GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software WSMGR for Web
V8.0 強化ポイント

索引

V8.0.0における強化ポイント

ユーザー操作ログ機能の強化

メインフレームの情報漏えい対策を強化しました。

  • エミュレータ操作の監視機能として、従来のキーボード入力の監視に加え、ホスト画面に特定の文字列が表示されるのを監視できるようになりました。また監視条件を満たした場合にメッセージを表示したり、強制的にエミュレータを終了させたりすることができます。
  • ユーザー操作ログビューアでログの再現画面の特定の領域をマスキング表示できるようになりました。マスキングの設定を行うと、再現画面上の文字列が「*」に置き換えられて表示されます。ログ上の個人情報などのセキュリティ対策として有効です。

HTMLモードの操作性の向上

HTMLモードのエミュレータの操作性が向上しました。

  • 矩形選択によるコピー&ペースト
  • スラッシュ付きの半角数字「ゼロ」のサポート(数字の0と英字のOの区別が容易になります)
  • メモ帳を使ったマクロの編集に対応
  • 入力アシスト部品の表示位置の最適化(部品の位置に応じて候補リストが最適な場所に表示されます)

オプション製品の提供

WSMGR for Web の機能を拡張する専用のオプション製品を提供します。

  • WSMGR for Web APIサポート
    WSMGR for Webに追加インストールすることで、WSMGR for WebでAPI機能を利用することができます。
  • WSMGR for Web LBPサポート
    WSMGR for Web に追加インストールすることで、FMLBP114印刷機能、F6671印刷機能を利用することができます。

ライセンス管理機能提供

お客様によるライセンス管理を支援し、適正なライセンス運用を可能とするためにライセンス管理機能を提供します。ライセンス管理画面により、ライセンスの購入数に応じた接続可能数、および使用中の接続数をWSMGR for Webの管理画面に表示します。ライセンス不足が発生した場合は、警告メッセージやイベントログを出力することができます。

サイレントインストールに対応

従来のGUIベースのインストールに加え、コマンドラインによるサイレントインストールに対応しました。インストールの途中で、対話形式の情報入力を行わずにインストールすることができます。インストール時のパラメーターはCSVファイルで指定できます。

Windows Server 2016対応

サーバの動作環境としてWindows Server 2016 に対応しました。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)