GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ネットワーク機器 >
  4. ルータ >
  5. IPアクセスルータ Si-Rシリーズ >
  6. 技術情報 >
  7. インターネットVPN >
  8. インターネットVPNでのEther over IP機能によるブリッジ接続

技術情報 : Si-R/Si-R brinシリーズ設定例

(NTT西日本 フレッツ光プレミアム インターネットVPN接続)

インターネットVPNでのEther over IP機能によるブリッジ接続


IPsecトンネル内でEther over IP機能を利用することで、Internetを仮想HUBとして利用するための設定例です。

対象機種と版数

  • Si-Rシリーズ V31以降
  • Si-R brinシリーズ V1以降

設定内容

  • LAN0側をWAN側、LAN1側をLAN側とします。
  • CTUのPPPoE機能を有効にします。
  • Si-RのLAN側に192.168.1.0/24を割り当てるとします。
  • Ether over IPブリッジ機能とIPsecを併用します。
設定例のイメージ図です

CTUの設定手順

(1)設定画面へのログイン

Webブラウザにて、CTUの設定画面へログインします。
(注)CTUは初期状態でDHCPサーバと設定されておりますので、CTUのLANポートに端末を接続して頂くと、端末には自動的にIPアドレスが払い出されます。端末の設定手順につきましてはNTT西日本より配布されます『加入者網終端装置(CTU)ガイドブック』をご参照ください。CTU設定画面へのURLは、以下の通りとなっております。
https://ctu.fletsnet.com/
最新のURLまたは端末の設定手順につきましてはNTT西日本より配布されます『加入者網終端装置(CTU)ガイドブック』をご参照ください。

(2)設定

  1. トップメニューが表示されます。
  2. 左メニューの「詳細設定」をクリックし、詳細設定画面を表示します。
  3. 「ルータ機能設定」の「PPPoE機能設定」をクリックします。
  4. 「編集」をクリックします。
  5. 機能の使用「する」を選択し、「OK」をクリックします。
  6. 「する」を選択すると自動的に接続可能セッション数には「5」が選択されます。
  7. 「戻る」をクリックし、トップ画面に戻ります。

(3)設定反映

  1. 設定した内容を反映します。
  2. 左メニューの「設定反映」をクリックします。
  3. 変更内容確認画面へ遷移します。
  4. 設定反映の前に、これまで設定した内容について確認します。
  5. 設定を確認した後に「OK」をクリックすると、確認ダイアログが表示されますので「OK」をクリックします。
  6. 設定反映が完了しました。
  7. 「ログアウト」をクリックし、ログアウトを実施します。
  8. 確認ダイアログが表示されますので「OK」をクリックします。

以上でCTUの設定は完了です。

設定例

以下の設定例を、コピー&ペーストでご利用いただくことができます。

  • id-a@ispにはSi-R_1のISPのIDを設定してください。
  • pwd-a@ispにはSi-R_1のISPのパスワードを設定してください。
  • id-b@ispにはSi-R_2のISPのIDを設定してください。
  • pwd-b@ispにはSi-R_2のISPのパスワードを設定してください。
  • sir2にはSi-R_2のIPsecのID(装置識別情報)を設定してください。
  • sir2-keyにはIPsec鍵を設定してください。

