GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Network 映像収集・蓄積・配信ソフトウェア FutureyeⅡ
放送アプリケーション VideoCaster Lite V2

IPシリーズ(IP-900 / IP-920 / IP-9500)のスイッチングや、エンコーダー収録映像のダウンロード、デコーダーへの送出をパソコンのみで実現可能なソフトウェアです。放送素材映像の管理を手軽に行うことができます。

videocaster-lite.jpg

機能

エンコーダー側での簡易収録が可能

エンコーダー搭載のコンパクトフラッシュカードに収録された映像を、ダウンロードして放送素材として利用可能です。ダウンロードした映像をパソコン上でプレビューし、デコーダー送出しオンエアに活用できます。

ドラッグ&ドロップ操作で簡単映像切替え

4台のエンコーダーと2台のデコーダーのライブ映像をモニタリングしながら、ドラッグ&ドロップ操作で必要な映像を簡単に切り替えることが可能です。

低速ネットワークでもハイビジョン映像の利用が可能

収録映像のダウンロードは低速なADSL回線などでも可能ですので、従来困難だった山間部や離島エリアに設置した情報カメラのハイビジョン映像も収集できます。

videocaster-lite-function-01.jpg
収録/ダウンロード画面

videocaster-lite-function-02.jpg
表示/配信画面

videocaster-lite-function-03.jpg
映像切替画面

製品一覧

製品名
FutureyeⅡ VideoCaster Lite V2

動作環境

クライアントPC
OS Windows 7 Professional SP1(32 / 64bit)
CPU Core2Duo 2.66GHz以上
メモリ 2GB以上(x64利用時は4GB以上)
ネットワーク 100BASE-TX以上
必須ソフトウェア Windows Media Player 12
対応IPシリーズ(注)
IP-900E, IP-900D, IP-900ⅡD, IP-920E, IP-920D
IP-9500, IP-9500D

(注)対応バージョンはお問い合わせください。

課題解決のヒントとなる旬な情報を提供! ネットワークソリューションパンフレット。 詳細はこちらから

IPシリーズ・ FutureyeⅡに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)