GTM-MML4VXJ
Skip to main content

「ストレージ」を導入し仮想化機能を活用すべし

仮想化でこう変わる

  • 共有ストレージは、単なるデータ格納先ではなく、仮想化ならではの機能を動かす役割に変わります。

仮想化はこうしましょう

  • 共有ストレージを導入
    障害時の自動復旧(冗長化機能)や仮想マシンの無停止移動(ライブマイグレーション)などの仮想化ならではの機能を活用するためには、共有ストレージを導入しましょう。

Tips

  • ストレージへの接続経路を冗長化して、信頼性を確保しましょう。

仮想化関連製品・サービス

アセスメントサービス

  • サーバアセスメントサービス新規ウィンドウが開きます
    現状お使いのサーバシステムの状況や課題を整理・計画化。その診断結果を元にお客様に適した改善策を中長期的な視点でご提案いたします。
  • ストレージアセスメントサービス新規ウィンドウが開きます
    ストレージの導入を検討する理由は、お客様ごとに様々です。
    現在お使いのストレージシステムの状況や課題を整理・明確化。その診断結果を元にお客様に適した改善策を中長期的な視点でご提案いたします。

富士通の仮想化への取り組みに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-KLMLSZ