Si-R_1設定例

lan 0 mode auto

lan 1 mode auto

lan 1 ip address 192.168.1.1/24 3

lan 1 bridge use on

remote 0 name internet

remote 0 mtu 1438

remote 0 ap 0 name pppoe

remote 0 ap 0 datalink bind lan 0

remote 0 ap 0 ppp auth send id-a@isp pwd-a@isp

remote 0 ap 0 keep connect

remote 0 ppp ipcp vjcomp disable

remote 0 ip address local 10.1.1.1

remote 0 ip route 0 default 1 0

remote 0 ip nat mode multi 10.1.1.1 1 5m

remote 0 ip nat static 0 10.1.1.1 500 10.1.1.1 500 17

remote 0 ip nat static 1 10.1.1.1 any 10.1.1.1 any 50

remote 0 ip msschange 1398

remote 1 name Si-R_20

remote 1 ap 0 name ipsec

remote 1 ap 0 datalink type ipsec

remote 1 ap 0 ipsec type ike

remote 1 ap 0 ipsec ike protocol esp

remote 1 ap 0 ipsec ike encrypt aes-cbc-256

remote 1 ap 0 ipsec ike auth hmac-sha1

remote 1 ap 0 ipsec ike pfs modp1536

remote 1 ap 0 ike mode aggressive

remote 1 ap 0 ike name remote sir2

remote 1 ap 0 ike shared key text sir2-key

remote 1 ap 0 ike proposal 0 encrypt aes-cbc-256

remote 1 ap 0 tunnel local 10.1.1.1

remote 1 ap 0 sessionwatch address 172.16.1.1 172.16.1.2

remote 1 ip address local 172.16.1.1

remote 1 ip address remote 172.16.1.2

remote 10 name Si-R_21

remote 10 ap 0 name ethip

remote 10 ap 0 datalink type ip

remote 10 ap 0 tunnel local 172.16.1.1

remote 10 ap 0 tunnel remote 172.16.1.2

remote 10 bridge use on

bridge 0 ip routing off

syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

time zone 0900

consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

terminal charset SJIS

Si-R_2設定例

lan 0 mode auto

lan 1 mode auto

lan 1 ip address 192.168.1.2/24 3

lan 1 bridge use on

remote 0 name internet

remote 0 mtu 1438

remote 0 ap 0 name pppoe

remote 0 ap 0 datalink bind lan 0

remote 0 ap 0 ppp auth send id-b@isp pwd-b@isp

remote 0 ap 0 keep connect

remote 0 ppp ipcp vjcomp disable

remote 0 ip route 0 10.1.1.1/32 1 0

remote 0 ip nat mode multi any 1 5m

remote 0 ip nat static 0 192.168.1.2 500 any 500 17

remote 0 ip nat static 1 192.168.1.2 any any any 50

remote 0 ip msschange 1398

remote 1 name Si-R_10

remote 1 ap 0 name ipsec

remote 1 ap 0 datalink type ipsec

remote 1 ap 0 ipsec type ike

remote 1 ap 0 ipsec ike protocol esp

remote 1 ap 0 ipsec ike encrypt aes-cbc-256

remote 1 ap 0 ipsec ike auth hmac-sha1

remote 1 ap 0 ipsec ike pfs modp1536

remote 1 ap 0 ike mode aggressive

remote 1 ap 0 ike name local sir2

remote 1 ap 0 ike shared key text sir2-key

remote 1 ap 0 ike proposal 0 encrypt aes-cbc-256

remote 1 ap 0 tunnel remote 10.1.1.1

remote 1 ap 0 sessionwatch address 172.16.1.2 172.16.1.1

remote 1 ip address local 172.16.1.2

remote 1 ip address remote 172.16.1.1

remote 10 name Si-R_11

remote 10 ap 0 name ethip

remote 10 ap 0 datalink type ip

remote 10 ap 0 tunnel local 172.16.1.2

remote 10 ap 0 tunnel remote 172.16.1.1

remote 10 bridge use on

bridge 0 ip routing off

syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

time zone 0900

consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

terminal charset SJIS

解説

Si-R_1設定解説

lan 0 mode auto

lan 1 mode auto

lan 0/1 インターフェースの通信速度/モードをオートセンス/オートネゴシエーションに設定します。

lan 1 ip address 192.168.1.1/24 3

LAN側IPアドレスを設定します。

  • 192.168.1.1/24 : LAN側IPアドレス/マスクです。
  • 3 : ブロードキャストアドレスのタイプです。通常は3で構いません。
lan 1 bridge use on

LAN 1 インターフェースにて、ブリッジを有効にします。

remote 0 name internet

PPPoEインターフェースの名前(任意)を設定します。

remote 0 mtu 1438

フレッツ・光プレミアムでは、MTU長を1438byteに設定します。

remote 0 ap 0 name pppoe

アクセスポイントの名前(任意、remote nameと同じでも可)を設定します。

remote 0 ap 0 datalink bind lan 0

インターネット向けパケットの転送先をlan0インターフェースに設定します。

remote 0 ap 0 ppp auth send id-a@isp pwd-a@isp
								

インターネット用プロバイダーの認証ID、パスワードを設定します。

remote 0 ap 0 keep connect

インターネットへ常時接続します。

remote 0 ppp ipcp vjcomp disable

VJヘッダ圧縮を使用しない設定にします。

remote 0 ip address local 10.1.1.1

WAN側IPアドレスを設定します。

remote 0 ip route 0 default 1 0

WAN側インターフェースにデフォルトルートを設定します。

  • 1 : metric値です。通常は1のままで構いません。
  • 0 : distance値です。通常は0のままで構いません。
remote 0 ip nat mode multi 10.1.1.1 1 5m

