分散システムのファイル転送とDBレプリケーションFUJITSU Software Linkexpress
機能 - 異環境とのレプリケーション -

Linkexpressは富士通のファイル転送製品で最も実績のあるDTS、DB-EXPRESSを統合したうえで機能強化した製品です。メインフレーム、UNIXおよびPCなどのプラットフォームや、TCP/IP、FNAなどのプロトコル、ファイルやEnterprise Postgres、Symfoware Server、Oracle Database、SQL Serverなどのデータベースを豊富にサポートしていますので、既存資産に対応したファイル転送業務、構築から運用までを簡単・確実・スピーディーに実現する製品です。

完全複写 / 高速複写

Linkexpressは、完全複写と高速複写(差分複写)の二つのレプリケーション方式をサポートします。完全複写は、レプリケーション対象となるすべてのデータを一括してレプリケートする方式です。これに対して、高速複写は、更新されたデータだけを取り出してレプリケートする方式です。差分データだけの反映のため、高速に複製を作成することができます。

マルチプラットフォーム対応

基幹IAサーバ、UNIXサーバ、PCサーバ上のEnterprise Postgres間やSymfoware Server間で相互にレプリケーションを行うことができます。また、メインフレーム上のSymfoware Server(またはRDBII)とのレプリケーションもできます。

異種データベース対応

メインフレームを含む、すべてのプラットフォームのEnterprise PostgresやSymfoware Serverからデータを抽出し、OracleやSQL Serverといった他社データベースへ格納することができます。さらにUNIXサーバでは、Oracle抽出機能により、Oracleから抽出したデータをすべてのプラットフォームのSymfoware Serverへ格納することができます。メインフレームとのレプリケーションでは、AIM/DBやVSAMといったデータベース以外のリソースからのデータ抽出も行えるので、レガシーデータを活用したデータウェアハウスの構築に威力を発揮します。

Linkexpress に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
Linkexpress Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