GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Software HOST PRINT
よくあるご質問(FAQ) 回答一覧

導入に関するご質問

Q

グローバルサーバとFNAプロトコルで通信する場合、必要なソフトウェアは何ですか?

A

動作させるOSによって、各製品のサポートV/Lが異なります。
関連製品の対応OSを事前にご確認ください。

HOST PRINT V7.2の場合

[64ビット版OS上で利用する場合]

  • 通信制御サービス(64bit) V7.1L25以降
  • FNA Server(64bit) V7.2L10以降

[32ビット版OS上で利用する場合]

  • 通信制御サービス V7.1L25以降
  • FNA Server V7.1L10以降

HOST PRINT V6.5の場合

  • 通信制御サービス V6.0以降
  • FNA Server V6.0以降

「HOST PRINT V6.5」は、2016年3月31日をもって販売を終了いたしました。


Q

グローバルサーバとTCP/IPプロトコルで通信する場合、必要なソフトウェアは何ですか?

A

動作させるOSによって、各製品のサポートV/Lが異なります。
関連製品の対応OSを事前にご確認ください。

HOST PRINT V7.2の場合

[64ビット版OS上で利用する場合]

  • Linkexpress V5.0L11以降 注1-1
  • Interstage Charset Manager V9.3.0以降 注1-1

[32ビット版OS上で利用する場合]

  • Linkexpress V5.0L11以降
  • Interstage Charset Manager V9.1.0以降

HOST PRINT V6.5の場合

  • Linkexpress V2.1以降
  • Interstage Charset Manager V6.0以降

「HOST PRINT V6.5」は、2016年3月31日をもって販売を終了いたしました。

(注1-1)64ビット版OS上で動作する場合、WOW64(Windows 32-bit On Windows 64-bit)サブシステム上で、32ビットアプリケーションとして動作する必要があります。


仕様に関するご質問

Q

グローバルサーバとの接続パスは最大いくつまで定義できますか?

A

HOST PRINT V7.2の場合
FNAプロトコルの場合、最大接続数は255LUです。
ただし、32LUを超える設定をする場合は、超過する1LU毎に1つずつLU追加ライセンスの購入が必要です。
TCP/IPプロトコルの場合、グローバルサーバ側のDTSの定義に従います。

HOST PRINT V6.5の場合
FNAプロトコルの場合、最大接続数は32LUです。
TCP/IPプロトコルの場合、グローバルサーバ側のDTSの定義に従います。

「HOST PRINT V6.5」は、2016年3月31日をもって販売を終了いたしました。


Q

オーバーレイに関して、注意事項があれば教えてください。

A

FMLBP114モードでは、KOL2、KOL5形式を、F6671モードでは、2形式に加えてKOL1形式のフォームオーバーレイをサポートします。

(注1-2)KOL2、KOL5形式のオーバーレイ中の1バイト文字コードは利用できません。

(注1-3)VSPに印刷する場合は、KOL1形式以外は利用できません。


Q

メール配信機能に関して、注意事項があれば教えてください。

A

MAPIを利用して実現しており、Microsoft Outlook 2000が必要です。

(注1-4)Microsoft Outlook 2000 Service Pack2からMAPIの仕様変更があり、利用できなくなりましたので、適用しないでください。

(注1-5)Microsoft Outlook 2000以外のOutlookシリーズやOutlook Expressは利用できません。


Q

複数のグローバルサーバから印刷できますか?

A

複数のグローバルサーバから印刷できます。
ただし、オーバーレイやユーザ定義文字をグローバルサーバごとに切り替えることはできません。


本製品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)