GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software Linkexpress
特長

Linkexpressは富士通のファイル転送製品で最も実績のあるDTS、DB-EXPRESSを統合し機能強化した製品です。
Linkexpressはメインフレーム、UNIX及びPC等のプラットフォームや、TCP/IP、FNA等のプロトコル、ファイルやEnterprise Postgres、Symfoware Server、Oracle Database、SQL Server等のデータベースを豊富にサポートしていますので、既存資産に対応したファイル転送業務、構築から運用までを簡単・確実・スピーディーに実現する製品です。

インターネットをはじめ様々なネットワーク環境に対応可能な高速・高信頼なファイル転送

様々なネットワーク環境やSAN(Storage Area Network)に対応し、アーカイブ転送機能等による高速かつ大容量の転送を実現します。また大きな特長として、FTPプロトコルの信頼性を向上させたFTP拡張プロトコルにより、高信頼な転送を実現します。さらに、Linkexpress未搭載サーバとの通信も業界標準のFTPおよびHTTPS / HTTPプロトコルにより実現できます。


高速・高信頼なファイル転送を実現する主な機能
高速・高信頼な通信プロトコル , データ圧縮 , 送達確認/自動リトライ/途中再送 , ファイアーウォール対応 , IPv6対応

業務アプリケーションとのシームレスな連携による多彩なデータ連携業務を実現

ファイル転送にともなう業務アプリケーションの自動起動と、実行結果の確認ができます。また、業務定義画面からファイル転送や業務アプリケーション起動などを定義するだけで、容易にデータ連携業務を構築できます。


多彩なデータ連携業務を実現する主な機能
自側ジョブ起動、相手側ジョブ起動と結果通知 , コード変換

データ連携の運用管理を業務監視画面で実現

業務監視画面により、業務の状態が視覚的に監視できます。また、業務起動の日次 / 週次 / 月次 / 休止日設定などのスケジュール機能により、管理者の負担を軽減します。


業務監視画面での運用管理を実現する主な機能
業務監視GUI , 自動スケジュール

マルチプラットフォーム、DWH、異種データベース間でのレプリケーションを実現

データベースの複製をリモートサイトのサーバに構築することで低速回線を経由したアクセスやアクセス集中によるパフォーマンス劣化を防ぐことができます。また、データ配布/集約やデータバックアップ、データウェアハウス構築などができます。さらに、PCサーバ、UNIXサーバやメインフレームなどマルチプラットフォーム間のレプリケーション、Enterprise PostgresやSymfoware Serverから他社データベースへのレプリケーションが行えます。


レプリケーションを実現する主な機能
完全複写 / 高速複写 , マルチプラットフォーム対応 , 異種データベース対応

迅速なデータ分析を支援するデータウェアハウスを容易に構築

基幹データベースにある日々発生するデータを部門データベース(データマート)上で情報・知識の形に変換し、タイムリ-、かつ、効率化を図るための意志決定を支援する総合的なシステムであるデータウェアハウスを容易に構築できます。Linkexpressは、基幹システムのデータベースからデータマートのデータベースにデータを格納します。基幹データベースとしてはEnterprise PostgresやSymfoware Serverはもちろん、AIM/DBやVSAM / SAMファイルをサポートしています。また、データマートとしてはEnterprise PostgresやSymfoware Serverをはじめ、ISVのOracle Database、SQL Serverをサポートしています。


データウェアハウス構築を実現する主な機能
データ格納 , データ編集

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)