GTM-MML4VXJ
Skip to main content

技術情報 : Si-R/Si-R brinシリーズ設定例

IP-VPNで拠点毎の帯域制御


IP-VPN網で拠点毎に帯域制御する設定例です。

対象機種と版数

  • Si-Rシリーズ V31以降
  • Si-R brinシリーズ V1以降

設定内容

  • LAN0側をWAN側、LAN1側をLAN側とします。
  • Si-RのLAN側に192.168.1.1/24、192.168.2.1/24、192.168.3.1/24を割り当てます。
  • Si-RのWAN側に10.1.1.1/30,10.1.1.5/30,10.1.1.9/30を割り当てます。
  • Si-R1では拠点毎にシェーピングと帯域制御を行います。
  • 音声である192.168.1.10、192.168.2.10、192.168.3.10を最優先します。
  • 音声パケットのTOS値を5に書き換えます。
  • 音声パケット以外の他の通信をベストエフォートします。
  • 音声パケット以外はTOS値を0に書き換えます。
  • IP-VPN網内ではTOS:5を優先する契約を行うことが前提となります。
設定例のイメージ図です

設定例

以下の設定例を、コピー&ペーストでご利用いただくことができます。

Si-R1設定例

lan 0 mode auto

lan 0 shaping on 4m

lan 0 ip address 10.1.1.1/30 3

lan 0 ip route 0 192.168.2.0/24 10.1.1.2 1 1

lan 0 ip route 1 192.168.3.0/24 10.1.1.2 1 1

lan 1 mode auto

lan 1 ip address 192.168.1.1/24 3

remote 0 name olap1

remote 0 shaping on 2m

remote 0 ap 0 name Si-R2

remote 0 ap 0 datalink type overlap

remote 0 ap 0 overlap to lan 0

remote 0 ap 0 overlap nexthop 10.1.1.2

remote 0 ap 0 sessionwatch address 192.168.1.1 192.168.2.1

remote 0 ip route 0 192.168.2.0/24 1 1

remote 0 ip priority 0 acl 0 express

remote 0 ip priority 1 acl 2 besteffort

remote 0 ip tos 0 acl 0 a0

remote 0 ip tos 1 acl 2 0

remote 1 name olap2

remote 1 shaping on 2m

remote 1 ap 0 name Si-R3

remote 1 ap 0 datalink type overlap

remote 1 ap 0 overlap to lan 0

remote 1 ap 0 overlap nexthop 10.1.1.2

remote 1 ap 0 sessionwatch address 192.168.1.1 192.168.3.1

remote 1 ip route 0 192.168.3.0/24 1 1

remote 1 ip priority 0 acl 1 express

remote 1 ip priority 1 acl 2 besteffort

remote 1 ip tos 0 acl 1 a0

remote 1 ip tos 1 acl 2 0

acl 0 ip 192.168.1.10/32 192.168.2.10/32 any any

acl 1 ip 192.168.1.10/32 192.168.3.10/32 any any

acl 2 ip any any any any

syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

time zone 0900

consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

terminal charset SJIS

Si-R2設定例

lan 0 mode auto

lan 0 shaping on 2m

lan 0 ip address 10.1.1.5/30 3

lan 0 ip route 0 192.168.1.0/24 10.1.1.6 1 1

lan 0 ip route 1 192.168.3.0/24 10.1.1.6 1 1

lan 0 ip priority 0 acl 0 express

lan 0 ip priority 1 acl 1 express

lan 0 ip priority 2 acl 2 besteffort

lan 0 ip tos 0 acl 0 a0

lan 0 ip tos 1 acl 1 a0

lan 0 ip tos 2 acl 2 0

lan 1 mode auto

lan 1 ip address 192.168.2.1/24 3

acl 0 ip 192.168.2.10/32 192.168.1.10/32 any any

acl 1 ip 192.168.2.10/32 192.168.3.10/32 any any

acl 2 ip any any any any

syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

time zone 0900

consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

terminal charset SJIS

Si-R3設定例

lan 0 mode auto

lan 0 shaping on 2m

lan 0 ip address 10.1.1.9/30 3

lan 0 ip route 0 192.168.1.0/24 10.1.1.10 1 1

lan 0 ip route 1 192.168.2.0/24 10.1.1.10 1 1

lan 0 ip priority 0 acl 0 express

lan 0 ip priority 1 acl 1 express

lan 0 ip priority 2 acl 2 besteffort

lan 0 ip tos 0 acl 0 a0

lan 0 ip tos 1 acl 1 a0

lan 0 ip tos 2 acl 2 0

lan 1 mode auto

lan 1 ip address 192.168.3.1/24 3

