富士通が提唱する企業ネットワークのあるべき姿CASE-Tetra

CASE-Tetraは、富士通が提唱する企業ネットワークのあるべき姿です。

富士通は、これからの企業ネットワークは、お客様のさらなるICT活用にとって重要であるが相反する4つの要素「Connected、Agility、Security、Easy Empowerment(CASE)」が調和・全体最適化されつつ成長していくべきと考えます。

そして、お客様が取り組む様々な分野のICT活用シーンを将来にわたり連続的に見据えながら企業ネットワークをマイグレーションしていく過程で、自社テクノロジーとナレッジおよびエコシステムによるソリューションを提供し、「CASE-Tetra」を具現化していきます。

4つの要素が調和・全体最適化されつつ成長していく
富士通が提唱する企業ネットワークのあるべき姿

CASE-Tetra

ハイブリッドマルチクラウドソリューション

マルチクラウド・ハイブリッドIT時代のネットワークを簡単・迅速に運用。
クラウド利用時に要求されるネットワークの柔軟な変更と管理の課題をいっきに解決します。

CASE-Tetra 実現例「ハイブリッドマルチクラウドソリューション」

マルチクラウド・ハイブリッドIT時代のネットワークを簡単・迅速に運用。SD-WAN/LANでクラウド活用の課題を一挙解決します!

ハイブリッドマルチクラウドソリューション関連商品

ワークスタイル変革ソリューション

CASE-Tetra 実現例「ワークスタイル変革ソリューション」

多様な働き方をサポートするコラボレーションツールが社員のエンパワーメントに貢献。利用者がセキュリティを意識することなく安心かつ、簡単にモバイルワークを実現します。

ワークスタイル変革ソリューション関連商品

  • ロゴ
ページの先頭へ