サーバー導入型ホスト端末エミュレーターFUJITSU Software WSMGR for Web
機能 - システム間連携 -

WSMGR for Webは、パソコンやスマートデバイスのウェブブラウザーから富士通製ホストコンピューターやIBM製ホストコンピューターに接続して基幹業務を実施することができる製品です。さらに、インターネット環境からSSL暗号化通信による接続をサポートしているため、外出先などからホストコンピューターへアクセスできます。

API機能

WSMGR for Webにオプション製品の「WSMGR for Web APIサポート」を追加インストールすることで、メインフレームと接続し各種連携業務を行うためのアプリケーションを作成することができます。従来の基幹業務のソフトウェア資産に手を加えずに、メインフレームとWebアプリケーションを連携させた新サービスが容易に実現できます。

Web API(REST API)機能

メインフレームの業務画面の遷移関係をシナリオとして定義化することで、メインフレームの業務画面をオブジェクト化し自動実行することができます。WSMGR for Webで提供されるシナリオ作成支援ツール「スクリプトエディター」によりGUI操作で、メインフレームの画面操作を記録し、記録した画面からシナリオを自動生成できます。作成したシナリオをWeb APIとして公開し、ユーザーアプリケーションよりREST(Representational State Transfer)で呼び出すことができます。シナリオ経由でメインフレーム上の操作が自動実行され、各画面の任意の領域をJSON(JavaScript Object Notation)データとして取得できます。また、コマンド実行ツールを利用して、コマンドラインやバッチファイルからシナリオを実行し、結果をExcelシートやCSVファイルとして取得できます。

サーバーAPI機能

サーバー上のアプリケーションからWSMGR for Webのマクロ機能と同等の処理を提供し、定型のオペレーター操作の自動化や繰り返し処理によるオペレーターの操作を軽減することができます。サーバーAPIはVisual BasicやC#などの.NET Framework用の言語を用いて記述します。

WSMGR for Web に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
WSMGR for Web Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問い合わせ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