仮想化用語解説

仮想化に関する旬な用語をわかりやすく解説します。

「ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)」とは


ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)は、1台のサーバに、サーバ、ネットワーク、ストレージを集約し、仮想化に必要なソフトウェアなどをパッケージ化したインフラ製品です。次世代の仮想化インフラとして注目を集めています。

掲載日:2016年10月5日

続きを読む

VDI(仮想デスクトップ基盤)とは


VDIとは、Virtual Desktop Infrastructureの略で、パソコンを仮想化した仕組みです。通常はパソコンで行っている処理をサーバ上の仮想化されたパソコンで実行し、利用者の手元の端末(パソコン/タブレット/スマートフォン)にはその画面だけを転送するので、情報漏えいのリスクを軽減する“セキュリティ対策”として注目されています。

更新日:2017年9月28日

続きを読む

仮想化関連製品・サービス

アセスメントサービス

  • サーバアセスメントサービス
    現状お使いのサーバシステムの状況や課題を整理・計画化。その診断結果を元にお客様に適した改善策を中長期的な視点でご提案いたします。
  • ストレージアセスメントサービス
    ストレージの導入を検討する理由は、お客様ごとに様々です。
    現在お使いのストレージシステムの状況や課題を整理・明確化。その診断結果を元にお客様に適した改善策を中長期的な視点でご提案いたします。

仮想化製品・サービス紹介一覧


連載一覧


関連する記事

Contact

富士通の仮想化への取り組みに関するお問い合わせ

  • Webでのお問い合わせ

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

  • お電話でのお問い合わせ

    富士通コンタクトライン(総合窓口)

    0120-933-200

    受付時間 9時~17時30分
    (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