GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software WSMGR
機能

機能説明

ホットスポット機能

ホットスポット機能では、マクロやPFキーなどを画面上の文字列に割り当てることによって、この文字列をマウスでクリックするだけで割り当てられた機能を実行できます。
また、画面上の文字列をダブルクリックすることによって、ダブルクリックを行った文字列をカーソル位置に貼り付けて実行することや、カーソルを移動し実行するといったオペレーター業務の軽減が可能です。
ホットスポットが有効になっている位置では、文字が下線付きで表示され、ホットスポットの位置にマウスポインタを移動させるとマウスポインタの形状が手の形に変化します。このとき状態表示行に動作説明を表示させることができます。

ホットスポット機能
  • 機能キーへの割り当て機能
    エミュレータ画面に表示されているPF1~PF24、F1~F24、PA1~PA3、実行/ENTERの文字列の位置をホットスポット化し、マウスのクリックでPFキー、PAキー、実行キーをホストに送信します。
  • マクロへの割り当て機能
    プロファイルであらかじめホットスポット化する文字列と実行するマクロを関連付けておくことにより、エミュレータ画面に設定した文字が表示されると、その位置がホットスポットになります。そこでマウスをクリックすると関連付けられたマクロが実行されます。
  • マウスのダブルクリック動作の指定機能
    エミュレータ画面上でダブルクリックすることにより、カーソルをダブルクリックしたフィールドの先頭に移動し、ホストに実行キーを送信します。
    また、文字列上でダブルクリックするとカーソル位置にその文字列を貼り付け、ホストに実行キーを送信します。
マルチホストエミュレーション機能

WSMGRは、複数の富士通ホストとのマルチホスト接続/マルチ接続が可能です(ディスプレイ × 4LU、プリンタ × 1LU)。

Windowsに対応したユーザーインターフェース

Windowsのデスクトップ操作をWSMGRでも利用でき、表計算ソフトウェアやワープロなどのツールと同時に操作できます。また、カット・アンド・ペーストなどの機能によりアプリケーション間でのデータ連携も行うことができます。

セットアップウィザード

セットアップウィザードを利用することにより簡単にエミュレータのセットアップを行うことができます。セットアップウィザードは必要最小限の情報を順番に設定するだけでWSMGRをはじめてお使いになる方でも簡単に設定できます。

マクロ機能

画面へのキー入力をファイルに記録して実行したり、マクロ定義ファイルを編集することにより定型業務を簡単に自動化することができます。マクロでは自由にダイアログボックスを作成することもできますので、業務にあったマクロを作成することができます。

キーボードカスタマイズ機能

エミュレーションキー(PFキー/ENTERキーなど)を自由に変更することが可能です。また、キーを使用禁止(キーを押しても動作しない)にすることもできますので、定型業務での誤操作防止に役立てることもできます。

ディスプレイカスタマイズ

ディスプレイカスタマイズ機能を使用することにより、自由に表示フォントの変更や表示色の変更を行うことができます。

プリンタエミュレーション

WSMGRはGDIによる印刷を行うため、Windowsで利用できるプリンタをホストプリンタとしてご利用できます。また、印刷データをテキストファイルとして出力することもできるので、他のアプリケーションで自由に加工することも可能です。

FMLBP114端末機能/F6671プリンタエミュレーション

WSMGR LBPサポート(オプション)ではFMLBP114端末機能とF6671プリンタエミュレーションを利用できます。フォームオーバーレイ印刷やLPモード印刷、グラフ印刷など多様な印刷に対応することが可能です。

磁気カードリーダ・バーコードリーダ対応

WSMGRでは以下の磁気カードリーダ・バーコードリーダをサポートしています。

  • 富士通製 磁気カードリーダ(FMV-MCR112)
  • 富士通製 バーコードタッチリーダ(FMV-BCR212, FMV-BCR213)
API機能(オプション)

ディスプレイエミュレータのキー入力、画面の読取り、ファイル転送などの操作を利用者アプリケーションから行えます。ホスト端末の操作性にとらわれることなくホストと対話できます。

機能一覧

  • F6680エミュレーション機能(入力・表示・印刷)
  • 日本語処理機能
  • 接続形態・接続相手の選択
  • マルチLU(ディスプレイ4LU・プリンタ1LU)サポート
  • 即時変更機能
  • 制御キーの設定/変更機能
  • 表示カラー選択機能
  • ファイル転送機能
  • マクロによる自動実行機能
  • 磁気カードリーダ・バーコードリーダ入力機能
  • マウスによるライトペンの代行機能
  • JEF拡張漢字の表示・印刷機能(F6680エミュレーションのみ)
  • F6683のグラフィック表示機能
  • OLEオートメーション機能
  • 運用ツール(WSMGR動作環境の保存/復元、FNA Serverと連携したクライアントリソースの配布)
  • IPv6対応
  • ターミナルサービス、XenApp対応

対応接続(対ホスト接続)

  • 接続形態は通信制御サービスのバージョンに依存します。

本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)