GTM-MML4VXJ
Skip to main content

技術情報 : Si-R/Si-R brinシリーズ設定例

(NTT東日本 / NTT西日本 フレッツ光ネクスト)

IPv6インターネット接続(PPPoE)

IPv6 PPPoE接続でインターネットに接続する設定例です。

ISPが提供するインターネットサービスのみ利用可能です。ISP提供のインターネットサービスとNTT東日本・NTT西日本提供のNGNサービスを併用するためには、別途「IPv6トンネル対応アダプタ」が必要になります。

対象機種と版数

  • Si-R Gシリーズ V2.00以降

設定内容

  • Si-R Gのether 1 1をWAN側、ether 2 1-4をLAN側とします。
  • WAN側は、PPPoEで/56のアドレス空間が割り当てられるとします。
  • LAN側は、RAで/64のアドレス空間を割り当てるとします。
  • WAN側でDHCPクライアント機能を有効にします。
  • LAN側でDHCPサーバ機能を有効にします。
インターネットの設定例のイメージ図です

設定例

  • id@ispにはSi-R GのISPのIDを設定してください。
  • pwd@ispにはSi-R GのISPのパスワードを設定してください。

Si-R G設定例

ether 1 1 flowctl off off

ether 1 1 vlan untag 1

ether 1 2 use off

ether 2 1-4 flowctl off off

ether 2 1-4 vlan untag 2

lan 1 ipv6 use on

lan 1 ipv6 address 0 dhcp@rmt0::/64

lan 1 ipv6 ra mode send

lan 1 ipv6 ra flags c0

lan 1 ipv6 ra prefix 0 dhcp@rmt0::/64 infinity infinity c0

lan 1 ipv6 dhcp service server

lan 1 ipv6 dhcp server info address dhcp@rmt0::1000 300 30d 7d

lan 1 ipv6 dhcp server info dns dhcp@rmt0

lan 1 ipv6 dhcp server info sntpserver dhcp@rmt0

lan 1 vlan 2

remote 0 name internet

remote 0 mtu 1454

remote 0 ap 0 name pppoe

remote 0 ap 0 datalink bind vlan 1

remote 0 ap 0 ppp auth send id@isp pwd@isp

remote 0 ap 0 keep connect

remote 0 ipv6 use on

remote 0 ipv6 route 0 default 1 1

remote 0 ipv6 filter 0 pass acl 0 any

remote 0 ipv6 filter 1 pass acl 1 any

remote 0 ipv6 filter 2 pass acl 2 any

remote 0 ipv6 filter default spi 5m

remote 0 ipv6 dhcp service client

remote 0 ipv6 dhcp client option na off

remote 0 ipv6 dhcp client option pd on

syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

time zone 0900

consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

acl 0 ipv6 any any 17 any

acl 0 udp any 67

acl 1 ipv6 any any 58 any

acl 1 icmp any any

acl 2 ipv6 any any 17 any

acl 2 udp any 546

terminal charset SJIS

解説

Si-R G設定解説

ether 1 1 flowctl off off

ether1 1ポートでフロー制御機能を無効にします。


ether 1 1 vlan untag 1

ether1 1ポートをTag なしVLAN1に設定します。

ether 1 2 use off

ether 1 2ポートを無効にします。


ether 2 1-4 flowctl off off

ether2 1-4ポートでフロー制御機能を無効にします。


ether 2 1-4 vlan untag 2

ether2 1-4ポートをTag なしVLAN2に設定します。


lan 1 ipv6 use on

LAN側インタフェースで、IPv6機能を有効にします。


lan 1 ipv6 address 0 dhcp@rmt0::/64

LAN側IPv6アドレスを設定します。
アドレスは、remote0で動作するDHCP clientが取得したIPv6プレフィックスを使用し、プレフィックス以下はIFIDから任意に決定されます。


lan 1 ipv6 ra mode send

RAメッセージの動作機能を送信に設定します。


lan 1 ipv6 ra flags c0

RAメッセージに含めるflagsをc0に設定します。


lan 1 ipv6 ra prefix 0 dhcp@rmt0::/64 infinity infinity c0

RAメッセージに含めるプレフィックス情報を、IPv6 DHCP クライアントが取得したプレフィックスを指定します。


lan 1 ipv6 dhcp service server

LAN1インターフェースに対して、IPv6 DHCPサーバ機能を有効にします。


lan 1 ipv6 dhcp server info address dhcp@rmt0::1000 300 30d 7d

lan 1 ipv6 dhcp server info dns dhcp@rmt0

lan 1 ipv6 dhcp server info sntpserver dhcp@rmt0

DHCP配布情報の設定をします。

  • dhcp@rmt0::1000 : 割り当て開始IPv6アドレスです。
  • 300 : 割り当てIPv6 アドレス数です。
  • 30d : IPv6アドレスが有効の状態である期間です。
  • 7d : 有効アドレスが推奨の状態である期間です。
  • dhcp@rmt0 : DNSアドレスです。
  • dhcp@rmt0 : sntpサーバアドレスです。
lan 1 vlan 2

VLAN ID とlan 定義番号の関連付けを行います。
LAN1にTag なしVLAN2を設定します。


remote 0 name internet

インターネット接続用インターフェースの名前(任意)を設定します。


remote 0 mtu 1454

フレッツ光ネクストでは、MTU長を1454byteに設定します。


remote 0 ap 0 name pppoe

アクセスポイントの名前(任意、remote nameと同じでも可)を設定します。


remote 0 ap 0 datalink bind vlan 1

インターネット向けパケットの転送先をvlan 1インターフェースに設定します。


remote 0 ap 0 ppp auth send id@isp pwd@isp
                                                                

認証ID、パスワードを設定します。


remote 0 ap 0 keep connect

インターネットへ常時接続します。


remote 0 ipv6 use on

WAN側インタフェースで、IPv6機能を有効にします。


remote 0 ipv6 route 0 default 1 1

インターネット接続用インターフェースにデフォルトルートを設定します。

  • 1 : metric値です。通常は1で構いません。
  • 1 : distance値です。通常は1で構いません。
remote 0 ipv6 filter 0 pass acl 0 any

remote 0 ipv6 filter 1 pass acl 1 any

remote 0 ipv6 filter 2 pass acl 2 any

remote 0 ipv6 filter default spi 5m

IPv6フィルタリングにより、ACLに該当する通信を透過する設定します。
ACLに該当しない通信は動的フィルタにより、内部から外部への通信と、これに対応する外部からの通信のみ透過します。


remote 0 ipv6 dhcp service client

WAN1インターフェースに対して、IPv6 DHCPクライアント機能を有効にします。


remote 0 ipv6 dhcp client option na off

IPv6 DHCPクライアントのIPv6 アドレス要求の設定をoffに設定します。


remote 0 ipv6 dhcp client option pd on

IPv6 DHCP クライアントのプレフィックス要求の設定をonに設定します。


syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

システムログ情報の出力情報/出力対象ファシリティを設定します。通常はこのままで構いません。


time zone 0900

タイムゾーンを設定します。通常はこのままで構いません。


consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

シリアルコンソール、TELNETコネクションの入出力がない場合のコネクション切断時間を設定します。通常はこのままで構いません。


acl 0 ipv6 any any 17 any

acl 0 udp any 67

acl 1 ipv6 any any 58 any

acl 1 icmp any any

acl 2 ipv6 any any 17 any

acl 2 udp any 546

アクセスリストで、DHCPを通す設定をします。

terminal charset SJIS

ターミナルで使用する漢字コードをShift JISコードに設定します。

ルータに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

資料請求・購入相談

技術お問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)