GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software DatacloningWizard
Linux のEXT2/EXT3区画のバックアップ時に一部のファイルが欠落する不具合に対する対応

LinuxのファイルシステムであるEXT2/EXT3区画のバックアップ/コピーを行うと、条件により、一部の有効なファイルがバックアップ/コピーされないという不具合があります。

現象

LinuxのファイルシステムであるEXT2/EXT3区画のバックアップ/コピーを行うと、一部の有効なファイルがバックアップ/コピーされない場合がある。

影響範囲

バックアップしたディスクイメージが完全でなく、一部のファイルが欠落している場合があり、リストアしてもバックアップした元の状態に戻りません。

ユーザーサイドからみた場合の影響として以下の問題が起きます。

  • バックアップしたつもりのユーザーデータがバックアップされていない
  • 欠落したファイルがシステムに対して重要なファイルである場合、起動時にエラーメッセージが表示されたり、最悪の場合はシステムが起動しなくなります。

発生条件

以下の条件を満たす場合に障害が発生します。

  1. ファイルシステムがEXT2/EXT3(注1-1)である。かつ、
  2. 「使用域のみバックアップ」または「使用域のみコピー」の機能を指定してバックアップまたはコピーした場合。かつ、
  3. Linuxシステムで同一ディレクトリ上でファイルが大量に作成/削除された状態のシステムをバックアップ/コピーした場合。

ソフトウェアからの操作としては、ファイルまたはネットワーク経由のサーバへのバックアップと、ディスクからディスクへのコピーを行った場合に発生します。
バックアップ/コピー/リストアのいずれの処理においても、操作自身はエラーになりません。

なお、RedHat Advanced Server 2.1システムでは、標準的なインストールを行った後に富士通推奨のシステムに変更するためのパッチ適用作業を行うと本現象が発生します。また、この状態のシステムをバックアップしたイメージファイルをリストアした場合、リストア処理自身はエラーとはなりませんがシステムとして必要なデータがリストアされていない可能性があるため不整合がおき、最悪の場合システムが正常に起動しなくなる場合があります。

障害が発生する製品およびバージョンレベル

  • DatacloningWizard V2.1L10
  • DatacloningWizard V2.2L10A

(備考)2003年4月出荷開始の以下の最新版製品ではこの問題は修正されており、発生しません。

  • DatacloningWizard V2.3L10

対応

既存製品についての修正パッケージを提供しております。製品を購入された際の販売会社、または当社の担当営業・SEにお問い合わせください。

  • 【パッケージ名】
    TP15323
    【対象製品】
    DatacloningWizard V2.1L10
  • 【パッケージ名】
    TP05323
    【対象製品】
    DatacloningWizard V2.2L10A

(注1-1)DatacloningWizard V2.1/V2.2 ではEXT3区画に対する≪使用域のみ≫の処理はサポートしておりません。
これらのバージョンのソフトウェアを用いてEXT3区画をバックアップ/コピーすると、EXT2区画としてバックアップ/コピーし、EXT3ファイルシステムとしてみた場合に不整合が起きる場合があります。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)