マルチNATの設定をします。

  • 10.1.1.1 : 動的変換に使用するグローバルIPアドレスの先頭アドレスです。
remote 0 ip nat static 0 10.1.1.1 500 10.1.1.1 500 17

remote 0 ip nat static 1 10.1.1.1 any 10.1.1.1 any 50

スタティックNATにより、IKE,ESPパケットを通す設定をします。

remote 0 ip msschange 1398

MSS値です。1398byte(1438(MTU長) - 40(TCP/IPヘッダ長))を設定します。

remote 1 name Si-R_20

Si-R_2向けのIPsecインターフェースの名前(任意)を設定します。

remote 1 ap 0 name ipsec

アクセスポイントの名前(任意、remote nameと同じでも可)を設定します。

remote 1 ap 0 datalink type ipsec

パケット転送方法としてIPsecを設定します。

remote 1 ap 0 ipsec type ike

IPsec情報のタイプにIPsec自動鍵交換を設定します。

remote 1 ap 0 ipsec ike protocol esp

自動鍵交換用IPsec情報のセキュリティプロトコルにesp(暗号)を設定します。

remote 1 ap 0 ipsec ike encrypt aes-cbc-256

自動鍵交換用IPsec情報の暗号情報にAES256ビットを設定します。

remote 1 ap 0 ipsec ike auth hmac-sha1

自動鍵交換用IPsec情報の認証情報にSHA1を設定します。

remote 1 ap 0 ipsec ike pfs modp1536

自動鍵交換用IPsec情報のPFS使用時のDH(Diffie-Hellman)グループにmodp1536を設定します。

remote 1 ap 0 ike mode aggressive

IKE情報の交換モードとしてAggressiveモードを使用します。

remote 1 ap 0 ike name remote sir2
								

IKE情報の相手装置識別情報を設定します。

remote 1 ap 0 ike shared key text sir2_key
								

IKEセッション確立時の共有鍵(Pre-shared key)を設定します。

remote 1 ap 0 ike proposal 0 encrypt aes-cbc-256

IKEセッション用暗号情報の暗号アルゴリズムにAES256ビットを設定します。

remote 1 ap 0 tunnel local 10.1.1.1

IPsecトンネルの送信元アドレスの設定をします。

remote 1 ap 0 sessionwatch address 172.16.1.1 172.16.1.2

接続先セッション監視の設定をします。

  • 172.16.1.1 : ICMP ECHOパケットの送信元IPアドレスです。
  • 172.16.1.2 : ICMP ECHOパケットの宛先IPアドレスです。
remote 1 ip address local 172.16.1.1

WAN側IPアドレスを設定します。

remote 1 ip address remote 172.16.1.2

対向装置(Si-R_2)のWAN側IPアドレスを設定します。

remote 10 name Si-R_21

PPPoEインターフェースの名前(任意)を設定します。

remote 10 ap 0 name ethip

アクセスポイントの名前(任意、remote nameと同じでも可)を設定します。

remote 10 ap 0 datalink type ip

パケット転送方法としてIP tunnelを設定します。

remote 10 ap 0 tunnel local 172.16.1.1

IPトンネルの送信元アドレスの設定をします。

remote 10 ap 0 tunnel remote 172.16.1.2

IPトンネルの宛先アドレスを設定します。

remote 10 bridge use on

remote 10 インターフェースにて、ブリッジを有効にします。

bridge 0 ip routing off

ブリッジグループ0でのIPルーティングを無効にします。

syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

システムログ情報の出力情報/出力対象ファシリティの設定をします。

通常はこの値で構いません。

time zone 0900

タイムゾーンを設定します。通常はこのままで構いません。

consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

シリアルコンソール、TELNETコネクションの入出力がない場合のコネクション切断時間を設定します。

通常はこの値で構いません。

terminal charset SJIS

ターミナルで使用する漢字コードをShift JISコードに設定します。

Si-R_2設定解説

lan 0 mode auto

lan 1 mode auto

lan 0/1 インターフェースの通信速度/モードをオートセンス/オートネゴシエーションに設定します。

lan 1 ip address 192.168.1.2/24 3

LAN側IPアドレスを設定します。

  • 192.168.1.2/24 : LAN側IPアドレス/マスクです。
  • 3 : ブロードキャストアドレスのタイプです。通常は3で構いません。
lan 1 bridge use on

