GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software OASYS
他製品への移行

OASYS文書を他製品で扱えるようにするための変換方法、留意事項についてご案内します。

OASYS V10のサポート期限終了後も表示/印刷/編集が必要なOASYS文書については、OASYS以外の文書に移行していただくようお願い致します。下記のとおり、移行後の文書の用途に応じて移行方法を選択してください。

移行後に編集を行わない場合(表示/印刷のみ)

OASYS文書をPDFに変換する方法を説明します。移行後、編集を行わない場合におすすめです。

【変換方法】

  1. [ファイル]メニューの[印刷]を選択する。
  2. [OASYS:印刷指定]画面の[プリンタ名]のドロップダウンリストから[acrobat]または[Microsoft Print to PDF]を選択する。(注1)
  3. [OASYS:印刷指定]画面の[便利な機能]ボタンをクリックする。
  4. [便利な機能]画面の[印刷オプション]タブをクリックする。
  5. [PostScriptまたはPDFへ出力する]にチェックをつける。(注2)
  6. [便利な機能]画面の[OK]ボタンをクリックする。
  7. [OASYS:印刷指定]画面の[OK]ボタンをクリックする。
  8. [印刷結果を名前を付けて保存]画面で格納先およびファイル名を指定する。
  9. [印刷結果を名前を付けて保存]画面の[保存]ボタンをクリックする。

(注1) [OASYS:印刷指定]画面の[プリンタ名]のドロップダウンリストに[acrobat]または[Microsoft Print to PDF]の項目が表示されない場合は、PDF編集ソフトがインストールされていません。
AcrobatまたはMicrosoft Print to PDFをインストールしてください。

(注2) 以下の手順に従い、環境設定にて[PostScriptまたはPDFへ出力する]の項目をチェックすることにより、上記変換手順の3.~6.が省略できます。

  1. [ツール]メニューの[環境設定]-[印刷]を選択する。
  2. [環境設定(印刷)]画面の[印刷オプション]タブをクリックする。
  3. [PostScriptまたはPDFへ出力する]にチェックをつける。

【変換例】
サンプルは こちら

移行後に編集が必要な場合

パターン1:Word文書に変換

OASYS文書をWord文書に変換する方法を説明します。Word文書へ変換後、図や表、レイアウトが正しく変換されない場合がありますので、修正作業が必要となります。

【変換方法】

  1. [ファイル]メニュから[名前を付けて保存]を選択する。
  2. [書類リスト<保存>]画面の[ファイルの種類]のドロップダウンリストから[Word 97~2002]を選択する。(注3)
  3. [書類リスト<保存>]画面で格納先およびファイル名を指定する。
  4. [書類リスト<保存>]画面の[OK]ボタンをクリックする。(注4)

(注3) [書類リスト<保存>]画面の[ファイルの種類]のドロップダウンリストに[Word 97~2002]の項目が表示されない場合は、[他形式文書変換]機能が無効となっています。
以下の手順に従い、[他形式文書変換]機能をインストールしてください。

  1. [コントロールパネル]-[プログラム]-[プログラムと機能]の画面を表示する。
  2. プログラムの一覧から[OASYS V10]を選択する。
  3. [変更]のメニューをクリックする。※OASYSのセットアップが起動します。
  4. [次へ]のボタンをクリックする。
  5. [変更]を選択し、[次へ]のボタンをクリックする。
  6. リスト内の以下の機能のアイコンをクリックし、[この機能をローカルのハードディスクドライブにインストールします。]を選択する。
    [OASYS V10]-[文書作成支援機能]-[他形式文書変換]-[Word 97~2002]
  7. [次へ]のボタンをクリックする。
  8. [セットアップ]のボタンをクリックする。

(注4) [他形式文書変換]のプログラムがインストールされていない場合、OASYS V10のプログラムディスク挿入の要求が出ます。画面に指示に従ってプログラムをインストールしてください。

OASYS文書からWord文書に変換した場合の、各機能の変換結果対応表は こちら

【変換例】
サンプルは こちら

パターン2:テキスト文書に変換

OASYS文書をテキスト文書に変換する方法を説明します。テキスト文書へは文字のみ変換されます。レイアウトは修正作業が必要となります。

【変換方法】

  1. [ファイル]メニューから[名前を付けて保存]を選択する。
  2. [書類リスト<保存>]画面の[ファイルの種類]のドロップダウンリストから[テキスト(*.*)]または[Unicodeテキスト(*.*)]を選択する。
  3. [書類リスト<保存>]画面で格納先およびファイル名を指定する。
  4. [書類リスト<保存>]画面の[OK]ボタンをクリックする。

【変換例】
サンプルは こちら