ホスト端末エミュレーターFUJITSU Software WSMGR
機能 - ユーザーアプリケーションとの連携 -

WSMGRは、富士通製ホストコンピューターとWindows PCを接続して、F6682ディスプレイ、F6685プリンターと同様の機能をWindows上で利用することができる製品です。

API機能

オプション製品の「WSMGR APIオプション」と組み合わせることで、ディスプレイエミュレーターのキー入力、画面の読み取り、ファイル転送などの操作を利用者アプリケーションから行えます。端末の操作性にとらわれることなくホストコンピューターと対話できます。

WSAPI

富士通製ホストコンピューターとのホスト連携プログラムを構築するための4つのAPIを提供します。

WSMGRCTLインターフェイス

ホストコンピューターとの接続、切断、WSMGRの状態の通知などを行うインターフェイスです。

キー入力 / 画面表示インターフェイス

エミュレーター機能の表示画面データをコード化して通知します。また、エミュレーターのキーを押下する代わりにアプリケーションからキーを通知する事もできます。この機能を使用することによりホストコンピューター側を変更することなく、PC側のユーザーインターフェイスを自由に構築できます。

DUETファイル転送インターフェイス

アプリケーションから指定したファイルの送受信が行えるインターフェイスです。

DUET会話インターフェイス

ホストアプリケーションとの会話機能を提供するインターフェイスです。

ActiveX / OCXインターフェイス

DSPEMU / PRNEMUと連携し、キー入力・画面データの取り出し・ファイル転送などをアプリケーションからコントロールすることができます。

カタログ・ご紹介資料で詳しく知る

WSMGR に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
WSMGR Webページにおきまして、各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問い合わせ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