LAN1インターフェースにて、ブリッジを有効にします。

remote 0 name internet

PPPoEインターフェースの名前(任意)を設定します。

remote 0 mtu 1438

フレッツ・光プレミアムでは、MTU長を1438byteに設定します。

remote 0 ap 0 name pppoe

アクセスポイントの名前(任意、remote nameと同じでも可)を設定します。

remote 0 ap 0 datalink bind lan 0

インターネット向けパケットの転送先をlan0インターフェースに設定します。

remote 0 ap 0 ppp auth send id-b@isp pwd-b@isp
								

インターネット用プロバイダーの認証ID、パスワードを設定します。

remote 0 ap 0 keep connect

インターネットへ常時接続します。

remote 0 ppp ipcp vjcomp disable

VJヘッダ圧縮を使用しない設定にします。

remote 0 ip route 0 10.1.1.1/32 1 0
  • 10.1.1.1/32 : 対向装置Si-R_1のWAN側ネットワークです。
  • 1 : metric値です。通常は1のままで構いません。
  • 0 : distance値です。通常は0のままで構いません。
remote 0 ip nat mode multi any 1 5m

マルチNATの設定をします。

remote 0 ip nat static 0 192.168.1.2 500 any 500 17

remote 0 ip nat static 1 192.168.1.2 any any any 50

スタティックNATにより、IKE,ESPパケットを通す設定をします。

remote 0 ip msschange 1398

MSS値です。1398byte(1438(MTU長) - 40(TCP/IPヘッダ長))を設定します。

remote 1 name Si-R_10

Si-R_1向けIPsecインターフェースの名前(任意)を設定します。

remote 1 ap 0 name ipsec

アクセスポイントの名前(任意、remote nameと同じでも可)を設定します。

remote 1 ap 0 datalink type ipsec

パケット転送方法としてIPsecを設定します。

remote 1 ap 0 ipsec type ike

IPsec情報のタイプにIPsec自動鍵交換を設定します。

remote 1 ap 0 ipsec ike protocol esp

自動鍵交換用IPsec情報のセキュリティプロトコルにesp(暗号)を設定します。

remote 1 ap 0 ipsec ike encrypt aes-cbc-256

自動鍵交換用IPsec情報の暗号情報にAES256ビットを設定します。

remote 1 ap 0 ipsec ike auth hmac-sha1

自動鍵交換用IPsec情報の認証情報にSHA1を設定します。

remote 1 ap 0 ipsec ike pfs modp1536

自動鍵交換用IPsec情報のPFS使用時のDH(Diffie-Hellman)グループにmodp1536を設定します。

remote 1 ap 0 ike mode aggressive

IKE情報の交換モードとしてAggressiveモードを使用します。

remote 1 ap 0 ike name local sir2
								

IKE情報の自側装置識別情報を設定します。

remote 1 ap 0 ike shared key text sir2-key
								

IKEセッション確立時の共有鍵(Pre-shared key)を設定します。

remote 1 ap 0 ike proposal 0 encrypt aes-cbc-256

IKEセッション用暗号情報の暗号アルゴリズムにAES256ビットを設定します。

remote 1 ap 0 tunnel remote 10.1.1.1

IPsecトンネルの宛先アドレスの設定をします。

remote 1 ap 0 sessionwatch address 172.16.1.2 172.16.1.1

接続先セッション監視の設定をします。

  • 172.16.1.2 : ICMP ECHOパケットの送信元IPアドレスです。
  • 172.16.1.1 : ICMP ECHOパケットの宛先IPアドレスです。
remote 1 ip address local 172.16.1.2

WAN側IPアドレスを設定します。

remote 1 ip address remote 172.16.1.1

対向装置(Si-R_1)のWAN側IPアドレスを設定します。

remote 10 name Si-R21

PPPoEインターフェースの名前(任意)を設定します。

remote 10 ap 0 name ethip

アクセスポイントの名前(任意、remote nameと同じでも可)を設定します。

remote 10 ap 0 datalink type ip

パケット転送方法としてIP tunnel を設定します。

remote 10 ap 0 tunnel local 172.16.1.2

IPトンネルの送信元アドレスの設定をします。

remote 10 ap 0 tunnel remote 172.16.1.1

IPトンネルの宛先アドレスを設定します。

remote 10 bridge use on

remote 10 インターフェースにて、ブリッジを有効にします。

bridge 0 ip routing off

ブリッジグループ0でのIPルーティングを無効にします。

syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

システムログ情報の出力情報/出力対象ファシリティの設定をします。

通常はこの値で構いません。

time zone 0900

タイムゾーンを設定します。通常はこのままで構いません。

consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

シリアルコンソール、TELNETコネクションの入出力がない場合のコネクション切断時間を設定します。

通常はこの値で構いません。

terminal charset SJIS

ターミナルで使用する漢字コードをShift JISコードに設定します。

お問い合わせ

本製品のお問い合わせ

Si-Rシリーズ、Si-R brinシリーズに関する資料請求やお見積り、購入のご相談などお気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問(FAQ)

Si-Rシリーズ、Si-R brinシリーズに関し、お客様から寄せられた主なご質問とその回答です。