acl 0 ip 192.168.3.10/32 192.168.1.10/32 any any

acl 1 ip 192.168.3.10/32 192.168.2.10/32 any any

acl 2 ip any any any any

syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

time zone 0900

consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

terminal charset SJIS

解説

Si-R1設定解説

lan 0 mode auto

lan0インターフェースの通信速度/モードをオートセンス/オートネゴシエーションに設定します。


lan 0 shaping on 4m

lan 0でシェーピングを設定します。

  • on : シェーピングを有効にします。
  • 4m : シェーピングのレートを4Mbpsに設定します。
lan 0 ip address 10.1.1.1/30 3

lan 0 IPアドレスを設定します。

  • 10.1.1.1/30 : lan 0 IPアドレス/マスクです。
  • 3 : ブロードキャストアドレスのタイプです。通常は3で構いません。
lan 0 ip route 0 192.168.2.0/24 10.1.1.2 1 1

Si-R2向けのstatic経路を設定します。

  • 192.168.2.0/24 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • 10.1.1.2 : ネクストホップです。
  • 1 : metric値です。通常は1で構いません。
  • 1 : distance値です。通常は1で構いません。
lan 0 ip route 1 192.168.3.0/24 10.1.1.2 1 1

Si-R3向けのstatic経路を設定します。

  • 192.168.3.0/24 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • 10.1.1.2 : ネクストホップです。
  • 1 : metric値です。通常は1で構いません。
  • 1 : distance値です。通常は1で構いません。
lan 1 mode auto

lan1インターフェースの通信速度/モードをオートセンス/オートネゴシエーションに設定します。

lan 1 ip address 192.168.1.1/24 3

lan 1 IPアドレスを設定します。

  • 192.168.1.1/24 : lan 1 IPアドレス/マスクです。
  • 3 : ブロードキャストアドレスのタイプです。通常は3で構いません。
remote 0 name olap1

インターフェースの名前(任意)を設定します。

remote 0 shaping on 2m

remote 0でシェーピングを設定します。

  • on : シェーピングを有効にします。
  • 2m : シェーピングのレートを2Mbpsに設定します。
remote 0 ap 0 name Si-R2

アクセスポイントの名前(任意、remote nameと同じでも可)を設定します。

remote 0 ap 0 datalink type overlap

パケット転送方法にoverlapを設定します。

remote 0 ap 0 overlap to lan 0

overlapの実際の転送先を指定します。

  • lan 0 : LAN0インターフェースから送出します。
remote 0 ap 0 overlap nexthop 10.1.1.2

overlapにおける転送先を設定します。(転送先がremoteインターフェースであれば不要です)

  • 10.1.1.2 : 10.1.1.2に転送します。
remote 0 ap 0 sessionwatch address 192.168.1.1 192.168.2.1

接続先セッション監視の設定をします。

  • 192.168.1.1 : ICMP ECHOパケットの送信元IPアドレスです。
  • 192.168.2.1 : ICMP ECHOパケットの宛先IPアドレスです。
remote 0 ip route 0 192.168.2.0/24 1 1

static経路を設定します。

  • 192.168.2.0/24 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • 1 : metric値です。通常は1で構いません。
  • 1 : distance値です。通常は1で構いません。
remote 0 ip priority 0 acl 0 express

帯域制御を設定します。

  • acl 0 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • express : 最優先データとして扱います。
remote 0 ip priority 1 acl 2 besteffort

帯域制御を設定します。

  • acl 2 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • besteffort : 非優先として扱います。
remote 0 ip tos 0 acl 0 a0

TOS変換を設定します。

  • acl 0 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • a0 : 書き換え後のTOS値を16進数で設定します。
    • TOS値 : IPパケットTOSフィールドの上位3ビットがTOS値になります。
    • TOS値7であればe0(11100000)
    • TOS値6であればc0(11000000)
    • TOS値5であればa0(10100000)
    • TOS値4であれば80(10000000)
    • TOS値3であれば60(01100000)
    • TOS値2であれば40(01000000)
    • TOS値1であれば20(00100000)
    • TOS値0であれば0(00000000)を指定します。
remote 0 ip tos 1 acl 2 0

TOS変換を設定します。

  • acl 2 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • 0 : 書き換え後のTOS値を16進数で設定します。
    • TOS値 : IPパケットTOSフィールドの上位3ビットがTOS値になるのでTOS値0であれば0(00000000)となります。
remote 1 name olap2

