GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software DatacloningWizard
DOS用CD-ROMドライバの入手方法

注意事項

2005年10月以降よりFMVシリーズのリカバリCDはWinPEベースになりました。 このため、リカバリCDからDOS用CD-ROMドライバを入手することができません。
また現在発表中のPRIMERGYにおいても、DOS用CD-ROMドライバが添付されていないため、ServerStartのCDから入手することができません。
ご使用になっているCD-ROMドライブのベンダから、DOS用CD-ROMドライバが提供されているか確認してください。
尚、ベンダよりDOS用CD-ROMドライバが提供されていない場合、DOSからCD-ROMドライブを認識する方法がありません。
この場合、リカバリCDの作成はできませんので、あらかじめ御了承ください。

対象製品


  • DatacloningWizard V5.1
  • DatacloningWizard V5.0
  • DatacloningWizard V2.3

リカバリCDの作成に必要となるCD-ROMドライバは、以下のいずれかの方法で入手可能です。

ServerStartから入手(過去に発表されたPRIMERGYをご使用の場合)


ServerStartのCDにある、「MTMCDAI.SYS」がCD-ROMドライバです。

【例】CD-ROMのドライブ名が D: の場合、以下の場所にCD-ROMドライバが存在します。

D:\DRIVERS\atapi\MTMCDAI.SYS

リカバリCDから入手(2005年10月以前のFMVシリーズをご使用の場合)


リカバリCDからは、2通りの方法で入手可能です。「OAKCDROM.SYS」がCD-ROMドライバです。

(方法1) リカバリCD-ROM起動ディスクを作成して、CD-ROMドライバを取り出す場合

  1. 空のフロッピーディスクを用意し、「D:\Fjuty\mkbfd.exe」(CD-ROMのドライブ名が D: の場合)を実行して、リカバリCD-ROM起動ディスクを作成します。
  2. リカバリCD-ROM起動ディスク内に「OAKCDROM.SYS」が作成されています。

(方法2) リカバリCDを起動して、CD-ROMドライバを取り出す場合

  1. リカバリCDからCDブートします。CDブートしない場合は、BIOS設定の起動順序を確認してください。
  2. リカバリを開始せず、すぐに終了します。すると、コマンドラインに戻ります。
  3. A:ドライブに「OAKCDROM.SYS」があるので、B:ドライブ(通常起動時は、A:になっているドライブです)に空のフロッピーディスクを挿入し、フロッピーディスクにコピーします。

    A:\> copy A:\OAKCDROM.SYS B:

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)