GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ネットワーク機器 >
  4. 統合コミュニケーション >
  5. 製品ラインナップ >
  6. アプリケーション連携ソフト「UnifiedLink」

統合コミュニケーションシステム
アプリケーション連携ソフト
「FUJITSU Network UnifiedLink」

HTTPベースの連携機能を提供するためのアプリケーション連携ソフト「UnifiedLink」

「UnifiedLink(ユニファイドリンク)」はグループウェアや各種業務アプリケーションとHTTPベースの連携機能を提供するためのアプリケーション連携ソフトウェアです。
業務システムとコミュニケーションが連携することにより、業務の効率化を実現します。

システム構成例

unifiedlink.jpg

(注1)Cisco Unified Communications Manager
電話の呼制御機能を提供するとともに、 他のアプリケーションコンポーネントと連携して様々なサービスを提供します。

(注2)VJ-110P
PHS子機を接続するためのゲートウェイ装置。

(注3)Visual Studio アプリケーションを使用し、業務フローに合わせたIP Phone画面を容易に作成することができます。
IP Phone利用者が電話機からIP Phone画面作成用の開発支援ツール(IP Phone Application Designer)で作成された画面を参照するときは、IP Phone Application Designer運用サーバにアクセスします。

特長

  • グループウェアや各種業務アプリケーションとの連携
    HTTPベースの簡単なAPIを利用することで、グループウェアや各種業務アプリケーションとの連携が可能です。
  • ピックアップAPIの提供
    業務アプリとUnifiedLink経由で連携することで、業務アプリからのアクションで統合コミュニケーションシステムの内線にてグループピックアップができるAPIを提供します。
  • プレゼンスAPIの提供
    UnifiedLinkプレゼンスと連携して、各種プレゼンス情報をグループウェアや各種業務アプリケーションに対してHTTPベースのAPI(登録・更新・参照)を提供します。このAPIをグループウェアや各種業務アプリケーションに組み込むことで人や電話機の状態をリアルタイムに通知することが可能です。
  • メッセージ通知機能
    • IP Phoneの画面に各種メッセージ(メール、スケジュール、タスクなど)を表示することができます。
    • IP Phoneへ表示する際、同時に通知音の鳴動や着信ランプの点滅で知らせることができます。
    • また、各種メッセージ通知情報を同時に複数台のIP Phoneやモバイル端末(PHSなど)に表示できます。
  • IP Phone画面作成開発支援ツール
    Visual Studio アプリケーションを使用し、業務フローに合わせたIP Phone画面を容易に作成可能です。

画面イメージ

unifiedlink02.jpg

統合コミュニケーションシステムに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)