インターフェースの名前(任意)を設定します。

remote 1 shaping on 2m

remote 1でシェーピングを設定します。

  • on : シェーピングを有効にします。
  • 2m : シェーピングのレートを2Mbpsに設定します。
remote 1 ap 0 name Si-R3

アクセスポイントの名前(任意、remote nameと同じでも可)を設定します。

remote 1 ap 0 datalink type overlap

パケット転送方法にoverlapを設定します。

remote 1 ap 0 overlap to lan 0

overlapの実際の転送先を指定します。

  • lan 0 : LAN0インターフェースから送出します。
remote 1 ap 0 overlap nexthop 10.1.1.2

overlapにおける転送先を設定します。(転送先がremoteインターフェースであれば不要です)

  • 10.1.1.2 : 10.1.1.2に転送します。
remote 1 ap 0 sessionwatch address 192.168.1.1 192.168.3.1

接続先セッション監視の設定をします。

  • 192.168.1.1 : ICMP ECHOパケットの送信元IPアドレスです。
  • 192.168.3.1 : ICMP ECHOパケットの宛先IPアドレスです。
remote 1 ip route 0 192.168.3.0/24 1 1

static経路を設定します。

  • 192.168.3.0/24 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • 1 : metric値です。通常は1で構いません。
  • 1 : distance値です。通常は1で構いません。
remote 1 ip priority 0 acl 1 express

帯域制御を設定します。

  • acl 1 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • express : 最優先データとして扱います。
remote 1 ip priority 1 acl 2 besteffort

帯域制御を設定します。

  • acl 2 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • besteffort : 非優先として扱います。
remote 1 ip tos 0 acl 1 a0

TOS変換を設定します。

  • acl 1 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • a0 : 書き換え後のTOS値を16進数で設定します。
    • TOS値 : IPパケットTOSフィールドの上位3ビットがTOS値になるのでTOS値5であればa0(10100000)となります。
remote 1 ip tos 1 acl 2 0

TOS変換を設定します。

  • acl 2 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • 0 : 書き換え後のTOS値を16進数で設定します。
    • TOS値 : IPパケットTOSフィールドの上位3ビットがTOS値になるのでTOS値0であれば0(00000000)となります。
acl 0 ip 192.168.1.10/32 192.168.2.10/32 any any

Si-R2とのVoIP通信をacl 0に登録します。

  • 192.168.1.10/32 : 送信元ネットワーク/マスクです。
  • 192.168.2.10/32 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • any : プロトコルです。anyは全てのプロトコル番号をaclの対象にします。
  • any : tos値です。anyは全てのtos値をaclの対象にします。
acl 1 ip 192.168.1.10/32 any 192.168.3.10/32 any

Si-R3とのVoIP通信をacl 1に登録します。

  • 192.168.1.10/32 : 送信元ネットワーク/マスクです。
  • 192.168.3.10/32 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • any : プロトコルです。anyは全てのプロトコル番号をaclの対象にします。
  • any : tos値です。anyは全てのtos値をaclの対象にします。
acl 2 ip any any any any

VoIP装置以外の通信をacl 2に登録します。

  • any : 送信元ネットワークです。anyは全てのネットワークをaclの対象にします。
  • any : 宛先ネットワークです。anyは全てのネットワークをaclの対象にします。
  • any : プロトコルです。anyは全てのプロトコル番号をaclの対象にします。
  • any : tos値です。anyは全てのtos値をaclの対象にします。
syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

システムログ情報の出力情報/出力対象ファシリティの設定をします。通常はこのままで構いません。

time zone 0900

タイムゾーンを設定します。通常はこのままで構いません。

consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

シリアルコンソール、TELNETコネクションの入出力がない場合のコネクション切断時間を設定します。通常はこのままで構いません。

terminal charset SJIS

ターミナルで使用する漢字コードをShift JISコードに設定します。


Si-R2設定解説

lan 0 mode auto

lan0インターフェースの通信速度/モードをオートセンス/オートネゴシエーションに設定します。


lan 0 shaping on 2m

lan 0でシェーピングを設定します。

  • on : シェーピングを有効にします。
  • 2m : シェーピングのレートを2Mbpsに設定します。
lan 0 ip address 10.1.1.5/30 3

lan 0 IPアドレスを設定します。

  • 10.1.1.5/30 : lan 0 IPアドレス/マスクです。
  • 3 : ブロードキャストアドレスのタイプです。通常は3で構いません。
lan 0 ip route 0 192.168.1.0/24 10.1.1.6 1 1

