GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Network Virtuora NC V05特長

(1)自動経路計算による運用自動化

お客様の課題

 

解決策

  • ネットワーク障害情報を元に、影響範囲を保守者が判定。
  • ネットワークの空いている帯域の情報を検索し、手動で迂回路を設計・設定するため、回線復旧まで時間を要する。
  • 障害範囲を自動で検知。
  • 自動でネットワークの空いている帯域の情報を検索し迂回経路計算を行い、迅速に回線を復旧。

(2)システム規模に合わせた導入

県間・都市間の小規模から、全国規模のネットワークまで、構築するシステム規模に合わせた導入が可能です。

(3)マルチレイヤーネットワークの統合運用管理

Virtuora NCは、WDM・OTN(注1)・パケットと、レイヤーごとに分かれていた運用管理システムを統合し、ネットワークの運用管理をトータルにサポートします。直感的でグラフィカルなユーザーインターフェースを提供し、1つの画面上で操作が可能です。

お客様の課題

 

解決策

  • レイヤーごとに管理システムが分かれていて、それぞれ設計・運用が異なるため、操作ミスしやすい。
  • 操作ミスすると復旧が大変。
  • マルチレイヤーに対応し、ネットワークを統合的に運用管理。
    レイヤーごとに異なる設計・運用が不要。
  • 誰でも簡単な操作でネットワークを運用できOPEXを低減。

注1) Optical Transport Network

(4)オープンプラットフォームOpenDaylight採用による迅速なサービス開発

Virtuora NCは、プラットフォームとしてオープンソースである「OpenDaylight」を採用し、NETCONFプロトコル(注2)、YANGモデル(注3)をサポートしています。
サードパーティが提供するアプリケーションなど、様々なプラグインやサービスを利用でき、オープンプラットフォームのエコシステムを最大限に活用できます。

注2) NETwork CONFiguration Protocol(RFC6241)
注3) Yet Another Next Generationモデリング言語(RFC6020)
注4) 富士通光伝送システム

製品に関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)