ホスト端末エミュレーターFUJITSU Software WSMGR
機能 - Webブラウザーとの連携 -

WSMGRは、富士通製ホストコンピューターとWindows PCを接続して、F6682ディスプレイ、F6685プリンターと同様の機能をWindows上で利用することができる製品です。

ホットスポット機能

ホットスポット機能では、マクロやPFキーなどを画面上の文字列に割り当てることによって、この文字列をマウスでクリックするだけで割り当てられた機能を実行できます。また、画面上の文字列をダブルクリックすることによって、ダブルクリックを行った文字列をカーソル位置に貼り付けて実行することや、カーソルを移動し実行するといったオペレーター業務が軽減できます。ホットスポットが有効になっている位置では、文字が下線付きで表示され、ホットスポットの位置にマウスポインターを移動させるとマウスポインターの形状が手の形に変化します。このとき状態表示行に動作説明を表示させることができます。

ホットスポット機能

機能キーへの割り当て機能

エミュレーター画面に表示されている「PF1」から「PF24」、「F1」から「F24」、「PA1」から「PA3」および「実行 / ENTER」の文字列の位置をホットスポット化し、マウスのクリックでPFキー、PAキー、実行キーをホストに送信します。

マクロへの割り当て機能

プロファイルであらかじめホットスポット化する文字列と実行するマクロを関連付けておくことにより、エミュレーター画面に設定した文字が表示されると、その位置がホットスポットになります。そこでマウスをクリックすると関連付けられたマクロが実行されます。

マウスのダブルクリック動作の指定機能

エミュレーター画面上でダブルクリックすることにより、カーソルをダブルクリックしたフィールドの先頭に移動し、ホストコンピューターに実行キーを送信します。また、文字列上でダブルクリックするとカーソル位置にその文字列を貼り付け、ホストコンピューターに実行キーを送信します。

カタログ・ご紹介資料で詳しく知る

WSMGR に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
WSMGR Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問い合わせ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