Si-R1向けのstatic経路を設定します。

  • 192.168.1.0/24 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • 10.1.1.6 : nexthopルータのIPアドレスです。
  • 1 : metric値です。通常は1で構いません。
  • 1 : distance値です。通常は1で構いません。
lan 0 ip route 1 192.168.3.0/24 10.1.1.6 1 1

Si-R3向けのstatic経路を設定します。

  • 192.168.3.0/24 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • 10.1.1.6 : nexthopルータのIPアドレスです。
  • 1 : metric値です。通常は1で構いません。
  • 1 : distance値です。通常は1で構いません。
lan 0 ip priority 0 acl 0 express

帯域制御を設定します。

  • acl 0 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • express : 最優先データとして扱います。
lan 0 ip priority 1 acl 1 express

帯域制御を設定します。

  • acl 1 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • express : 最優先データとして扱います。
lan 0 ip priority 2 acl 2 besteffort

帯域制御を設定します。

  • acl 2 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • besteffort : 非優先として扱います。
lan 0 ip tos 0 acl 0 a0

TOS変換を設定します。

  • acl 0 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • a0 : 書き換え後のTOS値を16進数で設定します。
    • TOS値 : IPパケットTOSフィールドの上位3ビットがTOS値になるのでTOS値5であればa0(10100000)となります。
lan 0 ip tos 1 acl 1 a0

TOS変換を設定します。

  • acl 1 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • a0 : 書き換え後のTOS値を16進数で設定します。
    • TOS値 : IPパケットTOSフィールドの上位3ビットがTOS値になるのでTOS値5であればa0(10100000)となります。
lan 0 ip tos 2 acl 2 0

TOS変換を設定します。

  • acl 2 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • 0 : 書き換え後のTOS値を16進数で設定します。
    • TOS値 : IPパケットTOSフィールドの上位3ビットがTOS値になるのでTOS値0であれば0(00000000)となります。
lan 1 mode auto

lan1インターフェースの通信速度/モードをオートセンス/オートネゴシエーションに設定します。

lan 1 ip address 192.168.2.1/24 3

lan 1 IPアドレスを設定します。

  • 192.168.2.1/24 : lan 1 IPアドレス/マスクです。
  • 3 : ブロードキャストアドレスのタイプです。通常は3で構いません。
acl 0 ip 192.168.2.10/32 192.168.1.10/32 any any

Si-R1とのVoIP通信をacl 0に登録します。

  • 192.168.2.10/32 : 送信元ネットワーク/マスクです。
  • 192.168.1.10/32 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • any : プロトコルです。anyは全てのプロトコル番号をaclの対象にします。
  • any : tos値です。anyは全てのtos値をaclの対象にします。
acl 1 ip 192.168.2.10/32 192.168.3.10/32 any any

Si-R3とのVoIP通信をacl 1に登録します。

  • 192.168.2.10/32 : 送信元ネットワーク/マスクです。
  • 192.168.3.10/32 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • any : プロトコルです。anyは全てのプロトコル番号をaclの対象にします。
  • any : tos値です。anyは全てのtos値をaclの対象にします。
acl 2 ip any any any any

VoIP装置以外の通信をacl 2に登録します。

  • any : 送信元ネットワークです。anyは全てのネットワークをaclの対象にします。
  • any : 宛先ネットワークです。anyは全てのネットワークをaclの対象にします。
  • any : プロトコルです。anyは全てのプロトコル番号をaclの対象にします。
  • any : tos値です。anyは全てのtos値をaclの対象にします。
syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

システムログ情報の出力情報/出力対象ファシリティの設定をします。通常はこのままで構いません。

time zone 0900

タイムゾーンを設定します。通常はこのままで構いません。

consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

シリアルコンソール、TELNETコネクションの入出力がない場合のコネクション切断時間を設定します。通常はこのままで構いません。

terminal charset SJIS

ターミナルで使用する漢字コードをShift JISコードに設定します。


Si-R3設定解説

lan 0 mode auto

lan0インターフェースの通信速度/モードをオートセンス/オートネゴシエーションに設定します。

lan 0 shaping on 2m

lan 0でシェーピングを設定します。

  • on : シェーピングを有効にします。
  • 2m : シェーピングのレートを2Mbpsに設定します。
lan 0 ip address 10.1.1.9/30 3

lan 0 IPアドレスを設定します。

  • 10.1.1.9/30 : lan 0 IPアドレス/マスクです。
  • 3 : ブロードキャストアドレスのタイプです。通常は3で構いません。
lan 0 ip route 0 192.168.1.0/24 10.1.1.10 1 1

