非対応
待機パトロール/システム構成自動認識 非対応 非対応 非対応
Oracle Real Application Clusters 連携 非対応 非対応 非対応
ディスクアクセスの継続性 多彩なソフトミラー機能 対応 非対応 非対応
ディスクの統合管理とアクセス制御 対応 非対応 非対応
クラスタ共用ファイルシステム 非対応 対応 非対応
ネットワークアクセスの継続性 異機種間のネットワーク冗長化など多彩な接続形態をサポート 非対応 非対応 対応
複数の伝送路を並列に使用し高速通信を実現 非対応 非対応 対応
仮想マシンの運用継続性 仮想化機能を活用したサーバ統合 対応 対応 対応

製品体系

PRIMECLUSTERの製品体系


PRIMECLUSTER基本製品 - 製品別 機能概要 / 対応OS一覧表
製品名 機能概要 対応OS
PRIMECLUSTER Enterprise Edition 並列データベースに対応し、クラスタ機能、ボリューム管理機能、共用ファイルシステム機能、ネットワーク多重化機能をセット化したオールインワンの統合クラスタソフトウェア Solaris
Linux(x64)
Linux(x86)
Linux(Itanium)
PRIMECLUSTER HA Server クラスタ機能、ボリューム管理機能、共用ファイルシステム機能、ネットワーク多重化機能をセット化したオールインワンの統合クラスタソフトウェア Solaris
Linux(x64)
Linux(x86)
Linux(Itanium)
PRIMECLUSTER HA Server for SAP HANA(R) クラスタ機能、ボリューム管理機能、共用ファイルシステム機能、ネットワーク多重化機能をセット化したオールインワンの統合クラスタソフトウェア Linux(x64)
PRIMECLUSTER Clustering Base サーバの高信頼化を実現するためのクラスタ機能を提供するソフトウェア Solaris
Linux(x64)  注3-1
Linux(x86)  注3-1
PRIMECLUSTER Clustering Base for SAP HANA(R) サーバの高信頼化を実現するためのクラスタ機能を提供するソフトウェア Linux(x64)  注3-1
PRIMECLUSTER Lite Pack 2ノード限定構成、機種限定で特定の運用形態に特化した、クラスタ機能とボリューム管理機能を提供するクラスタソフトウェア Solaris
Linux(x64)  注3-1
Linux(x86)  注3-1
PRIMECLUSTER GD  注3-3 ディスクアクセスの可用性を実現するためのボリューム管理機能を提供するソフトウェア Solaris
Linux(x64)  注3-2
PRIMECLUSTER GDS  注3-3 ディスクアクセスの可用性を実現するためのボリューム管理機能を提供するソフトウェア Solaris
Linux(x64)  注3-2
Linux(x86)  注3-2
PRIMECLUSTER GL  注3-3 ネットワーク伝送路の冗長化を実現するためのネットワーク多重化機能を提供するソフトウェア Windows(x64)
Solaris
Linux(x64)
PRIMECLUSTER GLS  注3-3 ネットワーク伝送路の冗長化を実現するためのネットワーク多重化機能を提供するソフトウェア Windows(x64)
Windows(x86)
Solaris
Linux(x64)
Linux(x86)
Linux(Itanium)
PRIMECLUSTER GL for SAP HANA(R)  注3-3 ネットワーク伝送路の冗長化を実現するためのネットワーク多重化機能を提供するソフトウェア Linux(x64)
PRIMECLUSTER GLS for SAP HANA(R)  注3-3 ネットワーク伝送路の冗長化を実現するためのネットワーク多重化機能を提供するソフトウェア Linux(x64)

(注3-1)対応機種はPRIMERGYのみです。

(注3-2)対応機種はPRIMEQUESTのみです。

(注3-3)PRIMECLUSTERの版数によって製品名が異なります。


PRIMECLUSTERオプション製品 - 製品別 機能概要 / 対応OS一覧表
製品名 機能概要 対応OS
PRIMECLUSTER GL GS連携オプション  注3-4 グローバルサーバ/PRIMEFORCEとのネットワーク伝送路を二重化するオプションソフトウェア Solaris
Linux(x64)
PRIMECLUSTER GLS GS連携オプション  注3-4 グローバルサーバ/PRIMEFORCEとのネットワーク伝送路を二重化するオプションソフトウェア Solaris
Linux(x64)
Linux(x86)
PRIMECLUSTER GD Snapshot  注3-4 共用ボリュームの複製を瞬時に作成し、バックアップや他の業務で利用可能にするオプションソフトウェア Solaris
Linux(x64)
PRIMECLUSTER GDS Snapshot  注3-4 共用ボリュームの複製を瞬時に作成し、バックアップや他の業務で利用可能にするオプションソフトウェア Solaris
Linux(x64)
Linux(x86)
Linux(Itanium)
PRIMECLUSTER GD I/O Monitor Option  注3-5 物理環境においてディスク異常時でも一定時間内のI/O応答を保証するオプションソフトウェア Solaris
Linux(x64)
PRIMECLUSTER Wizard for Oracle Oracleデータベースの異常を監視し、クラスタシステム上でOracleデータベースの高信頼化を実現するオプションソフトウェア Solaris
Linux(x64)
Linux(x86)
Linux(Itanium)
PRIMECLUSTER Wizard for NAS PRIMECLUSTERの共用ディスク装置としてETERNUS NR1000Fを使用するためのオプションソフトウェア Solaris
Linux(x64)
Linux(x86)
Linux(Itanium)
PRIMECLUSTER Wizard for NetVault NetVaultの異常を監視し、クラスタシステム上でNetVaultの高信頼化を実現するオプションソフトウェア Linux(x64)
Linux(x86)
Linux(Itanium)
PRIMECLUSTER Wizard for NetWorker NetWorkerの異常を監視し、クラスタシステム上でNetWorkerの高信頼化を実現するオプションソフトウェア Solaris
Linux(x64)
Linux(x86)
PRIMECLUSTER Wizard for PowerGres Plus PowerGres Plusの異常を監視し、クラスタシステム上でPowerGres Plusの高信頼化を実現するオプションソフトウェア Linux(x64)
Linux(x86)
PRIMECLUSTER Wizard for SAP HANA(R) SAP HANA(R)の異常を監視し、クラスタシステム上でSAP HANA(R)の高信頼化を実現するオプションソフトウェア Linux(x64)

(注3-4)PRIMECLUSTERの版数によって製品名が異なります。

(注3-5)SPARC M12/M10 または PRIMEQUEST で動作します。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)