GTM-MML4VXJ
Skip to main content

高度L2ソリューション

専用線と同等の高品質なサービスを提供し、クラウド / VoIP / モバイル収容などの様々なサービスへ柔軟に対応可能な、高精度QoSと拡張性を実現します。

高度QoS

  • 1本の物理ポートに複数ユーザーが収容される場合においても、各ユーザー毎の帯域制限機能により、各ユーザー毎の帯域保証を実現します。ユーザー間の干渉がない保証サービスを実現可能です。
  • 優先制御と組み合わせて、フレーム内の優先度パラメータによって重要データを保証レートで転送することが可能です。

Provider Backbone Bridge

  • 標準規格ベースVLAN拡張技術であるPBB(IEEE802.1ah)に対応。B-Tagフレームは、VLAN互換のため、コアNWは従来のVLAN-SWで構築が可能です。設置済みのコアスイッチが流用出来るため、最低限の投資でネットワークに適用することが可能です。
  • イーサフレームでカプセル化することでコアスイッチに、キャリア独自の学習機能が不要になります。大量のMAC学習能力や、ユーザーVLAN識別等の特殊機能が、不要となり、コアスイッチのコストの削減が可能です。

Ethernet-OAM

  • Ethernet-OAMのCCM(Continuity Check Message)フレーム送受により、L2網内における運用保守の効率化を図ることが可能になります。通常Pingで行わざるを得ない疎通確認を、Ethernet-OAMに対応したレイヤ2スイッチ間にて定期的な疎通確認を実現します。
  • CCMフレームはITU-T Y.1731規格に準拠し、同じITU-T規格に準拠した他装置とVLAN毎にCCMフレーム送受が可能です。一定時間内にCCMフレームが受信できない場合はLOC警報としてTrap送信。障害切り分けに必要なLT/LBも実行も可能です。

関連製品


製品に関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)