Si-R1向けのstatic経路を設定します。

  • 192.168.1.0/24 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • 10.1.1.10 : nexthopルータのIPアドレスです。
  • 1 : metric値です。通常は1で構いません。
  • 1 : distance値です。通常は1で構いません。
lan 0 ip route 1 192.168.2.0/24 10.1.1.10 1 1

Si-R2向けのstatic経路を設定します。

  • 192.168.2.0/24 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • 10.1.1.10 : nexthopルータのIPアドレスです。
  • 1 : metric値です。通常は1で構いません。
  • 1 : distance値です。通常は1で構いません。
lan 0 ip priority 0 acl 0 express

帯域制御を設定します。

  • acl 0 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • express : 最優先データとして扱います。
lan 0 ip priority 1 acl 1 express

帯域制御を設定します。

  • acl 1 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • express : 最優先データとして扱います。
lan 0 ip priority 2 acl 2 besteffort

帯域制御を設定します。

  • acl 2 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • besteffort : 非優先として扱います。
lan 0 ip tos 0 acl 0 a0

TOS変換を設定します。

  • acl 0 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • a0 : 書き換え後のTOS値を16進数で設定します。
    • TOS値 : IPパケットTOSフィールドの上位3ビットがTOS値になるのでTOS値5であればa0(10100000)となります。
lan 0 ip tos 1 acl 1 a0

TOS変換を設定します。

  • acl 1 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • a0 : 書き換え後のTOS値を16進数で設定します。
    • TOS値 : IPパケットTOSフィールドの上位3ビットがTOS値になるのでTOS値5であればa0(10100000)となります。
lan 0 ip tos 2 acl 2 0

TOS変換を設定します。

  • acl 2 : 使用するaclの定義番号を指定します。
  • 0 : 書き換え後のTOS値を16進数で設定します。
    • TOS値 : IPパケットTOSフィールドの上位3ビットがTOS値になるのでTOS値0であれば0(00000000)となります。
lan 1 mode auto

lan1インターフェースの通信速度/モードをオートセンス/オートネゴシエーションに設定します。

lan 1 ip address 192.168.3.1/24 3

lan 1 IPアドレスを設定します。

  • 192.168.3.1/24 : lan 1 IPアドレス/マスクです。
  • 3 : ブロードキャストアドレスのタイプです。通常は3で構いません。
acl 0 ip 192.168.3.10/32 192.168.1.10/32 any any

Si-R1とのVoIP通信をacl 0に登録します。

  • 192.168.3.10/32 : 送信元ネットワーク/マスクです。
  • 192.168.1.10/32 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • any : プロトコルです。anyは全てのプロトコル番号をaclの対象にします。
  • any : tos値です。anyは全てのtos値をaclの対象にします。
acl 1 ip 192.168.3.10/32 192.168.2.10/32 any any

Si-R2とのVoIP通信をacl 1に登録します。

  • 192.168.3.10/32 : 送信元ネットワーク/マスクです。
  • 192.168.2.10/32 : 宛先ネットワーク/マスクです。
  • any : プロトコルです。anyは全てのプロトコル番号をaclの対象にします。
  • any : tos値です。anyは全てのtos値をaclの対象にします。
acl 2 ip any any any any

VoIP装置以外の通信をacl 2に登録します。

  • any : 送信元ネットワークです。anyは全てのネットワークをaclの対象にします。
  • any : 宛先ネットワークです。anyは全てのネットワークをaclの対象にします。
  • any : プロトコルです。anyは全てのプロトコル番号をaclの対象にします。
  • any : tos値です。anyは全てのtos値をaclの対象にします。
syslog pri error,warn,info

syslog facility 23

システムログ情報の出力情報/出力対象ファシリティの設定をします。通常はこのままで構いません。

time zone 0900

タイムゾーンを設定します。通常はこのままで構いません。

consoleinfo autologout 8h

telnetinfo autologout 5m

シリアルコンソール、TELNETコネクションの入出力がない場合のコネクション切断時間を設定します。通常はこのままで構いません。

terminal charset SJIS

ターミナルで使用する漢字コードをShift JISコードに設定します。

  • IP-VPNで拠点毎の帯域制御

お問い合わせ

本製品のお問い合わせ

Si-Rシリーズ、Si-R brinシリーズに関する資料請求やお見積り、購入のご相談などお気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問(FAQ)

Si-Rシリーズ、Si-R brinシリーズに関し、お客様から寄せられた主なご質問とその回答です。