サーバー導入型ホスト端末エミュレーターFUJITSU Software WSMGR for Web
機能 - メインフレーム操作を可視化 -

WSMGR for Webは、パソコンやスマートデバイスのウェブブラウザーから富士通製ホストコンピューターやIBM製ホストコンピューターに接続して基幹業務を実施することができる製品です。さらに、インターネット環境からSSL暗号化通信による接続をサポートしているため、外出先などからホストコンピューターへアクセスできます。

ユーザー操作履歴の記録

情報漏えい対策の一環に利用できるよう、ユーザーが行ったディスプレイエミュレーターの入力操作をWebサーバに記録します。クライアントが操作履歴の記録が改竄することを防ぐため、ユーザー操作履歴の記録はWebサーバーで行われます。ユーザー操作と業務画面の表示内容も同時に記録します。管理者は、誰が・いつ・どの端末で・どの画面に対して・どのような操作を行ったかをログビューアーを使って参照することができます。情報漏えい対策や、誤操作に起因するトラブルの原因追究に利用できます。また、ファイル転送(FIMPORT / FEXPORT)など任意のコマンド入力をリアルタイムに監視したり、利用者で禁止された入力操作が行われた場合に、その場でセッションを強制切断し、イベントログに記録することもできます。

ユーザー操作履歴の記録の説明図

  • ご注意
    本機能を利用する場合は、HTMLモード、またはHTTPトンネリング機能による運用が必須です。

ディレクトリー認証

Active Directoryなどディレクトリーサービスの認証を利用したログオン認証が使用できます。これによりWSMGR for Web独自のパスワード管理が不要になります。クライアントからログオン要求を受けたWSMGR for Web サーバーは、LDAPを使用してディレクトリーサービスと通信し、認証を行います。本機能ではLDAP V3.0に準拠したディレクトリー認証処理を行います。LDAPS(LDAP over SSL)での接続も可能です。

ディレクトリー認証の説明図

OLEオートメーション機能

OLEオートメーションを利用して、Visual Basic for Application(以降VBAと省略)とデータ連携を行えます。 例えば、Microsoft ExcelなどのVBAからWSMGR for Webのホストコンピューター画面とデーター連携できます。OLEオートメーションはWSMGRのConnectX OLEオートメーションと互換性が高いため、WSMGR用に作成されたVBAアプリケーションなどを簡単な変更で利用することができます。

OLEオートメーション機能の説明図

WSMGR for Web に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
WSMGR for Web Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問い合わせ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